• HOME
  • 節約術
  • 【体験談】即実践!夏の電気代を節約する方法!

節約術

【体験談】即実践!夏の電気代を節約する方法!

シンママStyle編集部

 

光熱費をいかに安くするかはシンママにとって大きな課題です。みなさんあらゆる方法で節約されていると思います。私もできるだけ光熱費を抑えようと自分のできることから始めているところです。そこで今回は特に、すぐに始められる電気代の節約について、私の実践している節約方法を紹介します。

 

■テレビをつけている時間を決める

 

単純な節約方法ですが、意外と、テレビは家にいる間つけっぱなしという方も少なくないのではないでしょうか?私もテレビをみていなくてもなんとなくBGM代わりにつけたままにしてしまっていました。そうすると、気になる音や情報があると自然とテレビに目が行ってしまい、子どもに「ママー(こっちをみて!)」と呼ばれることがたくさんありました。   子どももCMが流れるたびに反応しテレビを見るため、遊びが中断されていました。

 

テレビをつける時間を決めれば、生活にメリハリもできますし、子どもときちんと向き合うこともでき、子ども自身も遊びに集中することができます。小さいお子さんがいるママには特に実践してほしい節約方法です。

 

■自然光を利用する

 

夏の間は特に日の出の時間も早いので、夜は子どもと一緒に寝て、朝早く起きて自分の活動をするようにしています。7月現在で4時には電気も要らない明るさになるので、4時に起きて朝・晩ごはんの準備、保育園・仕事に行く準備、お弁当作りをし、空いた時間で副業をしています。朝はまだ涼しいので活動するには扇風機を使わなくても快適です。

 

私の住む家は、玄関側がほぼ全面窓なので外の光がよく入ります。日中明るい時間になるべく活動し、電気を使わずに済むようにしています。

 

■電力会社、プランの見直し

 

電力自由化によって、電力会社を選ぶことが出来るようになったので、引っ越しを機に提携の地方電力ではないところに変えてみようと思い、電力会社を変更しました。

 

気をつけなければいけないのは、まず一旦提携の電力会社に電気使用の申し込みをし、お客番号と供給地点番号を教えてもらわなればいけないことです。あとはその二つの番号を変更先の会社に伝えれば手続き終了。簡単に変更することが出来ました。私が変更した電力会社だと、もとの電力会社と比べて電気代が2割ほど安くなります。

 

電力会社によってさまざまなプランを展開していて、例えば日中家にいない人はその時間帯の電気使用料を夜間にもってくることで安くなったり、インターネットや携帯電話と電気料金がセットになっていて、まとめて契約することでお得になったり、ポイント還元制のものなど、たくさんあります。ご自身の家庭のライフスタイルに合わせて、より少くなるように電力会社やプランを変更するのも節約方法の一つです。

 

■エアコンは使わない

 

ウチにはエアコンがなく、私がエアコンの風にあたるとすぐに風邪をひくこともあるのですが、エアコンは使っていません。

家にいるときは、家中の明けられる窓は全部開け、扇風機をまわして過ごしています。それでも暑いときや、料理をするときは、家の中でも首に保冷剤を包んだタオルを巻きます。

 

一面がほぼ全面窓なので直射日光が当たると暑いため、遮光カーテンはなるべく明るさは損なわれずに日差しを抑えられるものを選んで使っています。また、子どもが遊ぶスペースには簾をつけて特に直射日光を抑えています。

 

ただし、地域やお住いの住宅の環境によっては家の中でも生命にかかわるほどの暑さになるという家庭もあると思いますし、体感温度も人によって違います。

お子さんやご自身の体調に支障がきたすような節約はくれぐれもしないように気を付けてください!

 

☆まとめ☆

 

すぐにできる節約方法を紹介しました! ちょっとした工夫で節約しつつ、快適に生活することができます。ぜひみなさんもいろいろな方法を試してみてください♪

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:節約術

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!