主婦がパートを始める前に気をつける3つのこと

主婦がパートを始めるにあたり、知っておきたい仕組みがいくつかあります。今回はその中から、最低賃金と、年収と控除」「扶助」の関係についてご紹介します! ぜひ知っておきましょう。

291

主婦がパートを始めるにあたり、知っておきたい仕組みがいくつかあります。今回はその中から、最低賃金と、年収と控除」「扶助」の関係についてご紹介します! ぜひ知っておきましょう。

 

(1)パートを始める前に気をつけること①「最低賃金」の確認

292

法律で定められている労働者を雇用した場合の最低賃金は、都道府県によって変わってきます。最低賃金には、各都道府県に一つずつ定められた「地域別最低賃金」と、特定の産業に従事する労働者を対象に定められた「特定(産業別)最低賃金」の2種類があります。それらのうち金額の高い方が最低賃金となるのです。最低賃金は、「時間給」で表示されているため自社の給与が日給や週給、月給制の場合には、時間給に換算して賃金を上回っていることが必要となります。

都道府県労働局長の許可を受けることがあれば最低賃金よりも低い金額が適用されることもありますが、今一度確認してみましょう。高い自給を求めて、近隣の都道府県まで足を運んだ方がいい場合もあるでしょう。

 

(2)パートを始める前に気をつけること②稼ぎすぎたら損になる!?気になる「控除」「扶助」のハナシ

293

たとえば主婦などが家計の補助のために働きに出ているような場合は、「扶養・控除の範囲」を考慮しないと税金が余計にかかってしまう場合があります。アルバイト・パートで得た年間の収入が扶養や控除に関係する条件が変化するのは、年収が「103万円」「130万円」「141万円」を超えた時になります。

それぞれの「壁」を超えると条件がどう変わるのかをご紹介します。

 

(3)「扶養」は、年収が変わるとどうなるの?

294
画像出典:https://jinjibu.jp/f_recruit_b/article/detl/outline/900/

①103万の壁
年収が103万円を超える変化は2つあります。つめはに「所得税」がかかってくることです。合計控除額103万円までが認められるため、年収が103万円までなら所得税を納める必要はないのですが、103万円を超えると、その超えた分が課税対象所得となってしまいます。また103万を超えると、妻は「配偶者控除」の対象外になります。妻が『税法上の扶養家族』として区分されると、配偶者の給与所得から「配偶者控除38万円」が認められますが、妻の年収が103万円を超えた時点で配偶者控除はなくなります。代わりに「配偶者特別控除」が適用され、扶助が一部になるのです。これは10段階で徐々に減額される仕組みとなっています。

②130万の壁
妻のパートの年収が130万円未満の場合、妻は『保険上の扶養家族』となり、夫の社会保険の被扶養者として扱われます。したがって妻は健康保険料を負担する必要はないんです。年収130万円を超えると、パートで働く妻は、健康保険と公的年金の支払い義務が生じ、これは年収を150万円程度まで増やさないと、手取り金額は逆に減ってしまうのです。さらに、家族手当(配偶者手当)が会保険の負担と並び、夫の勤務先の就業規定によって扶養家族の範囲が定義され、支給されている場合は、それも扶養手当をはずれるともらえなくなってしまいます。月額5000円~2万円と高額なため家計への打撃は大きいでしょう。

③141万の壁
妻のパートでの年収が141万円を超えた場合、10段階で徐々に減額されていた夫の「配偶者特別控除」が0になります。

 

(4)最後に

295

以上それぞれの壁について解説しました。夫の勤務先に家族手当がない場合は、配偶者特別控除による103万円の壁の家計への影響は比較的小さいため、近年では年収103万円をあまり意識しないで働く人の方が多くなっています。ですが、主婦パートに対して行われたある調査によると約半数が「自分の収入に上限を設けている」と回答しているのも実情です。収入が増えれば増えるほどそれによる税金も高くなったり不要免除もはずれることは気に留めておきましょう。

引用出典:
http://taxmurata.jimdo.com/
https://jinjibu.jp/f_recruit_b/article/detl/outline/900/