• HOME
  • 支援制度
  • 横浜市がスタートしたフードバンク事業《ぱくサポ》

支援制度

横浜市がスタートしたフードバンク事業《ぱくサポ》

シンママStyle編集部

新型コロナウイルスによる、経済的ダメージを大きくうけるひとり親世帯。コロナ支援として多くの支援団体や有志で食料品の提供が進んでいます。

そんななか、横浜市がフードバンク事業を開始しました。見てみましょう。

ぱくっと食べたら食品ロス削減サポーター!

《ぱくサポ》とは、横浜市がフードバンク団体から提供を受けた食品をひとり親世帯の方へ提供し、ひとり親家庭の支援と食品ロスの削減を目指す活動です。

参加条件は横浜市に住所を有するひとり親世帯の世帯員の方というシンプルなもの。

横浜市母子寡婦福祉会のホームページをチェック

食品の提供を希望される場合の参加申し込みの受付や《ぱくサポ》の実施予定は、横浜市母子寡婦福祉会のホームページに掲載されています。日々更新されていますので、確認してください。

【横浜市母子寡婦福祉会】http://www.zaibosi.org/

令和2年8月から令和3年3月まで毎月市内各区で実施

毎月、各区で行われるということも有難い取り組みです。参加回ごと先着による事前申込制になっています。

お米、レトルト食品、カップ麺など寄附品を配布

食品の提供は、フードバンク団体から提供される主食や副食等の寄附食品になり毎回内容は変わります。

《ぱくサポ》は1回の実施につき、申し込み先着順60世帯への食品提供を予定していますが、フードバンク団体から提供される食品の量により、提供可能な世帯数は減少することがあります。受け取りは参加を申し込まれたぱくサポの実施会場へ食品を入れる袋やリュックなど持参で行き、ひとり親であることが分かるものを提示します。

証明書類としては、

①児童扶養手当受給世帯

②ひとり親医療証交付世帯

③戸籍謄本(抄本)による証明

④住民票による証明

⑤ひとり親支援団体のサービス利用者

のいずれかの証明書が認められています。該当の書類がない場合は横浜市母子寡婦福祉会にご相談ください。

【お問い合わせ先】

横浜市こども青少年局こども福祉保健部こども家庭課

電話:045-671-2390ファクス:045-681-0925

メールアドレス:kd-kokatei@city.yokohama.jp

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:支援制度

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!