社員になりたい!主婦の求人の探し方

最近は女性の社会進出も進み、共働き世帯のほうが専業主婦世帯よりも多い世の中になりました。出産や育児でしばらく仕事を離れてからでも、復職する人が多くなっています。しかしそれは、時間も労力もかかる大変なことです。そこで今回は、正社員になるコツ、またパートと正社員の違いについてご紹介します!

301

最近は女性の社会進出も進み、共働き世帯のほうが専業主婦世帯よりも多い世の中になりました。出産や育児でしばらく仕事を離れてからでも、復職する人が多くなっています。しかしそれは、時間も労力もかかる大変なことです。そこで今回は、正社員になるコツ、またパートと正社員の違いについてご紹介します!

 

(1)主婦から正社員へ…実際どうなの?

302

一回仕事を離れてしまった主婦にとっては、正社員としての就職は難しいように思えるかもしれません。ではどのようにすればよいのでしょうか?再就職に時間がかかってしまうという場合は、パートからはじめて正社員を目指す方法もあります。パートから正社員になるには大体平均で1年程度かかると言われており、その方が早く正社員になれることが多いのです。その間にも給料をもらえるため、就職に苦労するぐらいならパートから始めても良いでしょう。

また主婦の間に資格を取得するというのもコツの一つです。資格があれば能力の証明にもなりますし、それだけの準備をしてくるやる気があると思ってもらえるので、それは主婦から正社員への再就職を叶えるための大きなプラス要素となるでしょう。それでも主婦からの正社員への再就職は難しいという場合は、人脈やコネを使うというのも方法です。ただ正攻法だけで挑んでいっても限界がある場合もあります。

過去に正社員経験があったりすればなおさらのこと、コネや人脈等を使えば意外とすんなり話が進むこともあるかもしれません。

 

(2)正社員のメリット

303

まず、主婦が正社員として働くことの最大のメリットとして、主婦の年金額がアップするということがありますパートや専業主婦の場合でも加入している国民年金では、年間約79万円ほどの年金の受給が見込める一方で、正社員として働く場合これに上乗せして厚生年金が受け取れるようになるんです。79万円に加え+αが貰えることになるので、老後のゆとりを生みますし、その差は大きいと言えるでしょう。また妻の退職金が老後の生活費の計画に組み込めるようになるのも安心ですね。さらに、実は夫の生命保険料の負担が抑えられるようになるというメリットもあるんです。共働きの場合は、夫が病気になり収入がなくなってしまうということがあっても、今後妻が働いて得る収入の分が考慮に入るので、その分夫に必要な生命保険の保障額が低く抑えられます。

例えば、妻が専業主婦の場合夫の生命保険の保障額が3,000万円必要なところが、妻が正社員として働くならば2,000万円にまで抑えられるという場合がよくあるんです。つまり保険料が安く済みます。

 

(3)正社員求人のおすすめ

304

しばらく専業主婦だった人が新たに仕事を探すのはもちろん大変なことですし時間もかかり、少し不安もあるものです。そこでおすすめなのが、子連れで行けるハローワークである「マザーズハローワーク」です。マザーズハローワークにおいても一般のものと同じ求人情報を見ることもできますし、子どもがいる主婦でも働きやすい「土日と祝日休み」、「残業なし」などの条件を加えてその中でも主婦向けの求人だけを抜き出して閲覧することもできます。

履歴書の添削や、模擬面接までしてもらえるのでおすすめですよ。

 

(4)最後に

125

以上、主婦が正社員になることについてご紹介しました! 確かに再就職は大変なことです。そのために、ハローワークや転職サイト、転職コーディネーターなど、コネや人脈以外のものまで、活用できるものはすべて活用しましょう。そういうものを全て使い、さらに資格をとるなど自分から動き出すことをすれば、きっとよい就職先も見つかり、主婦から正社員への再就職もスムーズにいくことでしょう。

https://careerpark.jp/65204
http://mainichipost.com/post-456-456