シングルマザーの強い味方!母子福祉貸付金制度

人々の結婚に対する価値観は昔と比べ大きく異なり、最近は自分の幸福するために夫婦が別れるケースが非常に多くなっている。しかし女手一つで子供を育てるのは簡単ではない。今回はお財布事情に心配のあるシングルマザーに母子福祉貸付金制度を紹介したいと思う。

92

人々の結婚に対する価値観は昔と比べ大きく異なり、最近は自分の幸福するために夫婦が別れるケースが非常に多くなっている。もしそのようになった夫婦の間に子供がいたとすると、大抵の場合子供の親権は母親の側にいくだろう。しかし女手一つで子供を育てるのは簡単ではない。今回はお財布事情に心配のあるシングルマザーに母子福祉貸付金制度を紹介したいと思う。

(1) 母子福祉貸付金とは?

114

夫婦二人の家庭であれば、夫婦が子育てと生活費稼ぎを分業して効率よく生活するか、共働きして協力しあうのがほとんどのケースである。しかしシングルマザーとなると、夫婦二人でこなすべき日課を一人で行わなければならないので、日々の生活はとても大変である。子育てをしながら生活費を稼いでいるので、思っているほど収入を得られないことは多い。そのような人のために母子福祉貸付金がある。

母子福祉貸付金は母子父子寡婦福祉資金貸付金のことで、一人家庭の父母が就労や児童の就学などで資金が必要となったときに、お住まいの自治体から融資を受けられる制度である。経済的困難な父母の経済的自立を支援し、扶養している子供がより良い環境で育つことを目的としている。貸付利率はほぼゼロだ。ゼロでなくても超低金利である。償還期限も3年間から20年間まで設定でき、心理的な余裕を持てる。連帯保証人のない場合も貸付を認められ、場合によっては子供を連帯債務者にすることができる。

(2) 母子福祉貸付金の対象は?

303

このような魅力的な制度があると、かなり申請したくなった人がいるのではないかと思う。ではどのような条件を満たせば母子福祉貸付金を受けられるのだろうか。この制度の対象となる人について詳しく説明したいと思う。

基本的にはご自身の今住んでいる市町村に申請することになるが、その申請条件はまず居住期間の下限が設定されている。例えば東京都は六か月以上都内に住まないと対象にはならない。居住期間の基準を満たせば、今度は20歳未満のお子さんを扶養しているのが条件である。また、貸付けは自立につながると判断され、償還の計画を立てることができる人であるかどうかの審査もされる。所得制限もあって、前年の所得額が2036000円以下の人が対象になる。それ以外にも細かい条件が多くあるが、以上の条件を満たしていればほぼ申請できるだろう。

(3) 借り入れのための手続きとは?

5403

以上の条件を満たしていて、子育て資金に困っているシングルマザーはどうすればお金を借りられるのか。母子福祉貸付金の借り入れのための手続きについて紹介しよう。

まずはこの借り入れの窓口はどこなのか。居住地によって名称は異なるが、副詞事務所、保健福祉課、子供家庭支援科と言った子育て支援の公的機関窓口での申請が多い。

借り入れを行うためには、念のため事前相談をし、その後申請書、住民票、戸籍謄本、年収証明書、返済計画書などの書類を記入して提出する。沢山の書類が必要となるがここは我慢してほしい。返済計画書には不可能なことは書かず、現実的に書いた方がその後困らなくて済む。書類の審査を経て、借用手続き、貸付金の銀行口座振り込みという流れになる。実際お金を手にするまでかなり時間がかかるので、早めに相談に行ったほうが良いだろう。

(4) 最後に

smm3284

シングルマザーになったとして、決して自分の身を削って家計を支える必要はない。無理しすぎるとかえって体を壊してしまい、最悪の場合子供の面倒を見られなくなるかもしれない。今回紹介した母子福祉貸付金などの支援制度を積極的に利用することで、お子さんをより良い環境で育てることができるだろう。