バス代など交通機関の割引制度を利用して賢く節約する方法

今回は、シングルマザー世帯が交通機関で利用できる割引制度についてお伝えします。

タグ:

 

シングルマザー世帯の助成制度はいろいろありますが、交通機関の割引を受けられるケースがあることをご存知ですか? シングルマザー世帯なら自動的に受けられる制度ではなく、児童扶養手当受給世帯が申請したうえで利用できる制度。バスや電車を割引運賃で利用できるんです。

 

今回は、シングルマザー世帯が交通機関で利用できる割引制度についてお伝えします。

 

<どんな制度があるの?>

 

バスや地下鉄運賃の割引制度やJRの通勤定期を3割引きで購入できる制度などがあります。バス会社や鉄道の各会社、自治体が独自で設けているシステムで国の制度ではありません。そのため、各自治体によって制度内容に違いがあります。

 

<賢く損なく制度を利用する>

 

バスに一回乗った、電車に一回乗ったとしても、一回の運賃はそれほど高額ではありません。しかし、チリも積もればですもんね。申請するために窓口まで足を運ぶ必要はありますが、手続きしておくべきです。

 

このように、シングルマザーの生活を助けてくれる制度はいろいろありますが、あなたが知らないからといって、行政がわざわざ教えにきてはくれません。制度を調べて上手に利用!知らないままで損していたなんてもったいないですよね。

 

<都営交通無料乗車券>

 

東京都が設けている制度です。児童扶養手当受給世帯(受給者及び生計同一者のうち1人)、生活保護受給世帯(世帯員のうち1人)なら、申請をしたうえで利用できる制度となっています。

 

“身体障害者、知的障害者、児童扶養手当受給世帯及び生活保護世帯などのかたには、都営交通(都電、都営バス、都営地下鉄、日暮里・舎人ライナー)の全区間(都営バスの一部区間を除く。)の無料乗車券が発行されます。”引用:福ナビ とうきょう福祉ナビゲーション より

 

 

住んでいる場所によっては、都営バスや地下鉄に乗る機会が少ない場合もありますが、無料というのは嬉しいですよね。あまり乗る機会がないとしても、申請しておくことをおすすめします。一回の運賃は少額でも、長い目でみると大きな金額になるものです。

 

申請窓口は、区市町村の障害福祉課・生活保護課・子ども担当課となっています。また、お問い合わせ窓口も設けてあります。

 

・都営交通お客様センター 03-3816-5700

 

東京都以外にお住まいの方も、自治体に問い合わせることをおすすめします。似たような制度があるかもしれません。

 

<JRの割引もある>

 

「JR等運賃の割引」というものもあります。こちらは児童扶養手当の受給世帯や、生活保護受給世帯のうちひとりが、通勤定期券を3割引きで購入できる制度です。

 

通勤定期券ではなく、子どもの通学定期券の購入も可能ですが、通学定期券の場合はもともと学割が適用されています。この制度より学割の方が割引率が高いので、通学定期券にこちらの制度を利用しても損をします。(通学定期券を学割で購入して、さらにそこから3割引きはされません。)

 

この制度の窓口は、JRではなく自治体になっています。児童扶養手当受給世帯の場合は、区市町村の子ども担当窓口、生活保護世帯の場合は、福祉事務所が窓口となっていて、資格証明書の交付を受ける必要があります。

 

東京都の場合、こちらの割引制度の窓口は、最寄りの子ども担当窓口か福祉事務所となっていますが、各区市町村によって違いがありますので、お住まい自治体に問い合わせましょう。

 

<まとめ>

 

このように、シングルマザーの生活を支援してくれる制度はいろいろとあります。しかし、これらの制度はあなたが申請しなければ利用できない制度です。また、各自治体によって制度内容に若干の違いがありますから、遠くに住んでいる友だちに教えてもらった制度が、あなたの地域にもあるとは限りません。

 

お住まいの自治体にはどのような制度があるのかを調べ、あなたが対象者かどうかを知ることは大切なことです。家計の助けになるいろいろな制度を上手に利用してください。

 

 

(文/kaolin 画像/123RF)

 

 

 

タグ: