• HOME
  • 仕事・キャリア
  • シングルマザーの仕事事情 正社員で働く? パートで働く? それとも派遣?

仕事・キャリア

シングルマザーの仕事事情 正社員で働く? パートで働く? それとも派遣?

シンママStyle編集部

子どもとの時間を大事にしたい。でも日々の生活や将来のことを考えるとしっかり仕事もしておきたい。この2つのバランスについては、きっとシングルマザーなら誰しもが抱える悩みですよね。安定した正社員として働くのが一番!と多くの人が言うかもしれません。

確かに福利厚生や会社によっては退職金があることも考えれば、正社員として働くことはメリットが大きいように思います。ただ、求人情報を頼りに急に正社員として応募するということはなかなか勇気が要ることでもあります。

まだ子どもが幼いのであれば、子どもが体調を崩したり学校行事が頻繁にあったり…といったことも考慮しなければいけませんよね。そこで今回は、パートがいいのか正社員がいいのか、それとも派遣社員がいいのか考えてみたいと思います。

■融通がきくのはパート

パート勤務の最大のメリットは曜日や時間帯を固定せずに済む仕事が多いということでしょう。曜日によって子どもの帰宅時間が異なったり、夏休みなどの長期休暇で生活リズムが変わったりと、まだ一人でお留守番ができない年齢の子どもを抱えていると週5日8時間勤務が難しい場合が多いです。

曜日や時間帯が選べる仕事が多いパート勤務ならこういった悩みには対応できますよね。主婦歓迎・子育てママ歓迎といった求人も多数出ているので、まずはそういった仕事から始めて、子どもの成長とともに徐々に仕事を増やしていくと生活リズムとしても無理がないかも知れません。

◎パートなら掛け持ちができる

パート勤務では掛け持ちが許可されていることが多いのもメリットです。「それのどこがメリットなの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。仕事内容もやりがいがあって、お給料も良くて、人間関係もいい。そんな会社であれば、パート勤務でいる必要はなくぜひ正社員になりたいですよね。でも実際には自分にとってパーフェクトな会社で働いている方ってどれくらいいるのでしょう?

掛け持ちの最大のメリットはジャンルが違う仕事をすることで気分転換ができるという点です。シングルマザーはどうしても悩みやストレスを一人で抱え込みがちになっています。そのイライラが子どもに向かってしまったら? 生活を潤すための仕事なのに家庭がギスギスしてしまっては元も子もありませんよね。

やりがいがあるけどハードな仕事、時給は少し低いけど人間関係が最高な仕事。もしこうした2つの仕事を掛け持ちすることができれば、心身ともに上手くバランスをとることができると思いませんか? 

いろいろな仕事を経験するうちに自分にとっての向き不向き、挑戦してみたい仕事、取りたい資格といった事柄がはっきりしてくるかもしれません。

◎福利厚生が充実しているのは…

パートなどの短時間労働者の労働条件改善が近年急激に進んでいます。所定の労働条件を満たせば、社会保険や厚生年金への加入、有給休暇の取得する権利は法律でも定められています。

また、企業が独自に設定している福利厚生をパートも利用することができるケースも増えているようです。特に外資系企業や大手企業は正社員とパートの福利厚生に差がない企業も多く、働きやすい環境が整っているともいえます。

■やっぱり正社員で働きたい! シングルマザーで子どもが小さくてもできる正社員の仕事

上記ではパート勤務をおすすめしましたが、パートでは物足りないという方も少なくないと思います。「正社員として働きたいけど、まだ子どもが小さいから難しいかも…」と諦めているかもしれません。求人の中には、シングルマザーで小さい子どもがいても働きやすい仕事もあるのです。

そういった求人を探せたら、例えシングルマザーで小さい子どもがいても正社員として働き、しっかりとキャリアアップしていけます。そこで、子どもが小さくても正社員として働ける仕事を紹介します。

◎子どもが小さいからこそ正社員に

シングルマザーで子どもが小さくても、正社員の方がしっかりとした生活基盤を築ける可能性は高くなるでしょう。子どもが小さいと、子育てを優先しパートやアルバイトなどの時間が短く、融通の利く仕事を選んでしまいがちです。もちろん、そんな働き方もおすすめです。

上述したように、パートやアルバイトだと小さな子どもの面倒を見ながらでも働きやすいでしょう。しかし、今はよくても将来のキャリアを考えると、子どもが小さくても正社員で働いた方がいい場合もあります。

パートやアルバイトの経歴ばかりだと、子どもが大きくなり正社員になろうと思ったときに就職が難しくなる可能性があります。そのため、シングルマザーで小さな子どもがいるからこそ、将来のことまで考え正社員の仕事を選んだ方がいいという考え方もあります。

◎子どもが小さくてもできる正社員の仕事

シングルマザーで子どもが小さくても正社員として働ける仕事はあります。

◇勤務時間は9〜18時頃まで

◇自宅と保育園から近いところ

この2つをクリアしていれば、子どもが小さくても保育園に通っていれば働くことは可能です。それでは、具体的にシングルマザーで子どもが小さくても働ける仕事をご紹介します。

