• HOME
  • 仕事・キャリア
  • シングルマザーに人気の仕事ランキング 仕事選びの大切なポイントは??

仕事・キャリア

シングルマザーに人気の仕事ランキング 仕事選びの大切なポイントは??

これからシングルマザーになる方は、きっと仕事選びに頭を悩ませていることでしょう。今まで専業主婦だった方はもちろん、パートなどで働いていた方も、これから一家の大黒柱にならなくてはいけません。当然、条件のいい仕事を見つけた方が有利でしょう。

また、保育園の送迎をはじめとして、家事・育児を一人でこなしながら仕事をしなければならないので、子どもの急な発熱などに備えておく必要があります。それには、時間の融通が利くことが仕事選びの大きなポイントとなるでしょう。

そのようななかで、シングルマザーはどのような仕事をしたらいいか、人気の仕事は何かなどをまとめてみました。

■シングルマザーが仕事に求める基準とは

ここでは家庭と仕事を両立するシングルマザーが仕事を選ぶうえで考えなければならない基準についてご紹介します。

①収入が多いか

女手一つで家計を支えないといけないシングルマザーにとって収入の多さは欠かすことのできない基準ですね。

②子どもとの時間が取れるか

とくに小学校低学年までの小さいお子さんをお持ちの方には重要な基準ですよね。子どもの健全育成には親と過ごす時間は大切なものです。

③子育てに理解のある会社か

家庭訪問や保護者会などの行事や、子どもの病気や怪我など就業日においても休まなければならないことがあります。とくに子どもの病気や怪我など突然の出来事の場合、病院へ連れていかなければならないのに仕事が休めないという状況では大変です。

一人で子育てをする母親にとって、子育てに理解がある会社かどうかとは大切な基準となります。

■小さな子どもがいるシングルマザーに人気の仕事ランキングTOP3

小さな子どもがいるシングルマザーにとっては上記の基準の②子どもとの時間が取れるか③子育てに理解のある会社か、の2点がより重視されランキングは以下の通りとなっているようです。

◎第1位 医療事務

医療事務の資格が必要ですが、比較的簡単に取得できる資格です。総合病院をはじめ小さなクリニックなどにも必要とされるため、職場が多く、正社員・パート社員・派遣社員など雇用形態もさまざまで生活にあったものを選ぶことができます。医療関係ですので、子どもの病気などにも理解があります。

◎第3位 介護事務

高齢化社会の日本において引く手あまたの職業。ヘルパーや介護福祉士と違い定時での勤務のため、子どもとの時間を取りやすいという魅力があります。また、必要な資格も取得が難しいわけではないのでチャレンジしてみてはどうでしょうか。

◎第2位 調剤事務

資格が必要ですが、受験資格の条件がなくしっかり勉強すると簡単に取得できる資格となっています。仕事が比較的楽で、定時に帰れるという魅力があります。また、全国どこにでも職場があることも大きな魅力です。

■子どもが大きくなったシングルマザー人気の仕事ランキングTOP3

進学に独り立ち、子どもが大きくなったシングルマザーにとって仕事選びの基準として上記の①収入が多いか、が重要になってきます。ランキング配下の通りになります。

◎第1位 看護師

国家試験に合格しないといけませんが、年収ラボによる2015年の平均年収は478万円となっています。収入が高く、働き口が豊富にあることが魅力となっています。准看護師と仕事内容はほぼ同じなので、どうせなるなら収入の高い看護師を目指してみてはどうでしょうか。

☆看護師の資格を取るなら職業訓練促進給付金

自治体によっては、看護師や保育士などの資格を取るために学校に通う場合、一定の給付金を支給してくれるところもあります。

例えば、立川市だと、「母子家庭及び父子家庭高等職業訓練促進給付金」として通学している間、住民税の額によって10万円前後が支給されます。また、上記に当てはまらない資格の場合も、資格取得のための費用として受講料の60%(受講料の上限はあります)が支給されるという制度もあります。こうした制度を使って、キャリアアップにつなげるのもいいですよね。

◎第2位 准看護師

国家資格である看護師とは違い、各都道府県の試験に合格する必要がありますが、その難易度は正規の看護師よりも低くなっていることが魅力の一つです。年収ラボによると15年の平均年収は395万円となっています。

◎第3位 ケアマネージャー

在宅介護者のケアプランを制作したり、要介護者のニーズをくみ取ったりする仕事です。資格取得は比較的簡単で、平均年収は369万(15年、年収ラボ調べ)となっています。

■そのほか、シングルマザーが働きやすい仕事

◎介護職

介護職は人手不足ということもあり求人が多いので、就職しやすいというメリットがあります。また、アルバイト・パートから正社員に転換が可能な会社も多く、長く続けることで将来的に安定した環境を手に入れることもできます。

上記でご紹介したケアマネージャーなどの資格を取ることで、給料が上がることも魅力の一つです。

◎一般事務

一般事務は人気の職業ですね。また、正社員として働くには安定している職種といえます。会社によっては、子どものいるお母さんだけで事務員が構成されていたりと、理解のある人が多いということもあり、休みや早退などがしやすいといいます。

◎歯科衛生士

歯科医院は増えていますよね。歯科衛生士になれば、病院の数が多いため、自宅から近いところを選びやすく、夜勤もないため働きやすいといえるでしょう。

歯科衛生士も看護師同様に国家資格が必要で、専門学校などに3年間通うことになります。シングルマザーなら、国からの支援制度を受けることができます。無料貸し付けも利用できます。

資格取得まではお金がかかりますが、歯科衛生士も看護師ほどには給与は高くないものの、それでもシングルマザーの平均年収の1.5倍あるといわれています。夜勤の心配もなく、夕方には仕事が終わるため、子どもとの時間も確保したいママにもおすすめです。

◎保険外交員

保険外交員は大変そうというイメージもあり、なかなか候補に入れていない方が多いと思います。ただ、シングルマザーにはメリットも多く、会社によっては休みや早退がしやすかったり、頑張れば短期間でかなり給料が上がったりなど、一人で子育てするにはいい面もあります。

一方で、いろいろな面でストレスもあり、収入も不安定になるというデメリットもあります。会社によっては、半年間は固定給が保障されるというところもあるので、在籍して様子を見ながら同時に求職活動もするというのも一つの方法かもしれません。

◎家事代行

今まで専業主婦だった人の場合、いきなり仕事をするのは不安もあります。そういう方にとって、家事代行はこれまでの主婦経験を生かせるのでいい仕事といえるでしょう。共働き世帯も増えてきているので、今後この仕事への依頼も増えてくることが期待できます。

◎コールセンター

会社によっては在宅でできるところもあります。こちらは時給が高いことがとても魅力の仕事です。それだけに、クレーム対応などきつい面もあります。そういったことにもタフに立ち向かえる人におすすめの仕事です。

■シングルマザーを歓迎している企業の情報をチェックすることも大切

「特定求職者雇用開発助成金」を取り入れている企業は、シングルマザーを積極的に雇用している可能性があります。企業側がシングルマザーについて理解をもっていてくれると、働きやすいものですよね。求職する際にこの制度を取り入れている企業を積極的に探すのは良い手かもしれません。

※「特定求職者雇用開発助成金」…シングルマザーを雇用する企業に対して国が助成金を支払っている制度のことです。

■子育てママ必見! 育児と仕事を両立させるコツ

仕事は見つかったけれど、子育てと両立できるか不安…、そんな方は少なくないと思います。とくに毎日のように朝から夕方まで仕事をすると、子育てや家事が思うように進まなくて苦労することも多いでしょう。そんなときに少しでも楽になるコツを考えてみました。

◎子育て支援サービスを活用する

仕事が遅くなるママはファミリーサポートを利用しましょう。ファミリーサポートは登録している近くの住民が子どもを預かってくれる自治体のサービスです。保育園や学校の学童では時間延長ができるところもありますので、活用できるものは活用しましょう。

◎時間の長さより質で子どもと触れ合う

日中一緒にいられないことを引け目に感じていませんか。子育てに大事なのは量より質です。一緒にいられる時間が短いからこそ、子どもがかわいくて大事にできる気持ちが持てるというママもいます。長くいるとストレスだって溜まりやすくなるものです。

夕方や夜、子どもに会ったらぎゅーっと抱きしめてあげてください。一緒にいられる時間はできるだけくっついてあげること、それだけで十分愛情が伝わるものです。

◎食材宅配サービスや総菜を活用して時短

帰宅してご飯を作るのって家事の中で一番大変ではありませんか。そんなときこそ、配達してもらった食材だけでぱぱっと作れる食材宅配サービスや、スーパーなどの総菜や冷凍食品を活用しましょう。時短にもなるし、何より楽です。

◎朝に家事や料理の下ごしらえをする

仕事を始めるなら、朝型にシフトして、ちょっとだけ早起きしましょう。夕飯の下ごしらえを朝にしておくととても楽ですよ。

◎「自分のことは自分でできる」子どもに育てる

子どもには、自分のことは自分でする意識を育てていきましょう。明日学校に行く服を用意させておくだけでも朝の時間のゆとりが変わってきます。ごはんのときの配膳などのお手伝いもさせていくと子どもの発達にもいいと聞きます。学校に通う子どもを持つママは、上履きを洗うことも子どもにさせておくといいですよ。

~おわりに~

将来を見据えてしっかりと仕事を選んでいるシングルマザーは大勢います。資格や免許がある仕事は、取得までは大変ですが、その後が有利になることが多いようです。人によって向き不向きもあるし、したくない仕事はいくら長続きできるといわれても実質長続きできないので、よく考えてから挑んでくださいね。

(文/ゆー、あやん、結月史奈、ちびまる子 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

【合わせて読みたい】

シングルマザーの仕事事情 正社員で働く? パートで働く? それとも派遣?

 
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:仕事・キャリア

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!