• HOME
  • 特集
  • シンママがシンママを笑顔にするために本気で考えた「ママ幸プロジェクト」 育・職・住・コミュニティが一箇所に

シンママがシンママを笑顔にするために本気で考えた「ママ幸プロジェクト」 育・職・住・コミュニティが一箇所に

妊娠した。生みたい。でも助けてくれる人がいない。シングルマザーとして自立したい。でも、仕事がない、育児と両立ができない。離婚したい。でも住むところがない、経済的にやっていけるか自信がない。ひとり親で育児について相談したい。でも相談相手がいない。
―こんな「ない」な悩みを抱えているシンママ、プレシンママは多いのではないでしょうか?

「ママ 幸せになろうよ」そんなプロジェクト「ママ幸(さち)」プロジェクトを立ち上げたのは兵庫県を中心に全国的に自立支援型介護施設を経営する株式会社ポラリス(以下、ポラリス)。ママ幸プロジェクトのメンバーにお話を伺いました。
(取材・文/浦邊 真理子)

コンセプトは【自立支援】と【シェアリングエコノミー】住まいと仕事と育児、コミュニティを一箇所に集めることで“ない”を無くす。


(完成予想図:提供ポラリス)

 

画期的なプロジェクト始動しています。「現実」が「理想」に近づきました。

現在、兵庫県宝塚市旭町3丁目9-1に建設中、2019年3月11日に移転するポラリスの新社屋は、
1階は企業主導型保育園(運営:株式会社Color Variation いろのま園
)と自立支援型デイサービスセンター
2階はポラリス本社、食堂、会議室
3階は放課後クラブ(学童)とシングルマザーシェアハウス(9室)
という複合的かつ多目的な社屋です。

3階に住み、1階で働く、子どもは1階の保育園、小学校後は3階の放課後クラブへ。セキュリティー面も最新で安心。勤務も17時30分が定時。残業が少なくデイサービスは夜勤もないため子供とゆっくり過ごすことができます。

シェアハウスも従来型とは異なり、お風呂やトイレ、ミニキッチンは居室についているのでプライバシーも確保されながら、リビングや食堂で交流、育児もできる「良い所取り」ができる配慮がされています。

運営するポラリスの森 剛士代表は、兵庫県宝塚市出身の医師です。これまでの高齢者福祉介護のあり方に疑問を抱き、「ご利用者様が最後まで住み慣れた家・地域で暮らせる」ことを目標に平成12年にリハビリに特化した自立支援施設を開設。ご利用者の“自立性の回復”を目的とし、「歩行」「身体機能」「意欲」の維持・向上を目指す自立支援介護を実施し続けています。

現在では兵庫県を中心に約60箇所でデイサービスを運営しています。

自身の経験、友人や従業員にシングルマザーが居たことなどから、以前より何かしたいと希望していたとのことです。チャレンジ要素が高いだけに寄せられる様々な意見を説得し、今回形となったのがこの「ママ幸プロジェクト」。

人材不足の介護業界に於いて、ママ幸プロジェクトは様々な悩みを抱える全てのシングルマザーに『住まい』と『仕事』、そして『育児とコミュニティ』をセットで提供し、人材不足の高齢者施設の労働力の解消に繋げることで、高齢者の自立支援だけでなく、女性の自立支援そして子供達の自立支援と多面的な自立支援を目標としています。

 

ポラリスの自立支援介護の現場には、折り紙もカラオケもない。手は出さずに添えるだけ。最先端のポラリスの自立支援介護


(リハビリテーション風景 提供:ポラリス)

 

資格取得に励んでいるシンママも多い〈介護職〉。人手不足な市場とあり、職業紹介所に行けば必ず紹介される業種のひとつです。やり甲斐のある仕事の反面、重労働、高齢者のご利用者とコミュニケーションが取れない、日中の大半を一緒に座ってお茶を飲み、折り紙をする、歌をうたう…と言った固定イメージがありませんか?

シングルマザーとして小学生のお子さんを育てながらポラリスの介護職に従事する浜田さんは言います。

「座り仕事よりも身体を動かす方が自分は性に合っていたし、初めての介護職がポラリスでよかった」

ポラリスは“自立支援型”デイサービスなので、なんでもしてさしあげる「手厚い介護」をしないと言います。

一見、デイサービスに預けるご家族は「手厚い介護」をお願いしたいのでは?と思ってしまいますが、ポラリスはかつてできていた動作を取り戻し「自立」をお手伝いする場所。

医療用の専用マシンを用いて、歩行を中心とした生活の基本動作を取り戻す「パワーリハビリテーション」を実施しています。カラオケや折り紙などのプログラムは設けず、十分な水分補給と休憩をはさみながら6種類の低負荷マシンと歩行マシンをローテーションします。さらに歩行訓練として屋外の散歩に出るなど、ご利用者も介助するスタッフもアクティブなスケジュールをこなします。施設だけを見るとまるでスポーツジム!

