シングルマザーがヘルパーになるためには!

シングルマザーが安定した収入を得るためには資格を取得するのが近道です。例えば介護資格はどうでしょうか。

タグ: ,

 

■シングルマザーの資格

 

シングルマザーが安定した収入を得るためには資格を取得するのが近道です。例えば介護資格はどうでしょうか。きつい、安いというイメージの介護職ですが、資格によって収入も変わりますから、やりがいもある仕事だと言えます。

子供が小さい時などは時間も融通がきくことだってあります。

 

何より介護業界は慢性化した人手不足状態です。資格がないと働けないのもネックなのですが、人手不足となれば逆に就職に困らないというメリットもだってあります。また、高齢化社会が加速する日本では将来的にも安定した収入につながります。

 

■介護福祉士とヘルパーの違い

 

介護福祉士は国家資格で、国家試験に合格しなければなりません。ヘルパーは特定の資格がなくてもできる仕事です。ただし、要介護の方の自宅を訪問するホームヘルパーになるには、厚生労働省が認定する研修(介護職員初任者研修・実務者研修など)を受講しなければなりません。

 

また、介護福祉士は実務経験が3年以上必要です。基本的な仕事内容は介護福祉士もヘルパーと違いはありませんが、決定的に違うのは現場において介護福祉士はヘルパーやスタッフに対して指示や指導ができます。

 

もちろん収入も違います。シングルマザーはまずヘルパーで3年実務期間をへて、介護福祉士の資格を目指せばいいのです。

 

■主なヘルパーの仕事

 

ホームヘルパーは要介護の自宅に赴き、介護サービスや家事援助を提供します。要介護のサービスは、食事・入浴・排泄・服の着替え・移動の支援などです。家事援助サービスは、調理・洗濯・掃除・買い物などの支援や代行サービスが含まれます。

 

こうした支援サービスを通じて利用者本人をはじめ、ご家族への精神的なケアも行うことがあります。ホームヘルパーは社会福祉法人・医療法人・営利法人・生協・農協・NPOなど活躍の場はたくさんあります。

 

高齢化が進む日本では、こうしたヘルパーの不足が長い間、叫ばれており、

資格を取るための支援も始まっています。働きながら取得だってできるのです。

 

ホームヘルパーに仕事は24時間対応をするケースも増えています。子供を抱えながらそれに応えるのは大変だと思います。しかし、夜勤手当は収入にも大きな影響を及ぼします。

 

それにホームヘルパーは時間や休みもある程度融通が聞くこともあります。働ける時にしっかり稼いで貯金をしておくことは将来に備えて大切でもあります。

 

■ヘルパー資格支援

 

ヘルパーは通信教育でも資格が取れます。また、公共職業訓練事業でもあるので、ハローワークを通じて介護職員視初任研修が受講できる自治体もあります。

 

特にシングルマザーであれば、これらは自立促進事業ということで、無料で受講も可能です。せっかくのチャンスですから、興味があればいかがでしょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

タグ: ,