• HOME
  • 恋愛
  • 恋愛したいけど恋愛できない!そんなシングルマザーたちの悩みの原因を解剖!

恋愛したいけど恋愛できない!そんなシングルマザーたちの悩みの原因を解剖!

シンママって影でコッソリ男性からモテてるのに、恋愛できない傾向にあるんですよね。シンママが恋愛できない、そこまで踏み込めない原因って一体なんでしょう?再婚経験者の筆者から、シンママの恋愛できない理由についてシェアします!

 

まだ若くしてシングルになったママ達。もしくは恋愛経験を多く持つ機会のないまま結婚、出産、離婚となったママ達にも、独身女性と同様に恋愛する権利はあるはずです。なのに恋愛できない理由って何でしょう?

 

やっぱり子供?子供に手がかかって時間を拘束されるから?それともそもそもそんな気が起こらない!というママが殆どだから?

 

子連れシンママでも恋愛をしている人はたくさんいます。どうして自分には恋愛できないんだろう?と思っているアナタに、シンママと恋愛に関す情報をシェアします!

 

■「シンママでも聖母説」のせいで独身なのに恋愛できない!

 

まず第1に、シンママを見る周囲の目や国内でのシンママのパブリックイメージそのものが、シンママを恋愛しにくい環境へと追いやっています。

 

「子どもを産んだら自立するまで母親が育てあげる」と言う考えが根強い日本。子を産んだ後離婚しても、同じような考えで見られます。

 

昔から子育ては女性1人が担ってきた国内で、シングルマザーと言う存在自体、まだ壮年世代の方からは偏見の眼差しで見られる昨今。

 

実家の両親や元義実家の両親。ご近所さんや友人の眼差しが気になって、好きな人や気になっている人がいても、心に歯止めがかかり恋愛に踏み込めないといったシンママが多いようです。

 

■モテるから恋愛ができない!

 

第2に、シンママは男性からモテます。モテるがゆえに男性から敬遠されているということがあるんです。

 

源氏物語などといった古来の文学のなかでも後家(夫を亡くした、あるいは捨てられた)つまり現代で言うシングルマザーの所には、多くの交際の申し込みが見られます。

 

現代でも「後家はモテる」というならわしは健在で、シングルマザーに密かに思いを寄せている男性はたくさんいるんですよ。

 

男性の心理として「困っている女性をほっておけない」という傾向があります。そういった男性の性質が、シングルマザーに対する好意へと変換されて行くのかもしれません。

 

また1度結婚しているという事は、1人の男性に見初められ、婚姻しようと思うほど愛されたという実績があるということ。そんな経歴に独身男性はシンママに漠然とした安心感を覚えるのだそうです。

 

好意を日常的に受けているにもかかわらず、なぜ恋愛にまで発展しないのか?

それは「○○さんはモテるから相手にしてもらえないだろうな」という、男性の高いプライドが邪魔をしているから。

 

もしアナタから告白したとしても、こういった気持ちを持っている男性は疑心暗鬼に陥り、首を縦に振らない可能性が高いでしょう。

 

■子供にとっていい母親とは…考えちゃって恋愛できない!

 

第3の理由はママの心理にあります。母親の顔、女性の顔。アナタにとっては1つの顔でのも子供は母親の顔しか知らない。

 

だから恋愛をすると何らかの形で子供にバレて、子供を傷つけてしまうのではないか。そんなことを思い始めたら、もう子供が自立するまで恋愛は出来ません。

 

恋愛したい自分と子育てしている自分。アナタ自身がどちらも好きになれないと、この先女性としての自分を好きになってくれる人が現れたとしても身動きが取れないでしょう。

 

子供にとって何が1番幸せなのかを考えた時、自分の幸せも欠かすことが出来ないと思う事が出来たら、きっと恋愛に踏み込めるはずですよ。

 

☆まとめ☆

 

シンママって、友人関係や職場でモテてるのに恋愛ができない環境が整いすぎているんですよね!

 

わたしはモテてるのかそうでないのか鈍感だったからわかりませんでしたが、再婚できたのも結局は自分から婚活サイトに登録したことがきっかけでしたので、恋愛したければ自分から動く事をお勧めします!

 

アナタがもし40~50代でもまだまだ需要はあります!女性としての自分を大切にしてくれる男性との出会いを見つけてみませんか?

 

 

(文/namiki 画像/123RF)