• HOME
  • 節約術
  • シングルマザーの家計を調査!毎月最低でもこれだけは必要!要確認

節約術

シングルマザーの家計を調査!毎月最低でもこれだけは必要!要確認

シンママStyle編集部

 

シングルマザーの家計は本当に日々辛いですよね。シングルマザーの月収は15万程度と言われている昨今ですが、月15万での生活ってどうしたら良いのか悩みますよね。贅沢をしなくても、月に15万程度でやりくりするのはかなり厳しい状況ですよね。

 

月15万で生活する為にどう工夫するか、節約するか具体的に記載していきます。参考にしていただければ幸いです。

 

■シングルマザーの年収は正規職員、非正規共に低い水準である!

 

皆さんご存知の通り、シングルマザーの年収はかなり低いです。正規職員の場合で平均270万前後、非正規職員においては125万程度と言われています。頑張って働いても男性並みに稼ぐのは無理に等しいのが現実です。月で計算すると正規は15万程度となります。非正規は手当等を含めてやっと15万程度になる感じです。

 

シングルマザーの貧困がささやかれているのも納得できる金額ですよね。しかしながら手に職を持つ人、国家資格のある人はもっと水準は高くなるため、普通の生活が送れると思います。では、月15万でどのように生活をしていけば良いのか次の項目で記載していきます。

 

■月15万で生活するにはどうしたら良いのか?

 

まず生活するうえで欠かせないのが住居費ですよね。公営住宅に申し込み、当たれば安く抑える事が出来ます。一番良いのは実家に住まわしてもらう事でしょう! 実家暮らしであれば月15万でも何とかやりくりは可能です。

 

実家には住めないという方は、安い物件を探すところから始めて下さい。教育費、通信費、貯金は必須となります。通信費はプランを見直す事で安く対応可能です。教育費はだんだんと増えていきます。急な出費にも対応できるよう毎月コツコツ貯めておきましょう。貯金に関しては毎月1万でも構わないので貯めておくと、年間で12万貯まります。これはかなり大きいですよ!

 

交通費についても自転車で通えば浮きますからね。節約できるところからとことん節約していきましょう。

 

食費についてはお子さんと2人であれば、1万5千円もあれば十分です。安いものを買って、冷凍して対応すればかなり節約になりますよ。私は業務用スーパーで購入して冷凍して対応しています。量も多く入っているので暫く買い物は行かなくて良いので、無駄にスーパーに行く事も減りますよ!

 

■少ない金額でも少額の貯金をする事でいざという時に役立てる!

 

少ない金額でも毎月貯金していればいざという時のために役立ちます。これは私の体験談ですが、子供が急に明日学校の支払いで〇〇円必要とか言う事かあります。私のお財布の中にはその金額かなく困った記憶があります。その時には親に借りて何とか対応しました。高校に入ってからも同じような事がありました。

 

明日模試のお金持っていくから〇〇円ちょうだい!と言われ財布の中にはお金なし。娘には自分のバイト代で立て替えて貰いました。毎回では無いですが急な出費はつきものです。そんな時のために千円でも二千円でも貯金しておけば、いざという時に対応出来ます。日々の生活が苦しくても何とかして貯金に回すようにしてくださいね。

 

☆まとめ☆

 

「シングルマザーの家計は火の車!最低金額だけでも収入を得るよう努力しましょう!」

 

シングルマザーの家計は本当に苦しく火の車です。どんなに頑張っても生活費が足りない、毎月マイナスなんて事も日常茶飯事です。仕事を掛け持ちして働いて何とかやりくりしている人も多いはずです。

 

でもこれは自分で決めた道です。どんなに苦しくても子どものために頑張れるのが母親です。私も何度も挫折して辛い思いをしてこの16年過ごしてきた事が…。この苦労は体験した人でないと分からないと思います。

 

 

(文/yuunamama 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:節約術

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!