ライフスタイル

シングルマザーの収入ってどれくらい?老後も心配…

シンママStyle編集部

 

早速ですが、一人親の世帯収入について考えてみましょう。2016年の厚生労働省の統計では、母子家庭で約243万円、父子家庭で420万円という結果が出ています。この金額には養育費も含まれています。圧倒的に父子家庭の収入が多いのが分かりますよね。

 

 

日本の場合は協議離婚が8割りを占めているので、養育費が未払いになっているケースも多いです。ですから、シンママの収入の実態はもう少し低いはずです。

 

 

■シングルファザーは実家に子育てを丸投げする?

 

 

母子と父子の家庭の差は収入だけではなさそうです。実はシングルファザーは離婚後、実家に戻り両親に子供の面倒をみてもらうことが多いのです。それまでの仕事を、離婚を契機にセーブすることはあまりないというのが現実です。

 

 

■シングルマザーは小さい子供を抱えながら仕事に奮闘!

 

 

一方、女性は小さな子供を抱え、思うように働けないのが現実です。保育園や幼稚園に預けるにしても、子供が小さい時は何かと体調を壊してしまいますから、会社勤めを全うするのも一苦労。働いていても、ときおり、子供の事情で早退やお休みをしてしまうことは避けられません。

 

 

それまでキャリアウーマンとして働いていれば、会社側もある程度理解を示してくれるかもしれませんが、なかなか難しい会社が多いのも事実です。しかも時短で働ける会社は限られますよね。

 

 

ですから、子供が一人で留守番できるようになるまでは、正社員でなはなく、派遣社員として働く人も多いのです。

 

 

■児童手当を申請して生活を楽に

 

 

シングルマザーのなかには、児童手当を申請する人もいます。もちろん家計は、1円でも多い方が助かりますからね。ただし、所得制限がある関係上、仕事をあえて抑えて受給とにらめっこする…なんて人も。

 

 

子供が成長して留守番できるようになり、正社員の仕事を得ても実は実収入が増えた実感がないなんて悲しい声もあります。理由はずばり、保険料が関係してくるからです。

 

 

収入が増えれば社会保険である厚生年金・国民年金の支払額が増えて行きます。もちろん、年金をかけておかなければ、老後の生活は困窮するのは当然ですから、仕方のないことなんですけどね。

 

 

限られた収入のなかで、質の豊かな生活をするには、やはり節約が必要になって来るのです。まして、子供を大学に行かせようと思うのなら、かなり厳しい節約をしなければ貯金はできません。

 

 

■節約で大切なことってどんなこと?

 

 

一番節約が必要なもの、そしていち早く効果が出るものは、ずばり「食費」です。外食をしないでスーパーで値引き商品を購入したり、買い物に行く回数を意図的に減らしたりすることで、余分な物を購入しない癖を付けることが大切です。

 

 

続いて、携帯電話のプランを見直すことでも大切です。無駄なプランを解約することによって、月々の支払いを抑えることが出来ますからね。

 

 

また、資格を取得してキャリアアップを考えるのは得策ですね。キャリアアップすれば、当然収入は増えますから、節約も楽になってきます。資格を目指すのであれば、支援制度があるものを!! 自己負担を軽減することができます。

 

 

そのほかには、お買い物のポイントなどを貯めるのも有効。インターネットなどで募集しているモニターになるのも一つの手かもしれませんね。

 

 

■どうしても足りない場合は副業も考えて

 

 

いくら節約してもキャリアアップしても、どうしてもお金が足りない…それなら、思い切って副業をすることもおすすめです。昔ながらの内職やライターなどを選べば、自宅で手軽に行うことができます。

 

 

■公的な給付金は子供が18歳まで

 

 

これまで家計の支えだった公的給付金も、子供が18歳を迎えると打ち切りになります。その段階までにいくら貯金ができたかが肝心。子供は奨学金で大学に行くこともできますが、その後の自分自身の生活を考えることもお忘れなく。

 

 

年齢も40代後半か50代になっていますよね。その段階で給付金が打ち切られて、収入が減ることで生活保護に移行するケースが多いのも現実です。子供のことが最優先となってしまう気持ちはわかりますが、どうか自分自身のことも大事にして下さいね。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!