• HOME
  • 恋愛
  • シンママに読んでもらいたい恋愛小説!キラキラからドロドロまで♪

シンママに読んでもらいたい恋愛小説!キラキラからドロドロまで♪

恋愛小説はお好きですか?私は好きです!筆者が過去に読んだ作品で、読めばシングルマザーが元気になれそうな小説をご紹介します!

タグ:

 

ふとできた一人の時間。恋愛小説を読んでストレス発散させてみませんか? 筆者が過去に読んだ恋愛小説の中で、とくにシンママが読んだら元気が出るのにな~と思う作品をいくつかご紹介します!

 

私の主観が入っておりますが面白い作品ばかりなので、気に入ったらサイトで調べてぜひ1度紹介文だけでも読んでみてください!

 

■かっこいい女性にキラキラ!直木賞受賞作品

 

◎肩ごしの恋人 著:唯川 恵 全325ページ

 

自分に正直な女性。結婚3回目のバツ2「るり子」と、理屈っぽくて恋にも仕事にも熱中できない「萌」。

 

ともに27歳。性格も考え方も正反対の2人は幼馴染。仕事・結婚・恋愛・友情。2人は女性としての様々なライフスケジュールにともに疑問を投げかけ時にぶつかります。彼女たちが出した幸せの答えとは?

 

女性の心理を痛快に描き、大きな共感をもたらした2013年下半期直木賞受賞作品です。

 

■ちょっとドロドロ!母子が恋のライバルに?!

 

◎グラニテ 著:永井するみ 全352ページ

 

主人公、市ノ瀬万里。42歳カフェ経営。17歳の娘唯香と2人暮らし。新進気鋭の映画監督・凌駕と万里は、唯香には内緒の恋愛関係にあります。ちなみに凌駕は年下彼氏。

 

しかし唯香が凌駕の新作映画の女優として起用されたのをきっかけに、良好だったシングルマザー万里とその1人娘唯香との関係がこじれ始めます。

 

次第に凌駕に惹かれていく唯香。同時に彼女は女性としても美しくなっていきます。それとは対照的に、42歳と言う瀬戸際の年齢でいつまでも女としての自分を捨てきれない万里。

 

そしてそれに対する唯香の焦燥。1人の男性を巡って繰り広げられる母子の戦いが見ものです。

 

■すごくドロドロ!不倫は犯罪です!

 

◎夜の果てまで 著:盛田 隆二 全525ページ

 

コンビニでバイトする主人公俊介は2年付き合った彼女と別れて独り。そんな時コンビニの客として気になっていた女性、裕里子の子供の家庭教師として彼は雇われます。

 

後妻として辛い日々を送る裕里子。ココロの隙間を埋め合う2人は、越えてはいけない一線を越えてしまいます。

 

裕里子にずる溺れる俊介。彼は卒業・就職と言った人生における重要なステップを1歩1歩踏み外していく…。超年の差カップルの不倫! これは見ものです!

 

■愛とは?恋とは?家族とは?星とはアナタのことです

 

◎星々の船 著:村山由香 全392ページ

 

2003年上半期直木賞作品。

 

とある家族の人間模様と、恋愛感情や憎悪が描かれています。兄妹の禁断の恋。彼女持ちばかり好きになる末っ子。いじめられた過去を忘れられない少女。

 

家族であるということは、時に苦しい事、悲しい事すべてに目を背けて日々を過ごさざるを得ないことだってある。

 

この小説の「星々」とは家族1人1人であり、「舟」とは世帯の事を言います。生きることはしんどい!辛い!という事を人生をかけて表現している登場人物たちは、間違いなくシングルマザーに「明日も頑張ろう!」という活力を与えてくれます。

 

恋愛小説と言うにはあまりに切なく、激しく心を揺さぶられるヒューマンドラマです。

 

☆まとめ☆

 

恋愛小説を読んで、実際に「恋っていいなあ」と思うようになったし、なんだか仕事にも育児にもハリがでました。

 

女性と恋愛感情は、一生切り離せないものです。もし恋愛する気や再婚する気が無くっても、恋愛小説を読むことは女性としてきっと大切な事。

 

今は読む時間がないというママも、将来1人の時間が少しでも増えて来たら、本を読む時間を持つことをおススメします!

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

 

 

タグ: