• HOME
  • 恋愛
  • 好きな人ができた!新しい恋に向けて動き出す前に考えておきたいこと

恋愛

好きな人ができた!新しい恋に向けて動き出す前に考えておきたいこと

シンママStyle編集部

 

シングルマザーにだって、恋は突然に訪れます。良い人が現れれば何かしらのアプローチをかけたくなるもの。ですが出産前とは違い、女である以前に親でもある責任を忘れてはいけません。恋は盲目とは言いますが、そうなってはいけないシングルマザーのために、新しい恋に向かう前に一度冷静になって考えておいて欲しいポイントをまとめました。

 

恋は深みに嵌まる前に慎重に見極めましょう。

 

■子供目線で考えたときに引っかかるポイントはないか

 

もしも再婚ともなれば、新しい父親の存在は子供にとても大きな影響を及ぼすものですが、子供が自由に父親を選べるわけではありません。それでも、今まで苦労してきたママが新しい恋に進みたいと言えば、嫌とは言えない子供が多いということは忘れないようにしましょう。

 

だからこそ、自分的にはピンとくるお相手であったとしても、子供の目線から見たらどうだろうかということは冷静に見極めることが大切です。どんなにタイプであっても、ギャンブルを趣味としていたり、たとえ少額であっても借金を抱えているような自己管理が甘い人だったら迷わずやめておきましょう。子供に悪影響を与える人とのお付き合いは避けなくてはなりません。

 

また、自分には優しくしてくれていたとしても、他の人への態度が横柄だったり、子供嫌いの兆候が見えたら、その場合も恋を先に進めることはしない方が良いと思います。

 

■相手に自分本位な言動が目立たないか

 

シングルマザーであることを伝えているにも関わらず、夜にいきなり電話をしてきたり、「今から飲みに行こう」言ってきたりするような人なら、ちょっと立ち止まって考えた方が良いと思います。

 

子供が生まれる前であればこういったやり取りは嬉しくも感じるものですが、子供に対する配慮が欠けた要求をしてくる人は、付き合ってからも自分を中心に考えて欲しいという態度を示してくるかもしれません。

 

もちろん、子供を育てるということがどういうことなのかを分からずに、デリカシーのない言動をしてしまうのは、経験が無いため、ある意味仕方がないことでもあるのかもしれません。それでも、子供の存在を念頭に置いた上で関わってくれないような人には要注意です。

 

■気持ちを押し付けてはいけない

 

先ほど、相手に自分本位な言動が目立たないかということについてお話をしましたが、それは自分自身も一緒です。相手が未婚の人なら、結婚して突然自分のでもない子供を養わなければいけないというのは、抵抗を感じるとしても当然の話。

 

相手に子供がいることを隠してアプローチをし、例えその恋が成就したとしても、子供の存在を知って離れていくような人だった場合、お互いにとって時間の無駄に終わる可能性があります。

 

 

ある程度付き合って仲良くなってからなら、打ち明ければきっと受け入れてくれるはず、というのはこちらの気持ちの押し付けでしかありません。

 

また、相手に無理に交際を迫るのもご法度です。もしもシングルマザーと結婚するともなれば、子供に対する責任も生じるわけですから、それなりの覚悟が必要です。真面目な人ほど、交際の段階からそのことについて、迷うと思われます。

 

その覚悟が固まっていない段階にぐいぐいアプローチをかけてしまうと、例え相手が交際を始めてくれたとしても、なかなか良い結果にはなりません。自分の気持ちは示しつつ、相手が前向きになってくれるまでは待つことも大切です。

 

☆まとめ☆

 

恋をすることでストレスが軽減されたり、子供を優先するあまりサボりがちになっていた自分磨きを始めるきっかけにもなったり、シングルマザーにとって恋愛がもたらしてくれる良い面はたくさんあります。

 

ただ、子供が生まれる前と比べると感情に任せるままの恋は要注意。子供を犠牲にするような恋愛をしないためにも、気になる人へアプローチを掛ける前に冷静に考えることが大切です。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:恋愛

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!