• HOME
  • 仕事・キャリア
  • ネイリストの仕事が気になる!自宅開業をするために必要なことって?

仕事・キャリア

ネイリストの仕事が気になる!自宅開業をするために必要なことって?

シンママStyle編集部

 

女性に大人気のネイルサロン。爪をきちん手入れすると、女性らしさが増しますし、自分自身の美意識もググッと高まりますよね。ネイリストの仕事に憧れたことがある女性も多いのではないでしょうか。

 

ネイリストとして自宅開業する人もたくさんいますが、子供を抱えたシングルマザーにとって、自分の家を職場にできるというのは非常に魅力的なことではないでしょうか。今回は、ネイリストになるために必要な資格と、開業するまでに必要な道のりをご紹介していきたいと思います。

 

  • ネイリストの資格とは

 

ネイリストの資格は、「JNA日本ネイリスト技能検定試験」が一般的なものになりますが、国家資格ではありません。そのため実は、無資格で開業したとしても法律上は問題ないのです。ただ、ネイリストは競争率が高いことや、ネイルサロンの求人でも、検定2級以上(3級〜1級のうち)を取得していることを要件に掲げているところが多いので、ネイリストを目指すのであれば、この資格は間違いなく取得しておくべきです。

 

勉強にあたっては、スクールまたは通信講座を利用することが一般的です。もしも、親戚などに子供を預けられる伝手があれば、夜間のスクールに通う手もありますが、シングルマザーには、よりやすくフレキシブルに受講できる通信制講座がオススメです。また、需要の多い「ジェルネイル技能検定」も取得しておくと、就職先の幅が広がりますよ。

 

  • サロン勤務の実態とは

 

資格を取得したら、やはりネイルサロンで勤務をして技術経験を積みたいところ。ただ、ここがシングルマザーにとって難関である可能性が高いです。正社員になった場合、問題になるのが勤務時間。長く勤務していると、だんだんとお客様から指名が入る可能性があります。ネイリストとしては大変ありがたいことですが、そうなると、予約が入っていると思うように休みが取れなかったり、子供が急に熱を出した場合も、早退などの対応が出来ない可能性があります。

 

一方、勤務時間を柔軟に対応しやすいパートは、やはり収入面がネックになります。この辺りについては、親身にシングルマザーの状況を理解してくれるお店を探して、そこで正社員となることが理想です。

 

  • 自宅開業を目指すための道のりとは

 

ネイリストの開業は、他の業種と比べて初期費用があまりかからないことから、割と手が届きやすいとされています。また、自宅を職場にできるというのは、子供との時間を取りやすくなるので、シングルマザーにはもってこいの選択です。

 

そのために、まず間違いなく必要になるのは技術。ですが、独学でプロの技術を学ぶのは至難の技です。基礎を磨くためには、サロン勤務で経験を積んだ方が良いと思います。また、集客を自分自身で行わなければならないという点も意外と悩みどころ。今はSNSなどで誰でも手軽に宣伝できてしまう時代だからこそ、より効果のあるマーケティング方法を学ぶ必要があります。

 

ただ、開業してからも、月々暮らしていけるだけの生計を立てられるようになるまでは険しい道のりがあるということは覚悟しておきましょう。理想は、サロン勤務で固定客をある程度つけた上で開業することです。もちろん、サロンでそれなりの固定客をつけるのも簡単なことではないので、自宅開業への道は長いスパンで考えるようにした方が良いと思います。

 

☆まとめ☆

 

ネイリストの自宅開業は、もしも軌道に乗れば、シングルマザーにとっては子育てと仕事の両立がしやすくなって非常に暮らしやすくなる可能性があります。ただ、世の中にはたくさんネイルサロンがありますから、差別化を図るためには、技術、立地、接客の対応など、様々な要因を磨く必要があるので、相応の努力が必要です。

 

開業までの道のりには苦労も多々あると思いますが、身につけた資格と技術は一生物。ネイリストに興味がある方はぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:仕事・キャリア

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!