シンママみんなの声

わかる!わかる! シンママ みんなの声「離婚してよかったと思うとき」

これからシングルマザーになる人も、現在シングルマザーで頑張っている人も、「他のシンママはどうなの? どう思っているの?」という疑問があると思います。このシリーズでは、実際にシンママにインタビューしてその疑問にお答えしていきます。

それでは早速、シンママの生の声を聞いてみましょう。今回は離婚してよかったと思うときについて聞いてみました。

■子どもたちのためにも離婚してよかった

【離婚直後はバタバタで大変でメンタルも落ちたけど、いま(離婚して10年)になってよかったことしかないと感じています。

元夫とは1年半ほど付き合っての授かり婚。それなりによく頑張ってくれたとは思いますが、「この人と一生一緒にいるのか」と考えた瞬間、何もかも捨てて引っ越して誰も自分のことを知らない街で暮らしたいと思ってからは、トントン拍子に心の中で離婚が進んでいきました。

国内の離婚原因ナンバーワンの「価値観の不一致」。うちもその不一致・価値観の不和を感じないふりをして生活していたのですが、その我慢が限界に達していたことにやっとその時気が付いたのです。

元夫は今では養育費を1円も払うことはなく、生きてるのか死んでるのかも分かりません。よかったことといえばやっぱり自分の考えをしっかり持って、それをできるようになった。身も心も自由になったことでしょうか。

元夫といると、彼が神経質な瞬間湯沸かし器だったため気を使ってばかりいたし、子どもたちが叩かれたり怒鳴られたりしないように自分が予防線を張って生活していました。

自分の時間は、トイレに行っている間と寝ている間だけだったと離婚してから気づきました。子どもたちもビクビクしながら生活しなくていいので笑顔も増え、発言も増えました。わがままも言うようになりましたが、離婚していなかったら言えなかったのかも知れないと思うと、その言い分も大事にしてあげたいと思えます】(namikiさん)

■夫の分の家事をしなくてす済むのは楽

【離婚によって、世帯収入は減り、労働力と時間は確実に足りなくなりました。特に子ども二人がまだ幼い頃、夜中に下の子を背負いながら、高熱でひきつけを起こした兄を連れて救急病院に行くとき、子どもが体調悪くても仕事に出なければならないときなど父親の不在と明らかな人手不足を思い知らされました。また、離婚という親の身勝手な行いにより子どもたちに寂しい思いをさせてしまいました。

それでも、離婚してよかったこともあります。

まず、人生がシンプルになりました。絶対必要なもの、そこまで必要ないものが自然と分別され、不要なものを断捨離する勇気と行動力が備わったみたいです。「旦那」または「父親」とは贅沢な存在なのか、それとも不要な存在なのか悩んでおりましたが、後者と判定いたしました。

男勝りで我儘な性格の私は、結婚というものに向いてなかったのかもしれません。また、結婚後しばらくして元旦那と価値観が合わないことにはっきり気付いたのですが、別れることによって心配事、イライラの根源、そしてほんの少しの未練を手放し、心も身体も軽くなりました。

ほかによかったことは、旦那がいなくなったことですごく家事が楽になったことです。家族全員一緒に食べられ、子どもはなんでも美味しいと食べてくれるし、片付けも一回で終わります。

例を挙げるときりがないですが、これに関してはほとんどの主婦と母親が共感してくれるのではないでしょうか。

あとは、旦那に期待しないで済むことです。隣にいればいろいろ期待してしまって、「私もあなたと同じように仕事しております。なぜこれぐらいできないのでしょうか」と言いたくなります。始めから期待せず、自分ができることを無理せずこなすほうがよっぽど合理的で精神的にも安定します。  

ママ友にはシングルマザーが羨ましいと言われますが、離婚はいいことも悪いことも同じくらいあります。それぞれの家庭によってさまざまなケースがありますが、一度決めたらもう進むしかないので離婚してよかったと思えるよう日々頑張っています】(匿名希望さん)

■旦那がいたときの方が経済的に困窮していた

【離婚してよかったことは、正直なところたくさんあります。でも大きく良い点を挙げるとするならば、次の三つです。

①旦那を気にせず自由でいられること

②旦那のペースに振り回されないこと

③ケンカがなくいつも精神的に穏やかでいられること

まず①を具体的な一つの例をいうとすれば、毎日の食事の好みや生活スタイルです。元旦那とは食の好みや考え方が違っていたので、だいぶ我慢していたところもありました。当時幼い子どもたちを保育園に預け、私もパートに出ていましたが、旦那が朝の六時半に出るため、お弁当作りで早起きする必要がありました。離婚後、そんなしがらみからは解放されています。

次に②。これは本当に心底離婚してよかったと思う大きなポイントです。元旦那は経済感覚がだいぶ麻痺していて、平気で借金を繰り返してしまう人でした。もしも今も尚一緒に結婚生活を送っていたら、旦那の借金返済で精いっぱいだったはずです。

子どもたちにまともな教育や習い事をさせることも不可能だったと思います。あのまま思い切って離婚に踏み切らなかったとしたら……と、今想像するだけでもゾッとしてしまいます。

そして③。そもそも相手がいないので旦那をあてにしませんし、ケンカにもなりません。旦那に対する不満もないので余計なことでストレスを抱えずに済んでいます。

一般的に母子家庭は貧困に苦しむと思われがちですが、私の場合は、旦那と生活をしていたときの方がよほど生活に困窮していました。シングルマザーのつらさもありますが、総合的に考えると私にとっての離婚は、新たな人生を切り開くチャンスを与えられたようなものです。離婚から十年以上経過しましたが、今でも全く後悔はありません】(サボテンさん)

■シンママの本音…離婚してよかったこと、後悔していること

【今現在、離婚を悩んでいる方、離婚してシングルマザーとして子どもを育てている方などいろいろ方がいらっしゃると思います。

実際、私は離婚を経験し現在シングルマザーとして子どもを育てているわけですが、今回は離婚してよかったこと・後悔している事をお話ししたいと思います。

まず、今現在離婚を悩んでいる方が思っているのは「離婚をしたら後悔するんじゃないか……」ということではないでしょうか? 実際、私も同じことで悩んでいましたし、そしていくら考えても答えは出ませんでした。

唯一離婚してよかったことというのは、この悩みから解放されたことでしょうか。こういってしまうとズルいですが、離婚をしてもしなくても悩みます。不安になりますし、後悔します。離婚するかしないかはあまり大きな問題ではなく、今現在悩んでいるあなたの気持ちを一番に尊重するべきだと私は思います。

また、大切なのは離婚する・しないではなく、離婚した後どうするのか、離婚しないならこれからどうしていくのか、という今後・未来の方がよっぽど重要です。そして、もう一つ離婚して良かったことを挙げるのなら選択肢が増えたことです。これはお母さん自身にもお子さんにも影響することで、今後の人生に大きく関わることだと思います】(音葉さん)

いかがでしょうか。みなさん、離婚してよかったというポイントがあるようですね。これから離婚を考えている方の参考になれば幸いです。

(編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

カテゴリ:シンママみんなの声

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!