• HOME
  • 節約術
  • シングルマザー家庭の光熱費事情は?

節約術

シングルマザー家庭の光熱費事情は?

シンママStyle編集部

シングルマザーにとって生活費の中でウエートが高いのは光熱費ですよね。日々の生活の中で毎日使うものだから賢く節約するようにしたいもの。そこで今回は光熱費の節約術についてレポートします。特に光熱費が原因で赤字家計になっている人注目です! 浮いたお金は貯金に回しましょうね。

■電力の自由化

2016年春から始まった電力の自由化はそれまではその地域の電力会社とした契約ができなかった消費者が自由に業者を選べるようになりました。

その業者も通信会社やガス会社など電力とは無縁だった会社が取り扱いを始めたのです。例えば東京電力をやめて電力単価が安い東京ガスに切り替えるなど。携帯電話会社ならセット料金でかなりお得になるプランもあります。

少し面倒ですが電気料金を少しでも節約できれば年間で大きな違いになります。またお部屋の電灯をLEDに変えることでも電気代の節約は可能です。

エアコンはフィルターの掃除をこまめにするだけで冷房の効果が格段に違ってきます。また室温調節である一定の温度に達したら暖房が止まるなど無駄な電力消費を抑えることで冬の暖房代も安くなります。

■ガス代の節約

お湯で洗い物をする時は一気に洗ったり、ガスで長く煮物をする場合には電子レンジを活用する、圧力鍋を使い調理時間を節約するなどがあります。またお湯を沸かしてお茶やコーヒーを飲むならガスを使わないでケルトを使う。調理は一度にたくさん作って保存する。

このようにガスを使って調理を長くするなら電子レンジやケルトでお湯を沸かすことでガス代の節約効果が高まります。

次にお風呂ですが、家族がいれば一旦お風呂が沸いたら次々と入りましょう。お湯が冷めないうちに家族全員のお風呂タイムが終われば、追い炊きを繰り返すこともありません。

■水道代

シャワーは出しっ放しにしないでこまめに止めましょう。ちなみにシャワー1分間のガス代は約5.8円で、10分間で約58.3円。だいたい1回の入浴で使うシャワーの水の量は250L程度だと言われています。ガス代だけでなく水道代にも大きな影響を与えるのです。

シャワーに使う水道を節約するならシャワーヘッドを変わるだけで水量が減って節約効果大です。今は節約用のシャワーヘッドが多く売られています。ホームセンターなどでチェックしてくださいね!

また洗い物は何度もしない。食器洗浄乾燥器があれば手洗いよりも水道代はお得になります。もちろんわざわざ購入する必要はありませんが…。

■携帯電話

格安SIMに変えるだけで通信料が大きく減ります。例えば楽天モバイルに変えると楽天のポイントがたまります。他にはLINEモバイルやOCNモバイルONEなどがあります。格安SIMのメリットは月々の携帯電話料金がなんと2,000円でおさまります。人によっては年間8万円弱の節約です。

ただし電話をよくする人は月額料金が高くなります。カケホーダイがプランにある大手キャリアと比べて、格安SIMは基本30秒20円かかります。仕事やプライベートでよく通話をする方は大手キャリアのままがお得かもしれませんよ。

またキャリアメールが使えなくなります。この場合無料のGmailでアドレスを作れば大きな問題はありません。

☆まとめ

シングルマザーは限られた収入で生活していく上で、公的支援は受けても決して楽にはなりませんよね。でも無駄はあるはず。それが光熱費。シングルマザーで子供が小さい頃、お風呂は一緒に入って湯船に浸かればゆっくり体を温めることができますよ。親子のコミュニケーションもとれるので楽しいひとときになることでしょう。

節約も楽しみながらやれば長続きします。冬なら暖房は低めにしてその分、洋服を着て過ごせばいいのです。寒い夜は湯たんぽを使うなどすれば暖かいです。光熱費は日々の生活の無駄を見直すことでいくらでも出費を抑えることができますね。

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:節約術

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!