• HOME
  • 仕事・キャリア
  • シングルマザーに合った求人・子供はどうする?働き方と就職支援

仕事・キャリア

シングルマザーに合った求人・子供はどうする?働き方と就職支援

 

シングルマザーが求職活動をするときに、まず気になるのが子どもをどこに預けよう…ということではないでしょうか? 保育園に入っているなら特に心配はありませんが、まだ預け先が決まっていないけど、とにかく働かないと生活が厳しくなってしまいますね。今回は、シングルマザーの求人に関するお話をしていきます。

 

★シングルマザー求人と子どもの預け先は?

 

シングルマザーが子育てをしながら働き続けることは、想像を超えて大変なことです。子どもが小さいうちは、保育園や託児所に預けてお迎えの時間までには、仕事を終えて帰らなくてはなりませんよね。

 

残業になってしまった場合には、保育園や託児所に連絡して、延長保育をお願いするしかありません。小さい我が子に、我慢させることも必要になってきます。

 

そういった事情もあるので、就職先を探して面接のときには、必ずと言っていいほど「お子さんが熱を出したり、具合が悪い時には誰かに見てもらえますか?」と聞かれます。

 

当たり前のことですが、働くのですからシングルマザーとはいえ、会社の一員として働いてもらいたいのが会社側の考え方です。せっかく自分の条件と合う会社が見つかっても、いざという時に預け先がないと採用されにくいというのが厳しい現状でしょう。

 

☆サポートを受ける場所を決めてから!

 

就職活動をする前には必ず、実家の協力が得られるのか、保育園への入園、自治体のファミリーサポートや託児所、一時保育など預け先の確保をしておきましょう。

ファミリーサポートや一時保育は費用が掛かりますが、母子家庭なら保育園は無償になっていますよね。待機児が多いのが、なかなかは入れない原因ですが、募集の時期を逃さず応募しましょう。

 

途中からの入園を受け入れてくれる保育園は必ずあります。きちんと調べて働ける環境をしっかりと準備しておくことが、とても大切です。会社によっては託児所があるところもあるのでそれを利用させてもらうのが良いでしょう。

 

何も準備しないまま働こうなんて、お子さんの事を考えていないのと同じですよ。間違ってもお子さんだけにして働きに出ないこと、お子さんの安全を確保してから働くという事を忘れないでください。

 

★シングルマザーが働きやすい環境を選ぼう!

 

シングルマザーだからこそ、働きやすく子育ても安心してできる会社に就職してほしいのです。よく「仕事を選んでいたら、仕事なんてないよ!」という人もいますが、そうでしょうか?

 

決してそんなことはありません。ハローワーク、マザーズハローワーク、子育て支援課の就業支援制度もあります。シングルマザーが子育てをしながら、働ける会社を一緒に探してくれますし、シングルマザーそれぞれに合った働き方や仕事を選ぶときのアドバイスもしてくれます。

 

☆子育てと仕事の両立ができるのかを第一に!

 

まずは、仕事をしながら、子どもをどう育てていくのか、働き方に無理がないかを考えてみても良いのではないでしょうか。早く、就職したい気持ちばかりが先走って、面接で言われたことにすべて「大丈夫です!」というのもちょっと待ってください。

 

その答え、どこかで無理をしていませんか? 働けばなんとかなる!なんて思っていませんか? 子どもと自分の人生です。毎日の生活が慌ただしいのは、お子さんが小さければ日常的にあることですが、そこに「働く」という時間が入ってきた時に、ママが気持ちに余裕を持てる時間があるかどうかも考えるといいかもしれません。

 

仕事に疲れ切って、子どもの我がままや、グズグズ、もたもたしていることが許せなくなったり、イライラばかりになってしまったら…。笑顔がない毎日になってしまいますよね。

 

お子さんが、まず気づくでしょう。「最近、ママは怒ってばっかり。」「ママ、笑わなくなったね。」と言われてハッとすることだってあります。小さいながらも、ちゃんとママを見ているんですよね。子どものほうが冷静だったりします。

 

★求人の条件に合わせるより今の自分に合った求人探し!

 

シングルマザーが働くために、会社の条件ばかりに合わせてしまうと必ずどこかでこんなはずじゃなかったのに…というひずみが出てきます。そうなってくると、会社に行くのも嫌になってしまいますよね。

 

自治体やハローワークの就職支援の人に相談しながら、自分の今の状態を正直に話して子供にも自分にも無理のない働き方を選びましょう。子どもに我慢をさせるのも成長していく上で必要な事ですが、それに対して罪悪感を持ちながら働くのもママ自身の精神的な疲労につながっていきます。

 

まずは、子どもが小さいうちは子どもに合わせて働くことも必要でしょう。成長を見ながら働いて、小学校高学年になったらお留守番もできてきます。もっと小さいころから、お留守番をしている子もいますが、それぞれの家庭の方針でお子さんとルールを決めてやっていけばいいと思います。

 

シンママにとっても子どもにとっても、負担が少ない生活と働き方をしていくように工夫してみるといいでしょう。楽しい毎日にできるようにすることが一番です。

 

 

(文/tomo’s* 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:仕事・キャリア

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!