シンママの夜間勤務はどうしているの?悩みや本音お話します

今回は世のお母さん達の夜勤をする際お子さんはどこに預けているのか?昼夜逆転してしまう事でお子さんとの生活はどう過ごしているのか?等の疑問や悩みをお話したいと思います。

タグ:

 

夜勤がある職業と言えば看護師や清掃作業員、又は夜のお仕事をされている方々など様々ですよね。その他にも色々なお仕事があると思いますが、皆さんの悩みの一つはお子さんの預け先ですよね。近くに頼れる身内の方や兄弟、友人がいればいいかもしれませんがそうでない方が多いのが実際のところですよね。

 

夜勤をすることで金銭面的には助かるかもしれませんが、お子さんの事を考えると悩みますよね。

 

そこで今回は世のお母さん達の夜勤をする際お子さんはどこに預けているのか?昼夜逆転してしまう事でお子さんとの生活はどう過ごしているのか?等の疑問や悩みをお話したいと思います。

 

■夜勤の際の預け先は?実家や夜間保育など頼れる所を探しましょう!

 

夜勤をしようかな?と考えた際に心配なのが子供の預け先ですよね。一番安心できるのは実家に預ける事ですよね。実際、私の友人で看護師をしているシングルマザーのお母さんは子供が寝た後、実家まで連れていきそのまま出勤しています。子供は目が覚めると『ばーばーのお家だー』と毎回喜んでいるそうです。

 

この様にすんなりお子さんが環境を受け入れてくれれば問題ないのですが、そうはいかないのが実際の所ですよね。

 

また、職業は異なりますが夜のお仕事をしている友人は夜間保育を利用し出勤しています。24時間保育の保育園へ預け21時~4時、5時頃まで預けているそうです。職業は異なりますが共通する悩みはお子さんが寝ている間に働き、お子さんが起きて活発に活動する際にどうしても自分自身の疲れが出てしまうという点ですよね。

 

また、夜のキャバクラとは違い朝からスタートする朝キャバというのをご存知でしょうか?朝6時~お昼13時頃まで営業するというスタイルのキャバクラですが以外にもシングルマザーのお母さんが多い職業となっています。その場合も結局は朝の4時~から24時間保育の保育園に預ける事になるのですが、生活スタイルに合わせた働き方ができますよね。

 

■夜勤をする事でのメリット デメリットは?優先事項を明確にしましょう

 

夜勤をすることで金銭面には助かりますよね。看護師の場合だと夜勤を1回する事に日当+1万円という職場も多いのではないでしょうか?やはり夜勤をする際の一番のメリットは金銭的給与面だと言えるでしょう。

 

ですが、お子さんと同じ時間に眠り起きる事が出来ないのは中々の悩みどころですよね。お子さんとの時間が取れなくなるというのがやはり夜勤をする際のデメリットではないでしょうか?シングルマザーとしてお子さんを育てていくという事は一家の稼ぎ柱となり仕事を頑張らなければなりません。そこはお母さん自身の優先事項を決め強い意志を持つことが大切だと思います。

 

■お子さんとの関わり方はどうしてる?お子さんの成長に合わせた勤務形態を選びましょう

 

お子さんが0歳~3歳頃は一緒にいて成長を見届けたい!と考えるお母さんも多いですよね。夜勤を考えた際にお子さんの年齢や夜勤という仕事のスタイルをお子さんが理解できるのか?という部分も考えなければなりません。

 

今まで一緒に眠って朝起きたらご飯を作ってくれていたお母さんが突然いなくなればお子さんも戸惑ってしまいますよね。ですので、お子さんの年齢や理解できるまで何度も説明するなどお子さんへのサポートも大切になってきますよね。お子さんが嫌がったり、予想以上の動揺や寂しさが見えた場合には無理に夜勤をするのではなくお子さんにあわせた生活を考えるのが大切です。

 

夜勤という仕事スタイルを始める際には日頃お世話になっている保育園の先生や実家のご両親と相談しながら、無理のない範囲でスタートする様にしましょう。

 

お子さんとお母さん自身の今後の生活の為にも、焦らず最善の方法を決める事ができると良いですよね。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

 

タグ:
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら