仕事・キャリア

フルタイムで働くシングルマザーがやっている子育ての工夫は?

ゆー

子どもが小さいときに、フルタイムで働くのはとても大変ですよね。世の中のシングルマザーは、どうやって子育てをしているのでしょうか。そこで、フルタイムで働くシングルマザーが、子育てでしている工夫をまとめました。

■子どもとの時間を作る工夫

平日は働いているシングルマザーがほとんどなので、子どもとの時間を持つことは難しいと感じられるかもしれません。でも、帰宅してもっとも忙しいのは、おそらく夕食を作るところまででしょう。そこからは親子の時間です。片付けが大変なら翌日に回してもいいし、食洗機を使ってもいいでしょう。

あるシンママさんは、夕食の後は子どもの宿題を見てやったり、子どもと1日のことを話したりしています。夜お風呂に入った後に、寝る前、絵本を読んであげているママもいます。

そして、フルタイムで働くママは、休日は子どもとお出かけをしたり、子どもと遊んだりする時間を目いっぱい持っています。親子で一緒にいる時間は限られているからこそ、その限られた時間で、どう過ごすかを考えてみるといいかもしれません。

■子育てに理解がある会社を選ぶ

シングルマザーや子育てに対して理解がある会社であれば、シングルマザーにとって働きやすいといえますよね。実際にシングルマザーが働いている会社や、シングルマザーを歓迎するといっている会社などもその1例です。

また、時短勤務があり、残業がない会社、そして有給が取りやすい会社も、小さい子どもを育てているママには必要な条件かもしれません。

それらすべてをかなえてくれる会社はなかなかないかもしれませんが、フルタイムとして子どもを育てながら仕事をすることは、精神的にも肉体的にも大変なことです。女性やママにとって働きにくさを感じる会社では、フルタイムとして長く続けていくことにいつしか疲れてしまいますよね。

子育てしながらフルタイムで働き続けるために、ここだけは!という条件は持っておくといいでしょう。

■子どもにお手伝いをさせる

仕事から帰って夕方に洗濯をする人や、夜中に洗濯をして朝取り込む人、さまざまでしょう。仕事から帰ってすぐに洗濯ものを取り込むママなら、子どもに手伝ってもらうのもいいでしょう。年長さん以上であれば、最初は取り込むのもたたむのも下手だと感じられても、徐々にうまくなっていきます。

その間、ママは夕食作りに専念できますので、かなり家事の時短ができます。小学生でも中学年以上になると、なかなかすぐにお手伝いをしてくれないこともあります。そんなときは、お小遣い制にして、お手伝いしてくれたら100円という風にしているママもいます。

ご飯の配膳も、お箸を並べたりテーブルをふいたりすることくらいなら、園児でもできます。一つずつならお皿や汁椀も運べるでしょう。少しずつできることを増やしていくことで、子ども自身も自立が早くなりますよ。

■普段しないことをたまに子どもとする

フルタイム勤務では、パートタイムよりも子どものお迎え時間が遅くなりがちです。そういうことに寂しさを感じる子どももいます。子どもは子どもなりに寂しさを抱えながらも頑張っています。

平日は子どもと過ごす時間は短くならざるを得ないので、仕事が休みの日や子どもが病気で休む日などに、特別なことをしてあげているというママもいます。

たとえば、風邪を引いて病院に行った帰りに子どもが好きなアイスクリームショップに行ったり、休みの日にたまにしか行かない映画館に行ったりするだけでも、子どもは喜んでくれます。毎度はできないことですが、たまに一緒に過ごすときに、ちょっと特別で、子どもが笑顔になることをやってあげるのもおすすめです。

☆おわりに☆

フルタイムで働きながら子育てをしていく工夫はいろいろあります。ここでは、フルタイムで働くシングルマザーが子育てでしている工夫に限定してまとめました。みなさん、時間がないなかで、子どもとの時間をどう持つかに工夫されています。参考になると思うところがあれば、ぜひ実行してみてください。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:仕事・キャリア

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!