• HOME
  • 恋愛
  • シングルマザーがずっと一人でいることを決めた理由4選

恋愛

シングルマザーがずっと一人でいることを決めた理由4選

シンママStyle編集部

 

シングルマザーになったものの、良い人を見つけてなるべく早く再婚したいと考える人もいますが、一方で、今後もシングルマザーのままでいたいと考えている人もいます。本記事では、シングルマザーが再婚はせず、今後も一人でいようと決意する理由を4つにまとめました。

 

■恋愛はもうこりごり!同じ失敗はしたくないから

 

このような理由は、元夫と別れた原因がとても辛いものであった場合が多いようです。DVやモラルハラスメント、不倫などの裏切り行為が原因の場合、間違っても二度とこのような思いはしたくないと考えるのはある意味当然の話。

 

前夫との失敗を糧にして、次こそは良い恋愛をしようと前向きに捉えられる方もいますが、自分の男性を見抜く目を疑ってしまい、恋愛恐怖症に陥ってしまう人もいるようです。

 

■子供との相性を考えると不安

 

これは、やっぱりシングルマザーが再婚を考える上で大きなポイントですよね。子供が相手に懐いてくれるか、相手は子供を可愛がってくれるか、経済状況はどうかなど、子供を持つと、以前とは違って感情に任せた恋愛はできず、どこか打算的とも言えるような冷静な見極めも必要になってきます。

 

ただ、より慎重なシングルマザーは、今は相手と子供との相性が良いように見えても、やはり血が繋がっていないことから、いつまでもこの関係が続くとは限らないと考える方もいるようです。

 

残念ながら、再婚相手からの連れ子虐待というのはよくニュースでも耳にする話。たとえ小さな可能性であっても、被害から子供を守るために、再婚はしないと決めているシングルマザーもいます。

 

また、子供が反抗期や思春期だと、親の再婚というものが子供の精神面に与える影響は大きく、非行などに走るリスクを伴うことから、今は恋愛しないと決めている人もいるようです。

 

■一人でも楽しめているから

 

再婚を求める人の理由としてよくあげられるのが、「大人の話し相手が欲しい」というもの。 子供が寝静まった後に、仕事から帰ってきた夫と今日の出来事を報告しあったり、休みの日にみんなでどこかに出かけたりすることに、やはり強く憧れを抱き続けている人も多くいます。

 

しかし、一方で「離婚して一人になってからやりたかったことがやれるようになった」という人もいるようです。特に、元夫が亭主関白タイプだった場合、前よりもお金と時間を自分の裁量で使えるようになります。趣味を極めたり、新たな習い事を始めるなどして、今の生活を謳歌できている人は、再婚の必要性を感じていない方もいます。

 

■経済的に問題なく暮らせているから

 

やはり家庭のことについて分担ができないのはシングルマザーが辛いと感じるところ。特に、正社員の職を得られていない人にとっては、一家の大黒柱とならなければいけないことについて、金銭面ではもちろん、精神的にも体力的にも負担が大きいもの。やはり再婚をして家計を安定させたり、家事分担をしたいと考える人は多数います。

 

一方、子供を養うくらいの収入は安定して得られているというシングルマザーは、あえて再婚をする必要性を感じていない人もいるようです。やはり家事と仕事の両立に忙しいことには変わりませんが、元夫が全く家事を手伝ってくれないような人だった場合、離婚したことでかえって楽になったという人もいます。

 

☆まとめ☆

 

シングルマザーにとっての恋愛は、やはり子供を優先にしながら、様々な可能性を踏まえた上で慎重に行うべきものであるのは事実。それなら相手を探すよりも一人でいる方が楽、と考えている人も結構いるんです。

 

もちろん、良い人が現れたらそれは素敵なことですが、シングルマザーの恋に焦りは禁物。出会いを求めるだけでなく、今の生活を楽しむ方法を探してみることも大切ですよ。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:恋愛

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!