仕事・キャリア

シングルマザーと企業・理解ある企業もたくさん!

 

昨今、シングルマザーを受け入れる企業は増えています。なので、働く場所がないかも…なんて悩む必要はほとんどありません。シングルマザーの現状を理解し、子育てにも協力的で女性としての能力、今までのスキルを活かせる企業はたくさんあります。シングルマザーだという立場が強みになることもあるのです。

 

★シングルマザーを応援する企業って?

 

シングルマザーにとって働くことは、子供との生活を守っていくためには必須ですよね。しかし、そうそう簡単に都合のいい条件の会社や働き方が見つあることもありません。

 

仕事が見つからなければ「就職難民」になってしまう恐れもあるのです。これだけは、本当に避けたいですよね。さて、今回は、シングルマザーにとって有益な情報をお伝えしたいと思います。

 

☆シングルマザーを応援している企業もある!

 

シングルマザーのための、働きやすい環境が整った企業もあります。こういった企業を作った方は、代表の方自身がシングルマザーで、その苦労をとっても分かっているからこそ、自分のように大変な思いをして働きながら子育てをしているシングルマザーを助けたい!という気持ちで会社を作っています。

 

★固定概念を捨ててみる

 

シングルマザーで子供もいる…「この状況で雇ってくれる会社なんてあるわけない…せいぜい、コンビニのパートや工場のパートよね」なんて思いこみってありませんか?

 

もちろん、コンビニのパートも工場で働きこともお勧めです。ただ、子育てに関してシングルマザーの状況を理解してくれるかどうかは疑問です。その会社の上司や、働く仲間が同じような状況であるとか、経験があって理解してもらえるのなら、働きやすいでしょう。

 

派遣会社という方法もありますし、先に紹介したような企業もたくさんあります。

 

☆自分のスキルアップの努力も必要

 

自分には何も取り柄がない、スキルもないという前に就職活動をしながらパソコン教室に通ったり、資格を取ることもできるはずです。母子家庭のために資格取得の支援もあるのです。意外と、そういった支援を知らずに過ごしているシングルマザーも多いのかもしれませんね。

 

自分で調べたり、自分から自治体に聞いてみないと教えてくれないことがほとんどなんです。もっと、分かりやすいように知らせてくれるのが普通だと思うのですが、自分で確認しないと全く分からないまま、ということが多いのです。

 

 

★まとめ

 

シングルマザーでも選ぶ権利はある! シングルマザーだから、とにかく仕事があれば良いという問題ではありませんよね。確かに、仕事がないよりあったほうが生活もしていけるのでお金の面では安心でしょう。

 

大事なことは、今の自分がどういう状況なのか…ということです。子供がある程度大きくなっていて手がかからないシングルマザーなら、フルタイムで正社員という働き方がベストですよね。

 

しかし、子供が保育園でまだ手がかかる年齢で病気にもかかりやすく、ママが休みがちになることは言わなくてもわかる場合、そこがネックになってしまうことが多いのです。誰のせいでもないのですが…。

 

そこが、まだまだシングルマザーに対する偏見というか、理解のない社会の暗黙のルールのようなところもあります。それを理由に断ってくる会社は、まだまだ会社として今の社会やシングルマザー事情を理解していないのかもしれません。

 

子供は、未来を背負っていく宝物です。そのことを先を見据えて考えたら、子育てにも協力しましょう!という考え方の会社を選ぶほうが良いのです。シングルマザーにも、可能性はたくさんあるのですから! 引け目を感じることもないし、変に遠慮することもありません。

 

堂々と、私は一人で子育てをしながら働くので、子供が大きくなるまでは子供優先にしながら働きたいです。と伝えて良いと思います。子供を守れるのは、会社ではなく母親であるママだけなんですから。この記事が、シングルマザーの皆さんが就職活動をする上で、何か役に立てるヒントになればいいなと思います。

 

 

(文/tomo’s* 画像/123RF)

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:仕事・キャリア

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!