• HOME
  • 支援制度
  • シングルマザーなら利用しないと損! 医療費が安くなる医療費控除とは

支援制度

シングルマザーなら利用しないと損! 医療費が安くなる医療費控除とは

ゆー

子どもへの医療費助成は一般的となりましたが、子どもがいると度重な病気やけがで、助成があっても医療費がかさむものです。さらに、大人には医療費助成はありませんから、一度病院に行くだけでも痛い出費だと感じられることはよくあることです。

しかし、シングルマザーなどひとり親向けに医療費の助成があるのをご存知でしょうか? これを利用すれば、医療費の負担が軽くなるんですよ。そこで、ここではシングルマザー向けの医療費助成や申請について解説します!

■ひとり親で医療費助成になる対象は?

ひとり親でも、助成の対象になる人とそうでない人があります。まず、対象になる人の条件として、以下のようなものがあります。以下の全ての条件を満たしているひとり親が対象となります。

◎所得が基準額以下のひとり親

年間の手取り収入が、自治体が定めた額よりも下回る人が対象です。この収入には、養育費も含まれているので、養育費の8割を加えて計算されます。子どもの人数に応じて変わるのが一般的で、子どもが多いほど、自治体の定める額が上がります。

◎子どもが18歳未満であるひとり親

18歳にならない子どもを育てているひとり親が対象です。しかし、子どもが障害者の場合は、20歳までとなります。

◎生活保護を受けていないこと

生活保護自体に、医療費扶助が含まれているため、医療費控除を受けると2重に助成を受けることになってしまいます。

◎子どもやその親が生きていること

シングルマザーであっても、子どもを亡くしている場合は、助成を受けることができません。同様に、ひとり親自身が亡くなっている場合も受けられません。

■ひとり親向け医療費助成はどれくらい受けられるの?

住民税が課税されている世帯なら、1割負担になります。また、住民税非課税世帯であれば、全額助成されます。1割負担といえども、普通のサラリーマン家庭で3割負担が一般的ですから、はるかに優遇されているといえます。

ただし、1割負担の場合は、助成金額に限度があります。外来で受診する場合を考えると、月に1万2000円、世帯で4万4000円までになります。

■助成の対象になる医療費は?

医療費といっても、いろいろなものにかかってきます。ひとり親向けの医療費助成となる対象項目は、以下のとおりです。

・外来の診療費

・処方された薬代

・処置や手術などの治療費

・治療に必要な包帯代など

一方で、予防接種や健康診断、高額医療費に当たる入院費などは助成の対象外となりますので、気を付けましょう。

■ひとり親向け医療費助成の申請方法

ひとり親家庭の医療費助成制度を利用するには、申請が必要になります。基本的に、自治体の役場の窓口で申請します。申請するには、以下の書類が必要です。

・申請者と子どもの戸籍謄本

・申請者と子どもの健康保険証

・前年度の所得が記入されている住民税課税(非課税)証明書

・児童扶養手当証明書

・身元証明(パスポートや運転免許証)

これ以外にも、念のため印鑑があると安心です。受付されてから、医療証の発行までに1カ月程度かかることがあります。この医療証がないと、医療機関で割引を受けることができませんから、送られてくるのが遅ければ連絡をして確認しましょう。

~おわりに~

シングルマザーであっても、ある一定以上の所得があると、児童扶養手当も医療費控除も受けられない可能性はあります。しかし、一定額以下のシングルマザーは、生活にかかるお金で苦労をしている人が多いので、ぜひこの制度も利用しましょう。病院に行くストレスが金銭的な面では少し減るかもしれません。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:支援制度

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!