●事務職

正社員の求人には、9時〜18時頃で終わるものが多く、残業がない会社もあるので、子どもが小さいシングルマザーには働きやすい環境といえます。パソコンでWordやExcelの操作ができることとコミュニケーションスキルがあれば、今までの職歴がない人でも採用されやすいのではないでしょうか。事務職には一般企業と病院で働く仕事があります。

・一般事務や営業事務、経理、総務

一般企業ではパソコンソフトを使用して事務処理をしている会社が増えてきているので、パソコンが得意ではなくても教えてもらえば割とすぐに仕事には慣れるでしょう。

・医療事務

医療事務は一般企業とは違い、その病院によって事務処理の方法が異なったり、カルテの作成、病院も会計業務など覚えることが多岐にわたります。そのため、経験者優遇の求人が多い印象です。

●工場や倉庫

工場も事務職と同じく勤務時間が9時〜17時で終わる求人が多くあるので、働きやすい勤務体系のところが多いです。

また、土日休みの求人も多いので、子育てとの両立もクリアできます。黙々と作業に取り組める方なら働きやすいのではないでしょうか。

●介護職

資格が必要な求人が多いですが、介護職も正社員の求人が多く、子どもが小さくても働きやすい仕事の一つです。

また、なかには保育園併設の介護施設があるので、シングルマザーになったけど保育園に決まらない人でも働き始めやすいでしょう。たとえ今資格がなくても、早いと1カ月ほどで資格取得可能ですよ!

◎正社員求人の探し方

シングルマザーでも働ける正社員の求人を探すには、ハローワークやとらばーゆ、タウンワークを利用するといいでしょう。ハローワークならママ歓迎の求人情報やネットには出ていない正社員の求人もたくさんあります。

また、とらばーゆは女性が働きやすい職場が多く掲載されているので、探しやすいはずです。そして、タウンワークには地元の求人が多く掲載されているので、就職活動の時はチェックしてください。

■派遣社員という選択肢も…

パートにするか正社員にするか…悩みは尽きませんが、実は派遣社員という選択肢もあります。子どもが小さいうちは勤務時間など制約がありますので、とりあえず派遣社員から始めた方がいい場合もあります。

様子を見ながら正社員の仕事を探したり、最初から紹介派遣の仕事を探したり、ステップを踏みながら正社員への道を見つけていくのもおすすめですよ。また、雇用形態にもさまざまな種類がありますから、現状にあった仕事を探すのもいいでしょう。

■仕事を始めるにあたって子どもの預け先はどうしたらいい?

シングルマザーが安心して働くためには、まずは子どもの預け先を決めることも忘れてはいけません。認可保育所は保育料が安くて魅力的ですが、数も少なく、入るのが難しいといえます。

一方、無認可保育園は入りやすいのですが、保育料が高い点が問題になりますよね。シングルマザーには高い保育料は厳しい場合が多いですから…。母子家庭であれば、認可保育園は入りやすいといわれていますが、受け入れ人員が限られます。ですから、楽観視しないほうがいいかもしれません。

■職探しに困ったときはNPO団体の支援を受けて

現在、シングルマザーを支援するNPO団体なども増えています。そこでは就職支援や生活支援も行なっています。働くママを積極的に応援する企業も多数扱っています。

とくに業種は介護、医療業務関係などは注目です。資格があれば、これらの仕事では収入増が見込めます。興味がある方は、資格次第で収入が増える業種を選んで、資格取得を目指してキャリアアップして行くのもいいですね。

「自立支援教育訓練給付金」は資格を応援するシステムでシングルマザーであれば、指定された講座を受講すると費用の20%が給付金として支給されます。

もう少し専門的な資格講座で、看護師、保育士、介護福祉士、理学療法士などの場合は、「高等技能訓練促進費」が支給されます。日頃からコツコツ勉強していけば将来に向けて大きなチャンスにつながる可能性があるわけです。

■まとめ

世間ではシングルマザーだと仕事がない、貧困だ…などといわれますが、いろいろな支援制度もあり、やる気さえあればその制度を利用して資格を取ることも可能です。ただ、そういった情報があまり入って来ないために「知る」ことができないのです。

世間の噂や色眼鏡に臆することなく、将来設計を立てて生活の基盤になる仕事を見つけましょう。好きな仕事であれば長く続けられ、結果的に他人よりも上手になれます。

そういった意味では、嫌な仕事はしない、…なぜなら続かないからです。キャリアにつながらない嫌な仕事より、他人より頑張れると思える仕事を見つけて、実力と実績をつければ、きっと誰もがあなたを認めてくれるでしょう。

(文/ゆー、結月史奈、あやん 編集/シンママstyle編集部 画像/123RF)

【合わせて読みたい】

シングルマザーに人気の仕事ランキング 仕事選びの大切なポイントは??

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:仕事・キャリア

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!