 


(画像:ポラリス ホームページより)

 

スタッフはマシンでリハビリを行うご利用者に対し、手を出すよりも声をかけて動作へ誘導します。マシンの使用回数のカウントもご自身に声を出していただくように促し、必要な時だけ手をお貸しします。お風呂も介護施設のイメージにある、流れ作業にスタッフの方が順番に入れてくれると言うシステムではなく、スタッフが付き添いながらなるべくご自身で入浴していただく。自力で歩くこと、生活できるようになることを重視しているので、「してさしあげる」「助けてさしあげる」イメージとは随分違います。安全にできるように見守り、体調や改善率、水分の管理、「寄り添って改善」が任務です。

浜田さんによると、お散歩中にはプラベートなお話をする時間も多く、冗談を言って笑わせてくれようとする方、子どもの心配をしてくれる方、優しさを感じ嬉しくなることも多いそうです。

☆ポラリスホームページ(リンクhttp://www.polaris.care

 

高いとは言えない介護業界の給与。シングルマザーには出費を抑え生活の基盤づくりをしてもらいたい

詳細を見てみましょう。

 

【ママ幸シェアハウスの主な入居条件は
• シングルマザー、もしくはプレシングルマザー(これから出産予定)であること。
• 入居後、ママ幸プロジェクトの運営に参加できること。
• ポラリス社員として働けること

シェアハウス一階及び宝塚付近のポラリスデイサービスセンターで、介護・看護職員等として勤務。調理師・栄養士の資格がある方はシェアハウス二階の厨房・食堂、経験などにより事務職の勤務応相談。

• ポラリスの経営理念と、シェアハウスのコンセプト(自立支援・シェアリングエコノミー)を理解していること。
• シェアハウスは9室あり、給与17万円〜(別途:資格手当等あり)家賃負担は3万円(税込み)保育園、放課後クラブは企業型施設のためポラリス正社員は無料。昼食は食堂利用可。

応募は下記よりお問い合わせください。人事面接、ママ幸メンバー面談を経て合否判定となります。3ヶ月の試用期間あり。遠方の方の面接についてはWEB面接も相談可。全国から応募受付中で、引越費用立替制度(上限20万円まで)があります。】

 

シグルマザーの平均年収は243万円と低く、自立することが難しい現実があります。仕事の掛け持ち、職場が遠い、子どもの預け先も遠い、食事を作る時間もお金もない、そんな心身を消耗する今までの当たり前も、ここでならお金のロスも時間のロスも体力のロスもありません。

子供を預ける、働く場所がある、住むところがある、そして仲間がいる。時間と心のゆとりができ、安心して子育てできる環境です。この場所で「地盤」を固めて、子供の成長と共にシェアハウスを出て自立する、再婚する、そのために資格を取る、貯金をする、そんな次のステップへ目標を叶えるための場所にしてほしい。

 

少しのきっかけで、気持ちも人生も変わるもの。


(取材風景 ママ幸プロジェクト責任者 藤原さんと、現役スタッフ浜田さん)

 

何故ポラリスはここまでするのか、できるのか。ママ幸プロジェクトの責任者でもある藤原さんは、自身もシングルマザーで入居が決まっています。未婚の母として生きていく決断で妊娠中からこのプロジェクトを進めてきました。

女性だから、ママだから、シングルだからって諦めなくて良い。かけがえない命に恵まれたのに、産みたいのに、育てていけないからと諦めないで欲しい。その気持ちをポラリスは応援しています。

シングルマザーは我が子に、申し訳なく不憫に感じることが多いのではないでしょうか。「パパがいない」「私のせいで淋しい思いをさせている」しかし、ポラリスで働く浜田さんは言います。「周りに子どもが多く、パパはいなくても、ママみたいな人がたくさん居て、人が一杯いて、むしろ悪い環境じゃないのかもしれません。」

パパの帰りが毎日遅い、不仲、実質母子家庭状態の家庭も少なくありません。ポジティブに幸せに。「この子を授かってよかった」そう思える場所を作りたい。ママがママを笑顔にするためにみんなで本気で考えた「ママ幸プロジェクト」。

行動しないから不安になる。ちょっとの行動で人生が変わる。生後3ヶ月の我が子を連れて取材を受けてくださった藤原さん。風通しよく、スタッフ皆が仲良く生き生きしている。遠慮なく「子供のお迎えに」「子どもが泣いたらすみません」と言える環境。

どんな状況でも諦めず、相談だけでもしてみたら、何かが動き出す。そんな確かな予感がありました。

 

 

お問い合わせ先
ママ幸プロジェクト 公式URL
ホームページ http://www.mamasachi.com/
Facebook https://www.facebook.com/mamasachi.pj
お問合せ先(応募者様用) info@mamasachi.com 藤原宛

株式会社ポラリスhttp://www.polaris.care