• HOME
  • 仕事・キャリア
  • 子育てと両立したい!シングルマザーが活躍できる求人を探すポイントとサイトを紹介します!

仕事・キャリア

子育てと両立したい!シングルマザーが活躍できる求人を探すポイントとサイトを紹介します!

シンママStyle編集部

 

お金をしっかり稼ぎたいけど、子育ても大切にしたいシングルマザーを受け入れてくれる企業はあるのかと悩みますよね。実際、シングルマザーを雇用した中小企業に対し、国から補助金がおりる制度(特定就職者雇用開発助成金)によって、シングルマザーを積極的に雇用する会社が増えています。前向きに仕事探しをしてみませんか。30

 

■シンママが仕事を探す時のポイント

 

1…決められた時間内に働けること

子どもが小さいうちは、保育園の送迎もあって忙しいです。実家などが近くて祖父母に頼っている人もいます。そうでない場合は、決められた時間の制約の中で働ける仕事を探すことが求められます。

 

2…子育て中の人が多い職場であること

子育て中のママが多くて、普段から助け合っている、そんな職場は理想的ですね。実際に同じ境遇の人がいれば理解もしてもらいやすいし、仕事以外の相談もしやすいし、安心して働けるのではないでしょうか。

 

3…福利厚生がしっかりしていること

子どもは忙しい時に限って熱を出すなど調子が悪くなってしまいがちです。子どもが急病の時にも休みを取れるかを確認しておく必要があります。子どもの参観や行事などには、なるべく出席したいですよね。そんな時でも、有給休暇が取れるなど、福利厚生がしっかりしているかどうかも大切です。

 

■仕事探しの方法~おすすめサイトなど~

 

1…マザーズハローワーク

子育て中のママの仕事探しをサポートしてくれる「マザーズハローワーク」。母子家庭の生活相談や就労支援を行っている機関もあるので、一般の求人サイトと合わせて利用しましょう。

 

こちらのホームページ(ttps://jsite.mhlw.go.jp/osaka-mother/_116049.html)では、ハローマザー企業を紹介しています。ハローマザー企業に登録するためには以下の1つの条件をクリアしている必要があるようです。

 

  • 勤務時間を保育・介護施設などの送迎時間に対応したものにできる(残業含む)
  • 子どもの急な病気等や保育所・学校等の行事または介護の際に1日または時間単位で休暇を取得できる

(シフトを調整して休みにする場合も含む)

  • 託児施設を利用できる
  • 家庭(子育て・介護など)に時間を要する一定時間をパートタイム勤務で働き、その後、希望によりフルタイム(正社員)に変更することができる
  • 妊娠、出産、育児、介護を理由に退職した従業員を再雇用する制度がある
  • 上記以外で配慮できる内容がある

 

2…Indeed(インディード)のサイト

こちらのトップページ(https://jp.indeed.com/)から、キーワードに「シングルマザー」、勤務地を入力するといろいろ企業名が出てきます。シングルマザーが活躍していると書いていたり、シングルマザー手当を導入していたりする会社まであります。

 

3…求人ボックス

こちらのトップページ(https://xn--pckua2a7gp15o89zb.com/)から、キーワードに「シングルマザー」と希望勤務地を入れて検索します。東京都だけで4500件近い求人がヒットしました。自分に合う企業を絞り込んで探すことができます。

 

■おすすめの仕事内容

 

1…学校給食調理員

主婦の方から若い方までいろいろな女性が働いています。調理補助の仕事なら未経験でも働けますし、2年間以上働けば調理師免許の受験資格がもらえるなどスキルアップも図れます。ただ、学校がお休みの夏休みなどには仕事がないので、その間は他の仕事などを探さなければなりません。土曜日日曜日祝日など学校が休みのときに合わせて休みになるので、子どもとの時間を大事に過ごすことができるのがメリットです。

 

2…医療事務

受付、会計、レセプトなど複数の業務があります。レセプト作成業務では、医療費点数計算などの仕事をするため、専門知識が必要です。未経験からでも始められますので、経験を積みながら資格を取ることを目標に働くことができます。比較的休みも取りやすく、病院によっては午前と午後診療で分けているところもありますので、フルタイムで働くことが難しいママにもおすすめです。

 

3…スーパー(レジ・品出し)

主婦などの女性が活躍していて、シフトなどで子どもの学校行事に合わせて休みが取りやすいのがメリットです。自宅近くのスーパーなら移動時間などのロスが少ないのも魅力です。

 

4…飲食店(ホール・キッチン)

接客が得意ならホール、苦手ならキッチンと選ぶことができます。子どもが学校に行っている間に働くことができます。

 

5…工場(軽作業)

軽作業といっても実際には重い物を持つことがある会社もあるので、選ぶときには気を付けましょう。勤務時間が固定されていることが多く、残業も少ないです。9時に始まって16時くらいに終わるところも多いので、時間に余裕を持たせたいママにもおすすめです。

 

6…一般事務

過去に会社での事務経験があると採用されやすいです。また、シングルマザーを歓迎する会社も一般事務に多いです。営業職と比べれば転勤や異動の心配がほぼありません。会社にも寄りますが、総合職よりは残業も少なく、女性が多く活躍しているため、働きやすいといえます。

 

7…介護職

資格があれば働けます。高齢化によって需要が高い仕事です。時間の融通も効きやすいのも魅力です。

 

8…保育士

保育士資格が必要ですが、働くママが増えているので、ニーズが高い仕事といえます。子育て経験も生かせるので、子どもが好きなママにおすすめです。

 

~まとめ~

 

無理なく、自分に合った仕事を探しましょう。シングルマザー歓迎の会社も増えてきていることはうれしいですね。いろんなサイトや制度を活用し、子育てやシングルに対する理解がある会社を選んで無理なく両立をしてくださいね。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:仕事・キャリア

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!