働きながら子育てをしている中、転職したいと思うのは何故?

今回は、仕事と子育てを頑張っているシンママが転職を考える理由に迫ります。

タグ: ,

 

仕事と子育てを頑張っている中、どうしても時間配分が上手くできなくて疲れてしまうママもいるでしょう。夫と共働きをしている家庭は、まだ夫の協力を得ることができます。けれどシンママ世帯は、何もかも一人で熟さなくてはなりません。

 

子供の体調不良などで仕事を休まざるを得なくなり、職場に居づらくなることもあります。そして職場環境自体が自分にあっていないと感じるようになってきます。このような時に転職を考えるシンママは多いのではないでしょうか?

 

今回は、仕事と子育てを頑張っているシンママが転職を考える理由に迫ります。

 

■転職を考える理由とは?

 

シンママが転職を考える最も大きな理由は、やはり経済面を考えてのことです。それと並行して労働時間も関係してきます。収入も不安定で時間的にも余裕がないと、生活することに行き詰ってきます。最近ネグレクトが問題になっていますが、シンママに心の余裕がなければ子育てはできないでしょう。

 

シンママに限らず女性には母性本能があるから、子供を虐待するなんて考えられない!という人がいます。けれど精神が落ち着いていなければ、確かな判断ができないことがあります。まして経済的に困窮していれば、人の道を外れていることすら分からなくなってしまうのでしょう。勿論しっかり生きている人もいますから一概には言えませんが、子育てや仕事に疲れているのは確かです。

 

転職することで、収入や労働時間が少しでも希望に近づけば、働く意欲も湧いてきます。希望通りの仕事は見つけにくいですが、仕事と子育てに行き詰っているなら転職を考えるのも一つの解決策でしょう。

 

■シンママが仕事をする為には?

 

◆子供の預け先

就学前の子供がいる場合は、保育園か幼稚園に預けることになります。一番良いのは実家にお世話になることですが、実家と疎遠だったり遠方だったりすると難しいでしょう。

 

保育園には認可と無認可があって、認可保育園は国の基準を満たしている為安心して預けることができます。保育料も安いので人気がありますが、数が少ないのがデメリットと言えます。つまり利用したくても中々利用できないということです。

 

無認可の場合は24時間預かって貰える所もあって、シンママには有難い施設と言えるでしょう。けれど保育料が高額であったり、環境が劣悪であったりしますから、事前にリサーチしておかなければいけません。仕事をする前に、子供の環境を整えておくことが先決です。

 

◆自分に適した条件を明確にしておく

子育てと仕事の両立が必須ですから、自分が求めている仕事の条件を明確にしておきましょう。賃金が良くても残業があったりすれば、子供への影響が出てきます。子育てに支障がでるような仕事は避けるべきです。

 

何とかなるというような曖昧な考えはせず、融通が利くかどうかも把握しておきましょう。子供の病気などで欠勤すると、即クビというような会社もあるようです。会社側からすると、出きれば時間的に制約があるようなシンママは雇いたくない筈です。

 

休日出勤や残業できる人の方が有利にきまっています。でも諦めては先に進めませんよね。シンママを理解してくれる企業も増えていますから、「マザーズ・ハローワーク」のようなハローワークを活用しましょう。ここにはシンママに特化した相談コーナーも設置されています。

 

■シンママが転職するなら

 

◆保険外交員

営業職になりますが、勤務時間に融通が利くところが適しています。人とのコミュニケーション作りにもなりますし、挑戦することで違った自分が見えてくるかもしれません。

 

◆介護職

家庭の状況に合わせて働け、ある意味チームワークですからシフトも変更可能です。資格取得が必須であっても、仕事をしながら介護福祉士の資格は取得できます。

 

◆調剤薬局事務

薬剤師をサポートするのが主な業務となり、資格さえ持っていれば全国で就業できます。正社員でなければ、残業や休日出勤を強いられることはありません。シンママの薬剤師も多く、非正規で仕事をしている人も増えています。

 

■まとめ

 

シンママの転職はそう簡単にはいきませんよね。自分にあった条件というのは、企業にはメリットとは言えないことが多いです。それでも思いを伝えることで、相手に響くものがあるかもしれません。昔のように一度就職すれば転職など身勝手だという時代ではありません。中途採用に積極的な企業もあるので、しっかり自己アピールをして挑む気持ちが大事です。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら