• HOME
  • 恋愛
  • 再婚したら結婚式はあげる? 迷う理由と結婚式をあげるメリットとは

恋愛

再婚したら結婚式はあげる? 迷う理由と結婚式をあげるメリットとは

シンママStyle編集部

シングルマザーが再婚する場合、結婚式をあげるかどうか迷うことがあるかもしれません。実際、再婚夫婦の約半数が結婚式をあげています。結婚式をあげることに迷う理由と、それでも結婚式をあげるメリットを紹介します。

■シングルマザーが結婚式をあげることに迷う理由

一度結婚式をあげた経験があるシングルマザーの場合、再婚で結婚式をあげることにとまどう人もいるかもしれません。みんな悩んでいる原因をまとめました。

◎相手が初婚なら気が引ける

相手の男性が初婚なら、自分だけ再婚で2度目の結婚式となることに引け目を感じたり、申しわけなく思ってしまったりすることがあるかもしれません。

◎お金がかかる

結婚式をするにはお金がかかります。会場費やドレス代、ゲストを招くためにかかる費用などがかさんでくることや、これから子どもにもお金がかかってくることを考えると、すぐには判断できないことがあります。相手も再婚の場合は、元妻に養育費を払っていることで金銭的な余裕がないこともあります。

◎もう一度ゲストを呼ぶことに申し訳なさを感じる

同じ会社でずっと働いてきた人にとって、二度目に上司や職場仲間を呼ぶなど、同じゲストに来てもらうことが悪いなと感じてしまうことがあるかもしれません。

■シングルマザーが再婚で結婚式をあげるメリット

再婚だから結婚式をしていいものかどうか迷っているシングルマザーも、これを読むと結婚式をあげたいと思えるかもしれません。結婚式をしたいけど迷っているママに、メリットをお伝えします。

◎子どもと新しいパパや家族のつながりを強くする

まだ子どもは新しいパパやその家族に慣れていないかもしれません。しかし、結婚式でリングボーイ(リングガール)として指輪を持って来てもらったり、花嫁衣裳のベールを持ってもらったり、そんな役割をしてもらうことで、少しずつわだかまりも溶けるきっかけができるかもしれません。

そもそも、結婚式はお祝い行事です。みんなが笑顔になる場で、打ち解けるきっかけが得られるチャンスです。

◎両家の絆が深まる

両親や義両親に出席してもらうことで、お互いを知り、安心感が芽生えます。そもそも、両親と義両親はそういう機会がなければなかなか話をする機会も持ちにくいものです。

◎お世話になった友人や知人、家族に感謝を伝える機会になる

シングルマザーの間、仕事や育児をしていくことはとても大変だったはずです。子どもがいるママが仕事をしていくうえで支えてくれた上司や仲間、子育てをしていくうえで親身に話を聞いてくれたり、支えになってくれたりした親や友人に感謝を伝え、安心感を持ってもらうためのいい機会になります。

◎いろいろな結婚式の選択肢がある

豪華な披露宴や式場での結婚式はやはり引け目を感じる、とか予算的に難しいとかいう場合でも、今や結婚式はいろんなスタイルがあることを知っておくと良いでしょう。

豪華な式場でなくても、カジュアルなレストランウェディングやホテルのスイートの一室を借りてのスイートルームウェディングなど、選択肢が豊富にあります。予算や人数などに合わせて式場を選ぶことができます。

また、結婚式は挙げなくても、2次会のような雰囲気で会費制のパーティでお祝いをするという方法もあります。この方法であれば、仕事関係の人を呼ばなくても、身内や親しい友人だけでささやかにお祝いすることができます。

~おわりに~

結婚式は再婚といっても、人生の中で何度も経験できないものです。後悔がないように、結婚式をするかしないかを決めましょう。式というスタイルにこだわらなくても、パーティという形でカジュアルにお祝いをするカップルもいます。予算や人数、何よりも女性の希望に合う素敵な結婚式ができるといいですね。

(文/ゆー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:恋愛

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!