• HOME
  • 恋愛
  • シンママがデートの時間を確保する方法

恋愛

シンママがデートの時間を確保する方法

シンママStyle編集部

 

シンママがデートの時間を確保するのは大変です。子どもを連れて行くとなかなか彼とゆっくり話せないし、かといってデートに行くからと子どもを預けるのも後ろめたい気持ちになったり、預ける人がいなかったり…。

 

しかし、シンママはデートをしてはいけないなんてことはありません!シンママだって心の支えが必要ですし、再婚を考えるなら、相手を慎重に選ぶためにも二人きりでのデートは必須ですよね。そんなシンママがデートの時間を確保する方法を紹介します。

 

■子どもが寝ている時間にデート

 

実家住みであるなど、子ども以外の誰かと同居しているシンママは子どもが寝てから、夜に彼と会うという方法があります。子どもに合わせるのはまだ早いという場合や、彼とゆっくり話がしたい方はこどもが寝ている時間に会えば、二人で会うことができ、子どもにも寂しい思いをさせずにすみます。

 

ただ、実家であれば親や家にいる人にひとことかけていく、近くで会うなど、万が一子どもになにかあった場合すぐに対応できるように配慮が必要です。小さいお子さんだけを家に置いていくなどといったことがないようにしましょう。すぐ近くにいるから、少しの時間だからと思っても、万が一子どもに何かあってからでは遅いので、子どもの安全を第一に考えるようにしてください。

 

■ビデオ通話を使って話す

 

小さいお子さんとママだけで暮らしているというご家庭は、なかなかデートもできません。そんな時はお子さんが寝ている時間に、ビデオ通話等を使って話をする方法があります。

 

電話だけでは彼の表情まで見ることができませんが、ビデオ通話なら離れていても顔を見て話しをすることができます。そんなのデートじゃない!と言われるかもしれませんが、どうしても子どもを「預けることができないけど、二人で話したいという方には有効な「方法だと思います。Skypeやlineを使えば無料で顔を見て話すことができるので、交通費も削減できてお得です☆

 

■シンママ同士で協力する

 

信頼できるシンママ友がいる場合、子どもを預けたり、預かったり、お互い協力してデートをする方法もあります。同じ心境のママ同士なら、デートに行くとは言いづらいといったこともありません。

 

ただし、きちんと信頼関係ができていて、子ども同士の交流もあるママであること、子どもも了承していることが大切です。その後のママ友関係に支障があったり、子どものストレスになったりしないように気を付けましょう。

 

※保育所に預けてデートはNG

 

保育所は幼稚園や学校の教育の場と違って、仕事などの理由でどうしても子どもを見られない家庭に代わって子どもを見てくれるところです。子どもをどうしてもみることができないという理由に、デートは含まれません。

 

万が一デート中に知り合いに会うなど、仕事でないことがわかったら、保育所とのその後の関係にも支障がありますし、「あの子のママはこどもより男優先」など勘違いされてしまうかもしれません。そうなると悲しい思いをするのはママ自身と大切な子どもですし、彼にも罪悪感を与えてしまうことも。保育所に子どもを預けてデートをするのはやめましょう。

 

☆まとめ☆

 

日中親に子どもを預けることが不可能でも、今回紹介した方法ではシンママでも工夫次第で彼と二人きりで話をすることができますし、子どもにも寂しい思いをさせずにすみます。彼との関係を深めていき、信頼できると確信できたら子どもと一緒のデートも検討してみても下さい。

 

いろんな困難や苦い思いをしてきたシンママも少なくないと思うので、彼との関係も子どもとの関係も友好にして、ママ自身が幸せになれるような恋愛をしてほしいと願っています☆

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:恋愛

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!