• HOME
  • 仕事・キャリア
  • 医療事務の仕事はシングルマザーにぴったり? 必要な資格や給与は?

仕事・キャリア

医療事務の仕事はシングルマザーにぴったり? 必要な資格や給与は?

シンママStyle編集部

医療事務の仕事は、シングルマザーが働きやすい職種として人気があります。この記事では、人気の理由のほか、医療事務の仕事内容や必要な資格、正社員やパートの勤務体系や平均的な給与などについてたっぷりご紹介していきます。医療事務の仕事に興味のあるシングルマザーの方はぜひチェックしてみてくださいね。

■医療事務がシングルマザーに人気の理由とは?

病院は全国どこにでも存在するもの。都市部に限らず、地方でも多くの求人があります。募集さえ出ていれば自宅や幼稚園、学校などから近い病院やクリニックで働ける可能性もあります。

また、職場に女性が多いため、子育てへの理解が得られやすい傾向にあることも人気が高い理由のひとつのようです。シングルマザーは、子どもの幼稚園や学校のイベントがあるときや、子どもが急に風邪を引いてしまったとき周囲に頼る人がいなければ、どうしても仕事に穴を開けなければならないときもあります。

子育ての大変さを理解してくれやすい女性が職場に多いのは安心感がありますよね。

また、仕事の専門性が高いため、経験を次に生かせるので引っ越しをしても再就職につながりやすいのも魅力的です。

■仕事内容は?

医療事務の仕事は、大きくいえば病院における医療行為以外の事務関係が該当します。内容は、基本的な事務作業から医療に関する知識が求められるものまでさまざま。病院によって勤務体系は異なるものの、「受付」「会計業務」「レセプト業務」の3つが主な内容になります。

病院によっては「クラーク業務」が求められることもあります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

◇受付

まず行う業務内容は、病院の窓口となる受付です。保険証や診察券を預かったり、診療申込書を書いてもらったりするほか、総合病院の場合は傷病内容に応じた受診科への案内も行います。

病院を訪れる患者さんのなかには、自身の病状や手術などに不安を抱えている方もいます。また、忙しい日は混み合って、多くの患者さんに長い待ち時間が発生してしまうことも。

受付は、患者さんにとっては病院の最初の顔となる人です。病院の印象にも関わるため、丁寧かつスムーズな対応で安心感を与えてあげることが大切。事務仕事だけでなく接客としての側面も意識しましょう。

◇会計業務

診療や処置後のお会計も医療事務の仕事のひとつです。保険診療であれば、医療費の全てを患者さんに請求するのではなく、患者さんが加入している医療保険をもとにした割合を請求することになります。診療報酬点数表を見ながら正しく計算し、必要な診療費用を患者さんに請求しましょう。

◇レセプト業務

医療事務の仕事の中で最も専門性を求められるのが「レセプト業務」と呼ばれるものです。お会計で被保険者(患者さん)に医療保険をもとにした費用を請求した後は、残りの負担割合を保険者に対して請求する必要があります。

このためには、必要な診療費用を健康保険組合に対して請求するための書類「レセプト(診療報酬明細書)」を作成しなければなりません。

計算などの細かい作業はPCによって自動化されていますが、医師が作成したカルテをもとに診療対象となった病名や処置、薬名などを記載する作業は医療事務によって行います。もしもカルテで不明瞭な点があれば医師に確認することが必要です。

このため、傷病名と処置内容、薬の内容に整合性が取れているかを正しく理解できるだけの知識が求められます。

書類の内容を間違えると再提出を求められて支払いが滞ったり、最悪の場合は支払いを受けられなくなる恐れも。職場の収入に影響を与える可能性があるため、責任の大きい仕事です。

レセプトは、診療行為を行なった翌月の10日が提出起源のため、月末から月初にかけて業務量が多くなる傾向にあります。

◇クラーク業務

医療事務とは区別して募集されることもある「クラーク」の仕事。大きくいえば、レセプト以外の事務作業に当たり、医師や看護師が患者のケアに専念できるようにサポートする役割になります。病院によっては医療事務でレセプトとクラークの両方を担当することも。

クラークといっても「外来クラーク」「病棟クラーク」の二つに分けられ、仕事内容は幅広く病院によって異なります。

「外来クラーク」は、患者さんと医療スタッフの橋渡しを行う仕事です。順番が来た患者さんを呼び出したり、レントゲン準備や検査データの準備なども行います。

「病棟クラーク」の場合は、入退院手続きや食事伝票の管理、手術・検査スケジュールの管理など、事務作業の全般を担当します。

総合病院のような大きい病院はそれぞれの診療科に配属されることが多いですが、個人病院のような中規模の病院ではクラーク業務全般を担当することも。覚える内容が多い上、病院によって業務内容が異なるので経験者でも初めは苦労するかもしれません。ただ、より医療に深く携われるのでやりがいは感じられるはず。

クラーク業務を避けたい場合は、医療事務と分けて募集しているところやクリニックなどの小規模な医療機関を選ぶようにしましょう。

■仕事を始めるのに資格は必須?

