知ってるだけになってませんか!?シングルマザーの援助制度

日々の生活の為に、頑張って仕事をしなくてはいけないけれど、子供の子育てもしっかりしたい。そしてさらに家事もこなさなくてはいけないので、シングルマザーの毎日は本当に大忙し。自分一人で頑張るしかないというプレッシャーもあって、気持ち的にも疲れがたまってしまいますよね…。そこで、母子家庭を支援してくれる援助制度をしっかり学んでおきましょう!知っているか知らないかで金銭面でも、メンタル的にも大きく変わってくるはずです!今、日本のシングルマザーの援助制度は充実しはじめています!

smm3291
画像出典:http://www.photo-ac.com/

日々の生活の為に、頑張って仕事をしなくてはいけないけれど、子供の子育てもしっかりしたい。そしてさらに家事もこなさなくてはいけないので、シングルマザーの毎日は本当に大忙し。自分一人で頑張るしかないというプレッシャーもあって、気持ち的にも疲れがたまってしまいますよね…。

そこで、今回はそんなシングルマザーの負担を減らすべく、母子家庭を支援してくれる援助制度をしっかり学んでいきましょう!
知っているか知らないかで金銭面でも、メンタル的にも大きく変わってくるはずです!今、日本のシングルマザーの援助制度は充実しはじめています!

 

(1)こんなにあります!シングルマザーの支援制度

smm3292
画像出典:http://www.photo-ac.com/

母子家庭をサポートするための援助制度は、いくつくらいあると思いますか?「2,3個…?」とわりと少ない数を想像する人が多いと思いますが、実は私たちの想像以上に多いんです!個人や企業が行っている援助制度ではなく、主な援助制度でなんと16もの制度があります!どうですか?心強いですよね!有名なのが、児童手当や児童扶養手当。とくに児童扶養手当は4万円強貰えるので、有り難い制度です。他にもシングルマザーの為の住宅手当が各自治体にあったり、生活保護もあります。ひとり親家族等医療費助成制度という援助制度は医療費をサポートしてくれる制度です。母子家庭が多くなる中で、様々な制度が整えられているので調べてみましょう!どれも申請が必要なので、申請も忘れずに行ってくださいね!

 

(2)シングルマザーの支援制度を受けるには!?

 smm3293
画像出典:http://www.photo-ac.com/

 次は支援制度を受けるための条件についてです。制度を知っていてもどうしたら良いか分からず、そのまま放置してしまい「結局制度を受けなかった。」なんて勿体ないですよね!制度の条件を知りきちんと制度を活用できるようにしましょう!

ここではシングルマザーへの代表的な支援制度である「児童扶養手当」について見ていきます。
児童扶養手当は子どもの養育に関する手当で、最大4万円近く支給されることもあります。支給要件があり、地域によって支給される額が変わるため注意が必要です。それでは児童扶養手当の条件を見ていきましょう。
以下が児童扶養手当の支給要件となります。厚生労働省HP(http://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/osirase/dl/120802-1a.pdf)より

①父母が婚姻を解消した子ども
②父又は母が死亡した子ども
③父又は母が一定程度の障害の状態にある子ども
④父又は母が生死不明の子ども
⑤父又は母が一年以上遺棄している子ども
⑥父又は母が裁判所からDV保護命令を受けた子ども
⑦父又は母が一年以上拘禁している子ども
⑧婚姻によらないで生まれた子ども
⑨棄児などで父母がいるかいないかが明らかでない子ども

※この他に支給要件がある場合もあるため、お住まいの市区町村に確認してください。

①~⑨のいずれかに該当する子どもで、母、父又は養育者が監護等している場合に児童扶養手当は支給が認められます。

あなたの家庭は要件を満たしていますか?支給額が多い制度なので、適用されそうであれば積極的に活用しましょう!

 

(3)そうだったのか!シングルマザーの支援制度裏話!

 smm3294
画像出典:http://www.photo-ac.com/

調べてみると分かると思うのですが、シングルマザーの為の援助制度・金額は非常に充実したもの。これは利用しない手はありませんよね!
そして、さらに知っておかなくては損な情報が!それは母子家庭の為の「割引制度」です!
住民税や所得税、さらには交通機関の割引制度まで!児童扶養手当を利用している家庭はJRの通常定期乗車券が3割引きで購入できます!

こちらも併せて覚えておきましょう!他にもシングルマザーの支援制度はたくさんあります!

こんなにあります!シングルマザーが貰える補助金まとめ

知らなきゃ損!シングルマザーの助成金制度、減税制度17選!

使えるものは使わなきゃもったいない!しっかり押さえておきましょう!

 

(4)最後に

smm3295

自分一人で頑張るのではなく、こうした制度に頼るのも大切ですね!うまく利用してなるべく自分の負担を軽くしましょう!そしてその負担が減った分を、子育ての時間にするも良し、自分の時間にするも良し。

あなたはひとりではありません!気負わず頑張りましょう!