• HOME
  • 仕事・キャリア
  • シングルマザーで子供が小さくても運送業や倉庫内作業の仕事はできる?

シングルマザーで子供が小さくても運送業や倉庫内作業の仕事はできる?

シングルマザーで子供が小さいとどのような職業に就くべきか悩みますよね。「できるだけ安定した仕事がいい」「給料が良い仕事がいい」などそれぞれに仕事を選ぶ際の思いがあるでしょう。今回は世間から「大変そう」という印象を持たれている運送業や倉庫内作業の仕事についてお話しします。

タグ:

 

シングルマザーで子供が小さいとどのような職業に就くべきか悩みますよね。「できるだけ安定した仕事がいい」「給料が良い仕事がいい」などそれぞれに仕事を選ぶ際の思いがあるでしょう。今回は世間から「大変そう」という印象を持たれている運送業や倉庫内作業の仕事についてお話しします。

 

■どちらとも意外とシングルマザーにぴったりな仕事なのですよ!

 

これからの仕事に迷われている方は、参考にしてくださいね!

 

〇運送業とはどんな仕事?

 

運送業と一言に言っても、長距離トラックの運転手や中距離、近距離と走る距離や運ぶ荷物で仕事内容は大きく変わります。シングルマザーは子供のお迎えがあるので長距離トラックの運転手は家族の協力がないと務まらないでしょう。

 

そのため、シングルマザーが考えるのは1日で帰ってこられる中距離や近距離の運転手です。中距離や近距離の運送業の仕事には宅配や引っ越し、スーパーや店舗配送の仕事があります。これらの仕事なら日中だけの仕事が多いので、シングルマザーにも十分務まります。

 

また、重い荷物を運ぶのに自信がない人には、運送業の補助業務もあります。運送ドライバーの横について次に運ぶ荷物の管理などを任されます。これなら力仕事に自信がない女性でも十分できますよね。

 

〇シングルマザーが運送業をする際の注意点

 

ただシングルマザーが運送業をする際は、子供の病気による急な休みを会社に理解してもらう必要があります。運送業は常に顧客の納期がある仕事です。

 

納期に遅れると顧客からのクレームが来てしまうので、休みの日は他のドライバーが勤務を交代できる状況なのかを就職前に確認するようにしましょう。

 

最近は女性ドライバーが多く活躍している会社もあるので、これから仕事を探すときは既に活躍している女性社員がいる会社の方が働きやすいはずです。

 

〇運送業でのキャリアアップは?

 

子供は小さいうちは近距離や中距離の運送業務をして、子供が大きくなったら長距離トラックに乗ったり、大型免許や牽引免許を取りドライバーとしてのスキルアップをして、収入を増やしていくことができます。

 

〇倉庫内作業ってどんな仕事?

 

倉庫内作業も運送業と同じく体力のいる仕事に思われていますが、女性でもできる仕事がたくさんあります。倉庫内作業の仕事を探すときは、軽作業で女性が活躍している職場を選びましょう。

 

倉庫内の仕事には、平日のみ9時〜17時、18時までの求人がたくさんあるので、シングルマザーにはちょうど良い働き方ができるはずです。

 

大きな荷物を運ばないといけない職場だと女性には難しいですが、女性にでもできるアパレル用品や小物ばかりを扱う倉庫の仕事もあります。

 

それなら、そこまで力が必要ないですよね。土日休みで勤務時間は夕方まで、そこまで思い荷物を運ぶことがない職場なら、まさにシングルマザーにぴったりなのではないでしょうか。

 

〇倉庫内作業の仕事をするときの注意点

 

実際に就職する前に作業をするものがどんなもので、自分でも作業できるものなのかを確認してください。重いものばかりを運ばないといけない仕事だと、あなたにはしんどいかもしれないですよね。

 

また、これは運送業をする際にも言えることですが、残業のない仕事を選びましょう。17時や18時できっちり終わる職場はありますが、中には22時ごろまで残業がある職場もあります。残業の有無は求人情報や面接の際に、きちんと確認しましょうね!

 

〇倉庫内作業でのキャリアアップは?

 

はじめは倉庫内の作業をする業務から始めて、慣れてきたら倉庫内の品質管理や在庫管理などの仕事内容に昇級していける職場が中にはあります。将来的なことを考えてキャリアアップや昇給したい人は、そのような制度を実施している職場を選びましょう。

 

☆まとめ☆

 

運送業や倉庫内作業の仕事についてご紹介しました。力に自信のある人はもちろん力に自信のない人でも軽作業の職場を選べば、充分に仕事をすることができます。

 

「PCが苦手」「飲食店は知り合いに会いそうで嫌だな」という人は運送業や倉庫内作業の仕事を検討してみても良いと思います。シングルマザーでもできる仕事はたくさんあるので、運送業や倉庫内作業の仕事も視野に入れてみましょう。

 

 

(文/あやん 画像/123RF)

タグ: