シングルマザーの仕事探し!肝心なのはどんなこと?

シングルマザーにとって、仕事選びはとても重要なことですよね。お給料の面でもそうですが、やはり「ここぞ」というときに気軽に休めること…理解のある職場であることは絶対に外せないポイントだと思います。ここでは、シンママの仕事選びについて、ポイントなどをご紹介したいと思います。

 

母親が一人で子供を抱え、家計を支えて行くのは並大抵のことではありません。仕事をする上で、安定した収入が確保出来ることと長く働ける職場環境はとても大切ですよね。

 

 

■子供が小さいときはどうする?

 

 

働くにしても、子供を預かってくれる所を確保しておく必要があります。認可保育園か非認可保育園かによって月づきの支払額も大きく違ってきます。また、認可保育園は数が少なく、入園するのが難しいとされています。

 

 

保育料が収入を圧迫する事態は避けたいですよね。その為にもシングルマザーは、母子家庭であることで優先的に認可保育園に入れる可能性がありますから、できるだけ当ってみることをお勧めします。

 

 

■事前に勤務条件を決めておく

 

 

仕事を探す上で大切な勤務条件を予め決めておきましょう。子供が小さい場合は、労働時間や勤務日数など制約が出てきますので、条件を明確にしておくことで就労後のトラブルを防げます。

 

 

■将来に繋がる仕事かどうか見極める

 

 

シングルマザーの収入は一般的に低いといわれています。その原因はなんでしょうか。

・正社員ではなくパート、アルバイト、派遣勤務であることが主な原因

・子供が小さいときは残業もできず、時短勤務になる可能性がある

・養育費や母子家庭の手当てをもらわないケースがある

・専業主婦だった為、ブランクがあるので企業側が難色を示す

 

 

以上の理由で、低賃金労働に就くしか現状仕方がないという方も大勢います。しかし、子供が成長するにつれて当然教育費もかかってきますよね。安定した収入を確保するためには、いつまでもアルバイトやパートを続けるわけにはいきません。

 

 

一方、アルバイトやパートより派遣社員の方が時給も高く、一流企業に勤務することも可能になってきます。そこで実務経験を積んでスキルを磨き、資格を取ることだってできます。実際に派遣会社では社内研修で派遣社員向けに資格支援をおこなっているところもあります。

 

 

また、派遣先企業で勤務態度がよければ、社員として採用されることもあります。紹介派遣などがまさにそういったタイプの派遣にあたります。そういった制度を積極的に利用しましょう。

 

 

企業によってはシングルマザーを支援している場合もあります。「特定求職者雇用開発助成金」と言う制度で企業側に助成金が支払われています。あえてこの制度を採用している企業にコンタクトしてみるものいいかもしれません。

 

 

■安定して長く勤務することが大事

 

 

専業主婦として家庭に長くいる主婦は、就職に不利だといわれます。いつ何時、自分がシングルマザーになるかもしれません。結婚時に正社員で働いていたのなら、安易に会社は辞めないで下さい。

 

 

出産・子育てに配慮がある企業であればなおさらです。一旦辞めてしまうと、正社員として社会復帰するのは厳しくなります。

 

 

また、専業主婦になっても時間があるうちに、資格を取得するなど自己啓発は行いましょう。資格があれば職探しも有利になります。

 

 

シングルマザーの職種で人気がある仕事には介護職や保険を始めとした営業職だといわれます。ある程度、勤務時間を自分でコントロールできるからです。営業職はやった分だけ収入に繋がりますから、ガッツあるシングルマザーにはもってこいだといえます。

 

ただし、営業職は誰にでも出来る仕事ではありません。人とのコミュニケーションが得意という方は、是非トライしてみてください。

 

 

■まとめ

 

シングルマザーの仕事探しは大変です。特に年齢と共にそれは顕著になってきます。また、子供の将来もかかっていますよね。焦る必要はありませんが、地道に下準備はしておいた方が良いでしょう。安定した収入を得るためにも、常に自分磨きに気を配り、社会の動向を意識しながら生活を送りましょう。

 

 

シングルマザーの人生は長いのです。節約と蓄えも大切です。子供の手が離れていきなり生活保護のお世話にならない為にも、長い人生設計が必要になります。例え再婚したとしても、その点は肝に銘じておきましょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)