• HOME
  • 恋愛
  • シングルマザー的「恋人との電話・メールマナー」

シングルマザー的「恋人との電話・メールマナー」

本記事では、シンママが恋人と電話やメールをする際に、注意するべきポイントをまとめました。

タグ:

 

忙しいシングルマザーにとって、恋人の存在は時には心の拠り所になるもの。なかなか会えなくても、メールのやり取りだけで心がホッとほぐれたりしますよね。ただ、子供の目もあるので、独身の頃のようにいつでも連絡を取るというわけにはいかないところ。シンママの恋愛は自由ですが、特に子供に対するマナーにはとっても気をつけたいところ。

 

本記事では、シンママが恋人と電話やメールをする際に、注意するべきポイントをまとめました。

 

■連絡が取れるタイミングはなるべく事前に伝えておく

 

どんなに恋人のことが好きでも、やはり子供が優先になってしまいますよね。相手がシングルファザーならともかく、まだ子育ての経験がない男性は、どれほどシングルマザーの生活が忙しいのかということがなかなか理解できません。

 

目が回るほど忙しくて連絡できないときに、返信を催促するメールが来たり、子供が起きている時間に電話がかかってくると、思わずイラっとしてしまいますが、相手は「どうしてこんなに連絡をくれないんだろう」と不安に思っています。

 

忙しいことを察して欲しいと思ってしまいますが、その前に、不安から相手の気持ちが離れてしまうこともありえます。

 

子供が第一優先とはいえ、恋愛はお互いのリスペクトが大切。「こういう事情で今日は忙しいから、あまりメールと電話ができないかも」という一言を伝えておくだけで、相手もホッとするはずですよ。

 

■子供の前での電話は避けよう

 

子供は、母親が“女”の顔を見せることに敏感です。「電話の相手は会社の人だよ」と伝えても、子供はいつもと違う母親を感じ取る可能性が高いです。たとえその時は、電話の相手が恋人であるとは気づかなくても、違和感はずっと覚えていて、成長した後に気がつくこともあります。

 

目の前で母親が自分に内緒で“女”になっていたと気づいたときに、裏切られたような気持ちになり、深く傷つくかもしれません。

 

いずれにせよ、子供にとってはとてもデリケートなことなので、恋人との電話は、子供が完全に寝静まった後、または会社からの帰り道などにしましょう。恋人の存在を子供に自分の口から伝えていないのなら、悟られないようにするのが母親としてのマナーです。

 

■メールチェックはほどほどに

 

子供とリビングにいるときに、ついつい恋人からのメールが気になって何度も携帯を触ってしまっていませんか? 自分と一緒にいるのに、母親の心がここにあらずという状態を子供は敏感に感じ取ります。せっかく一緒に過ごしているのに、寂しい思いをさせてしまうことに。

 

働いていると、ただでさえ子供と過ごせる時間は貴重なもの。メールチェックはある程度時間を決めて行うようにしましょう。

 

恋人にも、「子供の前でそわそわしたくないので携帯は頻繁に見ない」ということを伝えておけば、節度ある人なら理解してくれるはずです。

 

■メールは子供に見られないように対策を

 

年頃の子供は、言動やメイク・服装から、なんか最近母親の様子が違うなぁというのを察することがあります。気になるあまり、出来心から母親の携帯をこっそりチェックしてしまう可能性も考えられます。

 

恋人の存在を知られるだけならまだしも、メールの内容を見られてしまうことには十分気を使っておきましょう。些細なやりとりであっても、恋人とのメールの内容は、子供にとっては非常に生々しく感じてしまう可能性があります。

 

携帯のパスコードロックをかけておくことはもちろん、LINEアプリそのものにもロックをかけられるのをご存知ですか?過剰に思えるかもしれませんが、母親の恋愛は子供の心に大きな影響を与える可能性があることを踏まえた上で、十分に対策をしておいたほうがベターです。

 

☆まとめ☆

 

良い恋愛は、心に余裕や潤いをもたらしてくれます。でも、子供にとっては、やはりいつもと違う母親の様子は不安に思ってしまうもの。子供の気持ちを一番に考えた上で、素敵な恋をしてくださいね。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

 

 

タグ:
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら