• HOME
  • 仕事・キャリア
  • 貧困問題からの脱却のカギ!シンママが独学で資格を取得するためのコツ

貧困問題からの脱却のカギ!シンママが独学で資格を取得するためのコツ

本記事では、シングルマザーが独学で資格の取得を目指す場合のポイントをまとめました。自分にぴったりの資格を取得して、より良い就職先を見つけましょう。

タグ: ,

 

シングルマザーであることがネックで、なかなか給料の良いところに就職できず、パート勤務や契約社員として働いて苦労している人はたくさんいます。本当は正社員になりたいと考えているなら、自分のスキルを証明してくれる資格を取得するのが方法の一つ。

 

でも、予備校に通うとなると子供の預け先がネックになりますし、通信講座を選択するにしても、やはりそれなりにお金がかかります。となれば、在宅かつコストのかからない独学で資格に合格できるのがベストですよね。

 

本記事では、シングルマザーが独学で資格の取得を目指す場合のポイントをまとめました。自分にぴったりの資格を取得して、より良い就職先を見つけましょう。

 

■独学で合格できる資格の選び方

 

努力さえすればどんな資格も独学で合格できるか?と聞かれると、それはやはり難しいものもあります。例えば、ネイリスト検定のような実技試験が伴うものだと、やはり教えてくれる存在が必要であり、独学は難しいと言わざるを得ません。

 

一方、医療事務や簿記のような、知識を試す資格試験であれば、努力次第で独学での合格を目指すことも十分可能です。まずは、自分の興味のある分野を探り、その中で独学でも合格の可能性がある資格を探しましょう。

 

■忙しいシンママが独学を成功させるためのコツ

 

1.独学成功者の体験談を徹底リサーチしよう

勉強は、失敗や成功を繰り返していくうちに、自分にぴったりの勉強方法が見つかります。ただ、仕事も家庭のこともあるシンママは、できるだけ回り道は少なくしたいもの。

 

まずはその資格について、独学で合格した人の勉強方法を徹底的にリサーチしてインプットしておきましょう。インターネットで検索すると、ブログなどの合格体験記事が見つかると思います。

 

合格にたどり着くまでの道は人それぞれですが、すでに独学で成功した人は、一つの正解を知っていると言えます。また、そうした人たちの体験談を読むと、オススメの参考書を知ることもできるので、お金が無駄になりにくいのもメリットです。

 

2.隙間時間を徹底活用しよう

なかなかまとまった時間が取れないシンママは、隙間時間を上手に活用するのがとっても大切。会社までの移動時間や、寝る前のちょっとした時間などを勉強時間に当てましょう。今の勤務先でおおっぴらに勉強するのは周囲の目があるので憚られますが、勉強したいページをスマホで写真に納めて、休み時間に眺めるのもオススメです。

 

1日のノルマを決めて、それをちょっとした隙間時間を使ってこなしていきましょう。

 

3.やる気は続かないもの。習慣化するのが心が折れないコツ

日々忙しいシンママが、勉強できない理由を見つけるのはとても簡単。「今日は疲れてるな」「残業したから」などと、言い訳を見つけ出せばキリがありません。独学は継続することが非常に重要ですが、やる気だけでモチベーションを保つのは無理があります。

 

そのため、仕事や家事と同じように、毎日勉強をすることが生活の一部になるくらいまで、周りの状況を固めてしまうのがオススメです。

 

例えば、子供にドリルを買ってあげて、毎日一緒に勉強する時間を作るのはいかがでしょうか?やはり、進捗状況をチェックしてくれる人がいるとやる気が出ます。自分一人の意思だと折れてしまいやすいですが、人の目、特に子供に見てもらうとなると手は抜けなくなりますし、子供もお母さんと切磋琢磨することで勉強への意欲が湧くかもしれませんよ。

 

☆まとめ☆

 

パート勤務から正社員へ就職するのは狭き門です。そんな状態から脱却するカギとなる資格は、取得すれば一生武器として使えます。

 

独学はハードルが高く感じるかもしれませんが、決して不可能なことではありません。予備校に通えないことを理由に諦める必要は全くないので、ぜひ合格を目指して頑張ってみてくださいね。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

 

タグ: ,