• HOME
  • 仕事・キャリア
  • シングルマザーの就職先は?~おすすめの仕事とはずせないポイント~

シングルマザーの就職先は?~おすすめの仕事とはずせないポイント~

シングルマザーの仕事選び…いろいろと悩みはつきものですよね。今回は、シングルマザーにとって、仕事選びで欠かせないポイントやお勧めの職業などについてご紹介します。

 

シングルマザーは、女手ひとつで子供を育てていくことになるので、お仕事の給与や就職先選びはとても大切な要素になってきます。子供を育てながら自分にとって長く続けていける仕事なのか、シングルマザーであっても働きやすい職場であるかどうかをよく理解しておく必要があります。

 

 

かといって、どんな就職先があるのか、どういう点を意識して仕事選びをしたらいいか悩みますね。シングルマザーと一口にいっても、いろんな状況の人がいて、悩んでいることも様々だと思います。様々なシングルマザーの方に理解してもらえるよう、おすすめの仕事とはずせないポイントを紹介したいと思います。

 

 

【ここははずせない!ポイント】

 

~子どもがまだ小さい場合~

 

子どもが小さいうちは、よく病気になったり熱を出したりします。そのたびに仕事を休むわけにはいかないので、そういう時のための預け先を確保しておくことが大切です。実家や親せきの家に頼ることができる場合は、頼んでおくと何かと助けられます。

 

 

それが難しい場合は、病児保育に対応している保育所が近くにないか調べておきましょう。

 

 

~頼れる人が近くにいない場合~

 

子どもを預ける先が近くにない場合は、年齢に応じて、保育所や学童保育をメインに利用することになります。早朝や夜は保育所が対応できない時間であることもあります。

 

 

そういう時間にかかる場合は、早朝深夜対応できる保育所を探すか、ファミリーサポートを利用する方法もあります。ファミリーサポートは、市町村や区が行っている、地域の子育て会員サービスです。会員になることによって、料金を払って近所の会員の家庭で自分が子どもの面倒を見られない時間帯にかわって面倒をみてもらうことができます。利用は0歳から小学校6年生まで可能です。時間帯は市町村や区によって異なるので確認が必要です。

 

 

その他、ベビーシッターもありますね。そういうサービスを利用しなくても大丈夫だよ、と思っても、万が一のために登録をしておくといいかもしれません。一度、サービスについて自治体に聞いてみたり調べてみたりしておくと、いざという時のために安心です。

 

 

~就職先選びのポイント~

 

 

  • 仕事の時間や休日、給料

 

子どもを犠牲にまで仕事はしたくない、そう多くの人が思うことでしょう。それが普通だと思います。子どもとの時間も持ちながら仕事を頑張れる、そういう就職先選びが大事だと思います。また、休日も大事ですね。給料も、一人の稼ぎで子どもを育てていくことを考えると大切なポイントになってきます。

 

 

要は、自分の中でどこは譲れてここは譲れない、というものをしっかり持っておくといいでしょう。

 

 

  • 続けられる仕事かどうか

 

子どもが小さいうちは、そうお金がかかることはないですが、成長していくにしたがって、着実に出費は増えます。特に教育費がかかると言われています。塾や習い事、子供が大きくなれば食費もかかってきます。それを考えると、ママ自身もやりがいを感じながら長く続けられる仕事が良いでしょう。資格や免許も取って、さらにキャリアアップできるとなお良いと思います。

 

 

最初はパートで勤めたとしても、そこから社員に登用してもらえるような就職先を探すのもいいかと思います。パートのうちはまだ時間もあるので、その際に資格取得の勉強をするのも良いですね。

 

 

【おすすめの就職先】

 

  • 保険の外交員

 

比較的時間を自由に使えるお仕事です。また、契約数に応じて報酬アップも期待できます。採用にあたっても、競争率が高くないので、希望すれば割と雇ってもらえる可能性が高いお仕事になります。また、女性が多く活躍している仕事なので、なにかと女性に優しいです。福利厚生が整っている会社も多いです。営業になりますので、人と会って話をすることが好きな人にお勧めのお仕事です。

 

 

  • 調剤薬局事務

 

全国に薬局はあり、よく募集も見かけるので競争率は保険の外交員の次くらいに高くないお仕事かもしれません。薬局で保険の確認や受付、調剤報酬明細書を作成するお仕事になります。薬局は受付時間や休日がしっかり決まっているので、子どもとの時間を確保しやすいでしょう。

 

 

  • 介護職

 

介護職と一口にいっても、介護事務と介護福祉士があります。どちらも資格をとっておくと有利になります。資格がないと絶対に働けないというわけではないですが、資格を持っているほうが何かと良いです。パート、夜勤、フルタイムなどいろんな働き方が選べるのが魅力でもあります。最初はパートから始めて資格取得の勉強をするという働き方もできますね。

 

 

  • 家事代行

 

今まで専業主婦だった人の場合、いきなり仕事をするのは不安もあります。そういう方にとって、家事代行はこれまでの主婦経験を生かせるので良いお仕事といえるでしょう。共働き世帯も増えてきているので、今後このお仕事への依頼も増えてくることが期待できます。

 

 

  • 医療事務

 

看護師になるにはハードルが高いけど、事務系ならできるという人には良いお仕事と言えます、女性にとても人気のお仕事です。受付業務の他、カルテ管理もします。また、レセプトといって、患者さんに出す領収書に書いてある点数計算をするお仕事もあります。

 

 

  • コールセンター

 

会社によっては在宅でできるところもあります。こちらは時給が高いことがとても魅力のお仕事です。それだけに、クレーム対応などきつい面もあります。そういったことにもタフに立ち向かえる人にお勧めのお仕事です。

 

 

【まとめ】

 

シングルマザーにおすすめの就職先とはずせないポイントをまとめました。シングルマザーであっても、受け入れる企業にとっては、それは問題ではありません。シングルマザーであることを理由とせずに、自分がこれまで頑張ってきたことやその会社や企業で頑張りたいことを熱心にアピールすることが就職への成功のカギになります。

 

 

無理をせず、自分がはずせないと思うポイントに合う就職先に巡り合えると良いですね。

 

 

(文/  画像/123RF)