忙しいシングルマザー必見!ファミリーサポートセンターを活用しよう!

仕事が忙しくて、子どものお迎えに行けない!どうしても一時保育をお願いしたいけど、保育園や学童が開いていない!と困った経験はありませんか?今回の記事では、そんなときに助かる「ファミリーサポートセンター」について紹介しています。

▼ファミリーサポートセンターとは?

ファミリーサポートセンターとは、「子育てのお手伝いをしたい方」と「子育てのお手伝いをしてほしい方」を会員とした有償のボランティア組織です。登録すれば、地域の中で助け合いながら子育てをすることができます。会員登録のために必要な資格等はありません。比較的安い値段で子どもの一時保育をしてもらえる制度であるため、安全面などに不安を感じる方もいるかもしれませんね。

しかし、援助を提供する会員は、区が実施している育児に関する講習会を受講する必要があります。また、サポート利用にあたっては、利用会員と提供会員とで顔合わせも行うので、安心して子どもを預けることができますね。

ファミリーサポートセンターの活動では、保育施設や学童、習い事への送迎、外出時や冠婚葬祭などの急用時に子供の預かり保育をしてもらうといった援助内容が主なものです。内容のほかに、利用料金や預かり場所などは自治体によって異なる場合がありますので、利用を検討している場合はお住まいの自治体のファミリーサポートセンターについてのHPをよく確かめておきましょう。

(参考:ファミリー・サポート・センターのご案内 厚生労働省 H28)

▼ファミリーサポートセンター事業を行う東京都の自治体5選

世田谷区

・利用対象者:世田谷区内に在住していて生後43日目〜小学校6年生のお子さんがいる方

・利用時間:原則、午前7時〜午後9時

・利用料金:曜日や時間帯に関わらず1時間800円(兄弟姉妹など、2人以上を同時に預かる場合は、2人目以降は半額)

※交通費、食事代などは実費負担

・預かり場所:利用会員宅、援助会員宅、近隣の公共施設など

練馬区

・利用対象者:練馬区内に在住していて生後58日〜小学6年生のお子さんがいる方

・利用時間:午前7時〜午後8時

・利用料金:平日は1時間800円、土曜・日曜・祝休日・年末年始(12月29日〜1月3日)は900円

※交通費、食事代などは実費負担

・預かり場所:練馬区内

大田区

・利用対象者:大田区に在住、在勤していて、生後4ヶ月〜約12歳までのお子さんがいる方

・利用時間:午前6時〜午後10時

・利用料金:月〜金の午前9時〜午後5時は1時間800円、そのほかの時間帯は1時間900円

※交通費、食事代などは実費負担

・預かり場所:原則として提供会員の自宅

足立区

・利用対象者:足立区に在住、在勤していて、生後6ヶ月〜12歳までのお子さんがいる方

・利用時間:午前6時〜午後10時

・利用料金:平日の午前8時〜午後6時は1時間500円、そのほかの時間帯は1時間800円、1時間以内の送迎は1回500円

※交通費、食事代などは実費負担

・預かり場所:提供会員の自宅

江戸川区

・利用対象者:区に在住、在勤していて、1歳から小学校就学前のお子さんがいて、幼稚園や学校などの行事に参加するとき/地域・社会・文化活動に参加するとき/保護者の通院や休養、家族等の看護、冠婚葬祭への列席のとき のいずれかの条件に該当する方

・利用時間:火曜日から金曜日の午前9時30分〜午後2時30分まで(祝日や、子育てひろばの休館日は利用不可)

・利用料金:1時間800円(最初の1時間以降は30分ごとに料金を計算)

・預かり場所:共育プラザ南篠崎または共育プラザ葛西の子育てひろば内

▼まとめ

ファミリーサポートセンターの存在は知っていたものの、気軽に利用していいものだとは思っていなかったという方も多いかもしれませんね。忙しい子育てを1人で無理に乗り切ろうとせず、自治体が主導しているこのような支援制度も賢く利用してみましょう!

ファミリーサポートセンターの一時保育では、泊まりの保育は行なっていません。自分や家族の急病、事故や冠婚葬祭などファミリーサポートセンターの利用に比べると利用条件は限られますが、泊まりの預かり保育が必要になるかもしれない場合は以下のリンクの「ショートステイ制度」をぜひチェックしてみてくださいね!

関連記事:子どもの預け先がない時…「ショートステイ制度」を利用しませんか?

また、仕事の都合などで夜間に子どもの面倒を見ることができない場合に役立つのがこちらの「トワイライトステイ」制度です。子どもの預かりだけでなく、食事が出たり生活指導を行ってもらえたりする自治体もあるようです。

関連記事:仕事と子育てを両立!夜の保育園・トワイライトステイって?

他にも、仕事と子育ての両立を支援してくれる支援はたくさんあります!興味のあるものや、自分のニーズに合っていそうなものがあれば下記のリンクからぜひチェックしてみてくださいね!

関連記事:

総額18万!?図解で学ぶシングルマザーが簡単に受けられる8つの支援制度

頼って下さい!シングルマザーの支援団体4選

学習塾に行かなくても大丈夫!【ひとり親学習支援】を行う東京都の自治体4選

利用しないともったいない!子育て支援センターとは?