仕事・キャリア

シンママの飲み会参加 子どもどうする?

シンママStyle編集部

 

飲み会に誘われたけど、子どもを預かってもらえない。そんなとき、あなたならどうしますか?子連れで参加しますか? 近所に実家があって、預かってもらえる環境が整っているなら別ですが、シンママたちは「飲み会参加」=「子供の預け先確保」で頭を悩ませます。

 

どうしても預け先が見つからず、子連れで飲み会に参加した経験がある方も多いのではないでしょうか。しかし、飲み会はお酒の席。子どもにはよい環境といえるものではありません。また、飲み会への子連れ参加については、シビアなご意見が多いようです。

 

<なかなか厳しい周囲のご意見>

 

子連れで飲み会に参加するシンママへの協力的なご意見もありますが、大半が厳しい声です。

 

表立っては「いいよ」といっても本音は迷惑など、表面上は大丈夫といってくれていても実はそうでないこともあって、本音と建前の日本社会では、その言葉を真に受けると陰で何をいわれているかわからないことに。

 

代表的な反対意見は、シンママにとって辛い内容が多いです。「預け先がないのなら、迷わず欠席でしょ。」「会費払って他人の子どもと同席させられるって意味不明。」「いるだけでイヤ!」などなど。自分に向けられていると思うと、ショックな言葉ばかり。

 

また、幹事さんに「子連れでもいいよ。」と言ってもらえたから参加した(しようと思っている)というケースありますよね。そんな場合でも、幹事さんの本心でないことも多く「一応声かけるしかないよね。」といった理由だったりするのです。

 

<お酒の席に子どもを連れていくリスク>

 

子連れ参加が許されるメンバーだったとしても、イコール子どもにいい環境ではありません。お酒の席に子どもを連れていくリスクはあります。

 

飲み屋街というのは、治安が悪いですよね。子どもには見せたくないようなことが、繰り広げられているものです。大人の私たちでも目のやり場に困ることもあるくらいです。

 

また、子どもでも楽しめるメニューも多い居酒屋でも、タバコの煙は避けられません。喫煙者でない大人でも辛いときがあるほどですから、子どもには最悪の環境です。そして、夜遅く帰宅する訳ですから、生活リズムを崩された子どもは、たまったものではありません。

 

<あなたはそれでも楽しめますか?>

 

実は多いのが、子連れ飲み会経験者の楽しめなかったという意見。「他の参加者に気を使わせていることがわかるので申し訳ないと思った。」「聞かせたくない内容の話が多く困った。」「子どもが迷惑かけないかばかり気になって楽しめなかった。」

 

結局は、自分が同席者と子どもの間で気を使わなければいけないので、飲み会どころではない心境になってしまうのです。これでは、楽しむどころか疲れにいくようなものです。

 

<どうしても参加しなければいけないときは>

 

それでも参加しなければいけない飲み会ってありますよね。そんなときは、子どもの預け先を見つけられなかったことを伝えて、子連れで参加し早めに帰りましょう。

 

子どもが飽きて、ぐずってしまう前が鉄則です。「それでも来てくれた。」と、グッと好印象になります。その際は、子どもの参加費を払うようにしましょう。

 

あなたは先に帰る訳ですし、長居する訳でもないので、お金はいらないといわれることが想定できますが、子どもを連れてきたのにお金も払わないと思われるよりは、払う気があることをアピールしたほうがいいです。

 

また、有料の託児所やファミサポを探してみましょう。特に職場の飲み会になると、飲み会といえども仕事の一環と考える方も多いです。預け先を見つけられないのは、あなたの個人的な事情と位置づけられ、仕事に家庭の事情を持ち込む人と思われてしまうことだってあります。

 

<まとめ>

 

自身がシンママであっても、子連れで飲み会参加には否定的な考えの人は多いです。私もシンママ経験が16年ありますが、子連れで飲み会参加には反対派です。小さい子は、すぐに飽きてしまうから連れて行くべきではありません。それなら、大きな子どもならいいのか?

 

中高生になって大人の輪の中で静かにしていられる年齢になると、大人の会話の内容を理解できるので、聞かせたくない内容の話が飛び交うお酒の席は、やはりよくありません。

 

かといって、シンママは飲み会に参加してはいけない!といっている訳ではありません。全員子連れや、自宅に集まって楽しむなど、工夫次第で楽しみ方は必ずあります。楽しいシンママライフを送りましょう。

 

 

(文/kaolin 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:仕事・キャリア

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!