• HOME
  • 支援制度
  • シングルマザーが頼りにしたい! 行政によるひとり親向けのサポートとは?

支援制度

シングルマザーが頼りにしたい! 行政によるひとり親向けのサポートとは?

ゆー

ひとりで子どもを育てるとなると、親など周りのサポートがあったとしても、金銭的に大変です。そこで、シングルマザーが頼りにしたいのが、行政によるサポートです。政府や自治体の補助を知って、賢く活用しましょう。

そこで、ここではシングルマザーが知っておきたい、行政によるサポート内容を紹介します。

■児童手当

シングルマザーに限らず、0~15歳までの子どもを養育しているすべての家庭に向けて支給される手当を児童手当といいます。0~3歳未満で1万5000千円、3歳~小学校修了まで1万円(第1・2子)、1万5000千円(第3子以降)、中学生は一律1万円が支給されます。

児童手当には所得制限があり、決められた所得額を超える場合には、一律5000千円が支給されます。

■児童扶養手当

シングルマザーのようにひとり親で、18歳になるまで(18歳になって最初の3月31日まで)の子どもを対象に国から支給される手当があります。

全額支給の対象になれば、子ども1人で月額4万2910円が支給されます。2人目がいる場合は、1万140円、3人目以降では6080円が1人目の金額に上乗せされて支給されます。

この児童扶養手当にも所得制限があり、所得に応じて全額支給の場合と一部支給の場合があります。制限額を超えると、手当は支給されません。そのため、フルタイムである一定以上の収入があるシングルマザーで、この手当をもらっていないという人もいるようです。

■医療費助成制度

ひとり親に養育される18歳まで(18歳になって最初の3月31日まで)の子どもを対象に、医療機関で診察を受けた場合に、その医療費の一部が助成される制度です。また、子どもだけでなく、ひとり親自身も医療費が減免される場合があります。

受給できる条件や金額は、自治体によって異なりますので、一度確認してみる必要があります。

■住宅手当

20歳未満の子どもを養育しているひとり親で、家賃を払って生活している世帯が対象となります。自治体によって、家賃補助を設けているところがあります。

また、ひとり親に限り、県営住宅、府営住宅、市営住宅などの公営住宅に優先して入れるように支援をしているところもあります。地方では、移住に伴って、引っ越し費用や家賃補助を負担してくれるところもあります。

住宅手当については、自治体によって金額が異なります。役所の窓口に行って詳しく聞いてみるとよいでしょう。

■JRの通勤定期乗車券割引

シングルマザーなどひとり親で児童扶養手当を受けている世帯に限り、通勤などでJRを利用している場合、その定期券が3割引きほどで購入できるような補助があります。JRだけでなく、バスなどの公共交通機関において割引を受けられる場合もあります。

■水道下水道料金割引

水道料金の割引を行っている自治体もあります。

■教育費の減免

給食費や学費などを減額あるいは免除してくれる場合があります。

■母子福祉貸付制度

連帯保証人が必要ですが、無利子でお金を借りることができます。

■保険料・税金の免除

国民健康保険や住民税・所得税などは、所得が低い場合には、減免されたり免除されます。

■粗大ごみなどの処理手数料の減免

地域によって粗大ごみの種類によっては有料となるところがあります。その場合、申請しておけば処理手数料を安くおさえたり、場合によっては無料になったりする場合もあります。

~おわりに~

行政によってシングルマザー向けにいろいろなサポートがあることをご理解いただけたでしょうか。もしかすると、まだ利用できていないサポートがあるかもしれません。役所の窓口に行けば、詳しく教えてくれるはずですので、確認しておきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:支援制度

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!