仕事・キャリア

転職サイトをチェックしているシングルマザー必見?!

シンママStyle編集部

 

結婚、出産を機に退職または転職する人もいますよね。子供がいる女性の場合はある程度条件が限られてくるので、転職は楽ではありません。求人情報誌や転職サイトで探している方もいると思いますが、今回はシングルマザーの転職について仕事選びのポイントやおすすめの仕事などをご紹介します。

 

■「シングルマザーの仕事選びのポイント」

 

自分なりに仕事選びのポイントはあると思いますが、シングルマザーの方は特に以下のポイントをおさえておくといいと思います。

 

・優先順位を決める→給料や勤務時間、休日日数で何を最優先するのか、どこまでなら条件を譲れるのか決めておきましょう。

 

・仕事の将来性→お金は大事ですが仕事内容も大事です。やりがいを感じ長く働ければ、昇給や昇進の可能性もあります。

 

・シングルマザー歓迎の会社→ 特定求職者雇用開発助成金という制度があり、シングルマザーを雇っている企業に助成金が支払われる制度です。この制度を取り入れていれば、積極的にシングルマザーを採用している可能性があります。

 

求人情報誌や転職サイトで情報収集していくうちに、自分なりにポイントをおさえることができると思います。

 

■「シングルマザーにおすすめの仕事」

 

転職を決めたもののどんな仕事がいいのかわからない人もいますよね。そんなシングルマザーの方におすすめの仕事をいくつかご紹介します。

 

・介護職

雇用形態がパート、正社員、夜勤など多様なので、子供の成長にあわせて働き方を変えられます。また、働きながら介護福祉士などの資格を取ることもできます。

 

・コールセンター

お客さんからの問い合わせに電話で対応。時給が高く残業なしで帰ることができます。大手企業であれば福利厚生も充実しているので安心です。

 

・保険の営業

給料のほかに、契約数の実績によって手当がつくことが多いので実力次第では高い収入を得ることができます。福利厚生の安心があるほか、スケジュールを自分で組むことができるので時間の融通がきくことも嬉しい点です。

 

仕事は他にもあるので、自分の条件にあった会社を見つけられるといいですね。

 

■「履歴書の注意点」

 

正直、「母子家庭」「シングルマザー」に対して良いイメージを持っていない企業はあります。しかし、そのイメージを吹き飛ばしてしまえばこっちのものです!

 

・職歴がたくさんあり、職種がバラバラなものは注意!→特別な理由もなく1年未満で仕事を辞めていると長続きしない人に見られてしまいます。

 

・簡単な資格ばかり→資格がたくさんあっても、簡単にとれそうなものばかりで前職に生かされていないものだと疑問に思われる可能性があります。

 

・志望動機は明確に!→どうしてこの会社で働きたいのか、熱意が伝わるような動機をはっきり書きましょう!

 

最初に書類選考を行う会社にとって、履歴書は大事です。自分が書いた履歴書を採用する人間側にたって見直してみましょう。

 

■「転職サイトを上手に活用しよう」

 

求人情報誌、ハローワーク、紹介など仕事を探す手段はいくつかあります。今はインターネットの発達によりウェブ上でも情報収集ができる時代です。シングルマザー向けの転職サイトもあるので、家事や育児などの隙間時間にチェックするといいと思います。

 

日本のシングルマザーが働いている割合は約80%です。しかし、そのうち60%が年収200万未満と貧困状態が問題になっているのも事実です。この問題を解決するためにシングルマザーの方を支援してくれる転職サイトもあるので、一人で考え込まずこういったサイトや人を頼るのもいいと思います。

 

いかがでしたか? 特別なことや難しいことではありませんよね。シングルマザーだからと負い目に感じることはありません。むしろ、シングルマザーだから生活かかってるので一生懸命働きます!とシングルマザーであることをアピールするのもいいかもしれません。

 

 

(文/まりか 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:仕事・キャリア

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!