医療事務は国家資格を必要とする業務ではないので、資格は必須ではありません。ですが、民間機関による医療事務関連の資格はさまざまなものがあります。

資格の取得が必須ではないとはいえ、医療事務は専門的な知識を求められる仕事。働きながら覚えていくのは教わる側も教えられる側も苦労してしまいます。そのため、医療事務に関する資格を持っていれば基礎知識があるとみなされて採用が有利になったり、職場で優遇してもらえる可能性もあります。

30種類以上あるといわれる医療事務関連の資格試験のなかで、今回はとくにメジャーなものを3つピックアップしてご紹介します。

◇診療報酬請求事務能力認定試験

こちらは、数ある医療事務関連の資格の中でも最難関といわれている試験です。合格率は約30%と低いですが、持っていれば採用時や就職後の待遇面でも優遇してもらえる可能性が高い資格です。とくに正社員を目標とするなら取得を目指して挑戦してみる価値はあります。

試験は学科試験と実技試験(診療報酬請求事務)に分かれており、両方で合格基準を満たす必要があります。幅広い知識や実践的なスキルが試されるため、時間をかけて勉強することが必要です。

試験は年に2回(7回、12月)しかなく、全国各地の指定会場にて受験する必要があります。受験チャンスが多くない上に難易度も高いため、早い段階での医療事務への就職を希望するならあまりおすすめはできませんが、将来的に医療事務の仕事に携わることを目指すならぜひ挑戦してみてほしい資格です。

未経験かつ独学でのチャレンジは、不可能ではありませんが難しい道のり。専門学校へ通うのが時間や費用面で難しい場合は、通信講座なども検討してみてはいかがでしょうか。

◇医療事務管理士 技能認定試験(医科)

こちらは、日本で最も歴史のある医療事務資格です。技能認定振興協会(JSMA)が実施しており、合格すれば「医療事務管理士」を名乗ることができます。

合格率は約50%のため、診療報酬請求事務能力認定試験と比べれば易しい資格試験といえます。ですが、医療保険制度の理解や診療報酬の算定、カルテ管理など専門的な知識を求められるので、十分勉強時間を確保する必要はあります。

テキストは市販されておらず、教育サービス「ソラスト」のWEBサイトのみで試験対策問題集の購入が可能です。メルカリなどで使用済みテキストが売られている可能性もあるので、費用を抑えたい方は探してみましょう。

会場での受験チャンスは年6回あり、最近はインターネット環境とPCがあれば在宅でも受験できる「IBT試験」も導入されたため、より受けやすくなりました。IBT試験は随時実施されているため、忙しいシングルマザーでも都合を合わせやすいのでおすすめです。

こちらも学科試験と実技試験(レセプト点検、レセプト作成)があり、両方で合格基準を満たす必要があります。

◇医療事務技能審査試験

こちらは、日本最大級の医療事務試験です。こちらに合格すれば「メディカルクラーク」と名乗れるようになります。合格率は非公表であるものの推定約60%といわれており、比較的合格を狙いやすい資格試験といえます。

こちらは学科試験と実技試験Ⅰ・Ⅱに分かれており、実技試験では、診療報酬請求事務や明細書点検のほか、窓口や電話での対応業務に関する「患者接遇」についても記述式で問われます。

それぞれで合格基準を満たすことが求められますが、合格基準に達した科目は6カ月間限定で免除されるため、期間内に再チャレンジすれば不合格だった科目のみの受験で合格が狙えます。

試験は在宅で受験できる「IBT試験」により行われ、毎月(年12回)受験チャンスがあるので、一度落ちてしまっても短期間で再挑戦できるのがメリットです。まずはこちらの資格を取得して基礎知識を身に付けてから、医療事務管理士技能試験や診療報酬請求事務能力認定試験にチャレンジしてみるのもいいでしょう。

■正社員のメリット・デメリットは?

「はたらいく」のデータによれば、医療事務の正社員の平均年収は254万円、月収は18万円となっています。手取りはもう少し減るため、母子手当もしくは養育費などで補いたいところ。

正社員のメリットとしてはやはり社会保険やボーナス、退職金があることです。さらに、勤続年数によって昇給制度があるところも大きなメリットです。また、病院なので福利厚生がしっかりしている傾向にありますが、長期休みは取りにくいのが難点です。

また、時期によっては残業が発生することも。とくにレセプト作成時期は忙しい傾向にあります。定時に帰れるかどうかは職場の子育てへの理解次第です。女性が多いので、比較的理解は得られやすい傾向にあるとはいえ、やはり職場による部分が大きいため見極めが必要です。

■パートのメリットは?

医療事務の仕事は求人に事欠くことが少ないとはいえ、全体的にはパートの募集が多めです。地域にもよりますが、時給の相場は900円程度です。昇給やボーナスなどはありませんが、残業がなく子どもに合わせてスケジュールを組めるのは大きなメリットです。

職場によってはパートからの正社員登用制度があることをうたっているところもありますが、勤続年数よりも経験や年齢を優先されてしまうこともあるので、あまり当てにしすぎないように注意しましょう。

☆まとめ

求人が多い医療事務の仕事は、子育てをしている女性にとって比較的働きやすい職場といえます。専門性が求められるからこそ、働いた経験をスキルとして積み上げていけるのも魅力的な点です。ただし、職場によりますが給与面を考えると、必ずしもシングルマザーにぴったりとは言い難い部分も。子どもの人数や養育費の有無なども考慮しつつ検討してみてくださいね。

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:仕事・キャリア

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!