• HOME
  • 恋愛
  • シングルマザーの恋愛で気をつける3つのこと

シングルマザーの恋愛で気をつける3つのこと

シングルマザーといえども一人の女性です。 普通の女性のように簡単ではないその恋愛には、配慮すべきことがいくつかあります。一番考えなければならないことは子供のことだということは忘れてはなりません。 今回は、恋愛をしたいと思っているシングルマザーに心得てほしい点を3点ご紹介します。

211

シングルマザーといえども一人の女性です。普通の女性のように簡単ではないその恋愛には、配慮すべきことがいくつかあります。一番考えなければならないことは子供のことだということは忘れてはなりません。今回は、恋愛をしたいと思っているシングルマザーに心得てほしい点を3点ご紹介します。

 

(1)相手にシングルマザーであることをきちんと伝える

212

必ず、相手と交際する前にシングルマザーであることを打ち明けましょう。恋愛対象外になることを恐れ隠し続けていても、最終的には相手にばれてしまいますし、そんな間柄ではうまくいく訳がありません。そのことで彼が去ってしまったら、その人とはそれまでだったと思いましょう。まず第一に考えなければいけないのは子どものことです。

相手の女性に結婚歴があり、子供もいるという事実を、おおらかな気持ちで受け止め、心から理解のできる人でなければならないということは当たり前です。

 

(2)子供の本音を汲み取る 

213

何度も言いますが、子供との時間が最優先です。子供に、「お母さんにとって、彼は自分よりも大切な人なのかも。」という誤解と不安を与えてはいけません。そのために、子供が聞いてきても相手のことを詳しく話すのはタブーです。子供の前で彼氏と電話するのなども控えましょう。

また、お母さんが一方的に「今日、会わせたい人がいるんだ」と言って、いきなり子供に彼氏を会わせるのは、子供にとっては酷なものです。付き合い始めてすぐに、子供を一緒にデートに付き合わせたり、相手を家に呼んだりすることは、子供の気持ちを考えると好ましくないです。

少しずつ彼のことを話して、いつか、子供の方から「会ってみたい。」と言ってくれるのを待ちましょう。その方が子どもに精神的なショックを与えることが少ないです。

また、お母さんのことを思えばこそ、彼氏のことにも理解を示してくれるふりを子どもはしてくれるものですが、それで安堵してはいけません。本当は、どの子供だって多少は彼に対して警戒心を持っているものです。そんな時こそ、今まで以上に子供に気を配る必要があります。

気を遣える子供ほど本音を言わないので、子供の本音を汲み取ってあげる努力をしましょう。

 

(3)愛のオンオフを明確に

214

どんなに恋愛に夢中になっても、恋愛モードとママモードの切り替えをはっきりとすることが大切です。シングルマザーは育児と仕事の両立で日々忙しく、なかなか彼氏と会う時間は取れないものです。

だからといって、隙間時間を見つけては彼氏と会ったり、また子供とくつろいでいるときに、彼氏に電話やメールをしたりするのはよくありません。それではすべてが中途半端になり、恋愛も育児も上手くいかなくなってしまいます。シングルマザーにはメリハリのある恋愛を心得るべきなんです。

理想としては、彼と会うときは、子供を1日誰かに預かってもらうぐらいが良いでしょう。恋愛モードとママモードの切り替えをはっきりさせましょうね。

 

(4)最後に

215

以上、恋愛をしたいと思っているシングルマザーに心得てほしい点を3点ご紹介しました。シングルマザーの恋愛は少し重いと思われがちです。周囲の目からすると、良くないイメージとして捉えてしまうこともあるかもしれません。ですが、他人を気にしすぎないことも必要です。子供のことを思って引け目を感じてしまうかもしれませんが、自分自身が楽しむことも忘れないでください。

せっかく恋愛をするなら幸せな気持ちになりましょう!

もちろん子供を最優先にすることを忘れてはいけませんが、あまり悩みすぎず、前向きに、慎重に、相手との関係性を築けたらよいですね!

引用出典:
http://moomii.jp/kosodate/singlemother-love.html
http://single-mama.hatenablog.com/entry/2015/03/05/220000