• HOME
  • 恋愛
  • シングルマザーが再婚をするとき、向こうの両親への挨拶について心がけておくこと

恋愛

シングルマザーが再婚をするとき、向こうの両親への挨拶について心がけておくこと

ゆー

シングルマザーが付き合った男性からプロポーズを受けたとします。結婚を前提に進めていく場合には、両親への挨拶は必要になってきますよね。とくに、相手が初婚になる場合には、いろいろと気を付けておくべきポイントがあります。

そこで、シングルマザーが再婚をすることになったときに、相手の両親への挨拶はどう意識しておくと失敗しないですむかを考えてみました。

■時間をかけて信頼を深めること

結婚まで日がなくて、慌てて挨拶に行くことにならないように、時間をかけて自分のことを知ってもらうようにしましょう。そのためには、シンママ自身も自分磨きをするといいでしょう。とくにシンママは、バツイチであることが後ろめたいとか申し訳ないとか思ってしまう傾向にありますが、相手は子どもがいることに関係なく愛してくれているという自信を持ってください。

また、正社員で働いているシンママなら、自分が自立していて何かあっても夫を支えていけるという話をすればより信頼してもらえるでしょう。

義両親によっては、自分の息子があえてなぜシングルマザーを選んだのかという疑問を持っているかもしれません。でも、夫は、シングルマザーだからあなたを選んだわけではないですよね。人柄や性格、考え方や生き方など、そういった内面に惹かれて好きになったという理由が大半ではないでしょうか。自分の良さを彼の両親に認めてもらえるように、誠心誠意話を深めていきましょう。

■子ども連れで挨拶に行かない

子どもが小さいと挨拶とはいっても連れて行きたくなるかもしれませんが、可能であれば親に預けるなどして初回は子どもなしで話をするといいでしょう。

その理由としては、子どもがいる前では話しにくい内容も話せることや、子ども抜きで自分自身をみてもらいやすいという点にあります。いずれ子どもと会ういいタイミングが来たら、子どもにしっかりとマナーや挨拶の仕方を教えておくと安心です。

■最初は離婚歴があることを話さない

結婚までに日があるなら、最初の両親への挨拶は、離婚歴があることを伏せておいてもいいかもしれません。聞かれることが万一あれば、正直に答えるほうがいいですが、まずは少しずつ関係を深めていくというスタンスでいると気持ちも楽です。

相手の両親もいきなり「バツイチで子どもがいます」ということを打ち明けられると卒倒してしまう場合があるかもしれません。

■反対されてもゆるがない

シングルマザーということで結婚を反対されることがあるかもしれません。しかし、結婚の意思を固めたのは2人なのです。もちろん、彼の両親も息子のことが心配でいろいろと言ってくるわけなので、その点は理解を示しつつも、どう言えば両親が賛成してくれるのか、安心してくれるのかということを考えて話をするといいでしょう。

あるシンママは、「子どもは自分が責任をもってちゃんと育てる」「息子さんを幸せにし、死ぬまで添い遂げる」ということを必死にアピールされたそうです。

最初はどの両親もさまざまな条件面を気にするかもしれませんが、結局のところ、「この女性と結婚して息子は幸せになれるか」ということを親として心配しているのです。どのように反対をされたとしても、その意見に負けずに、自分と彼の気持ちを伝え続けていくことが大事なのです。

~おわりに~

シングルマザーの再婚にあたって、相手が初婚であると何かと心配になることがあるかもしれません。相手の両親の挨拶では、自分の内面をよく知ってもらうように時間をかけたり、離婚の理由や子どもを作るかどうかの話を具体的にして少しずつ認めてもらっていったりした人もいます。

最初は反対されることがあるかもしれません。しかし、2人が協力しあっていい家庭を築いていけることをしっかりと分かってもらえるように、根気強く気持ちを伝えていきましょう。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:恋愛

ゆー
8歳、6歳、5歳、2歳の4人の子どもの育児中です。シングルマザーではありませんが、平日はほぼ1人で育児をしています。夫はいても安月給でそのうえ左遷されてしまい、いよいよ危機感を感じ、今年から徐々に本腰入れて働き始めました。産後にかなり体調を崩していましたが、ようやく立ち直りました。ライティングはこの数年で少しずつ始めました。ライティングの仕事では、主にこちらの「シンママstyle」にてお世話になっています。 仕事ではパワハラに会い、妊娠中は流産・死産を経験し、末っ子では産後に先天性の病気が見つかるなど、色々と人並みかそれ以上の苦労はしてきました。シンママと同じようにというわけにはいかないかもしれませんが、いち母親として子育ての大変さ、そして何ものにも代えがたい思い出や良かったこと、おすすめしたいこと、働くママの家事育児のコツなどを経験としてメッセージに乗せていけたらいいなという想いで執筆中です。 資格や免許は英検準1級、教員免許です。得意の英語を生かして子どもに英語を教えてきました。また、教育を通じて、思春期の時期の子どもともかかわってきました。好きなキャラクターは、すみっこぐらしのしろくま、ディズニーのダッフィーです。最近の楽しみは、インターネットショッピングやイベント参加、クーポン使ってお得に外食に行くことです。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!