離婚後の健康保険の手続きは何をしたらいいの?

本記事では、離婚後の健康保険手続きについてやるべきことやポイントをまとめました。

タグ: ,

 

離婚届を提出したら、一息つく間もなく様々な手続きが降りかかってきます。中には、速やかに行わなければならないものも…。その一つが「健康保険に関する手続き」です。手続きが遅れると、場合によっては医療費を10割負担しなければならない事態に陥ってしまいます。

 

元から自身が務めている会社の社会保険に加入しているなら、離婚した旨を伝えれば変更手続きをサポートしてもらえるかと思いますが、そうでない場合は自分で役所に出向くなりして行わなければなりません。

 

本記事では、離婚後の健康保険手続きについてやるべきことやポイントをまとめました。

 

■脱会手続きについて

 

健康保険の加入先を変更する場合は、まずはこれまでの健康保険を脱会する手続きが必要になります。夫の扶養から抜けて国民健康保険に入る場合、あるいは国民健康保険から抜けて就職先の社会保険に入る場合などに必要な手続きを確認しましょう。

 

・夫の扶養から外れる場合

 

これまで夫の勤め先の社会保険に入っていた場合は、速やかに「健康保険資格喪失証明書」を手に入れるように動きましょう。これは次の加入先に提出する書類であり、元夫の会社から発行してもらうことになります。

 

発行に時間がかかる場合があるので、元夫を通じてできるだけ早く依頼しておきたいところです。元夫に手続きを依頼できないなどの事情がある場合は、その会社を管轄している年金事務所に問い合わせるのも手です。

 

・国民健康保険を脱会する場合

 

夫が自営業だった場合などは、国民健康保険に加入しているケースもあるかと思います。離婚をきっかけに就職し、今後は自身の勤め先の社会保険に加入したい場合などは、国民健康保険の脱会手続きを行う必要があります。

 

この場合は、「国民健康保険被保険者資格喪失届(役所のHPなどから書式のダウンロード可能)」「以前の国民健康保険証」「新しい健康保険証または資格取得証明書」を持参の上、役所にて脱会の申請を行いましょう。

 

なお、この手続きは資格を喪失してから(離婚届受理後)14日以内に行う必要があるので注意しましょう。

 

■加入手続きについて

 

これまでの健康保険からの脱会が完了したら、速やかに新たな健康保険組合にて加入手続きを行います。

 

・新たに国民健康保険に入る場合

 

国民健康保険への加入手続きには以下のものを持参して、役所の窓口にて手続きを行います。

 

  • 健康保険資格喪失証明書

②印鑑

③本人確認書類(免許証やパスポート等)

④マイナンバーカード(通知カードでも可)

 

・新たに勤め先の健康保険に入る場合

 

会社の所轄部署に申し出て手続きを行います。もしも、離婚後から新たな勤め先での勤務開始日までが少しでも空く場合は、その間の国民健康保険への加入が必要になるので注意しましょう。

 

■国民健康保険の変更手続きについて

 

健康保険が変わらない場合でも離婚後の手続きは必要です。勤め先の社会保険に加入している場合は、所轄部署の指示に従って変更を行いましょう。

 

国民健康保険に加入している方は、「世帯変更」の手続きを行う必要があります。つまり、自分を世帯主として、子供を被保険者にするための手続きを行います。人によっては、保険料などの観点から子供は元夫の会社の健康保険の扶養として残しておく場合もあります。家計や元夫との関係性などから判断してくださいね。

 

また引越しを伴う場合は、まず転居前の管轄の役所にて脱会手続きを行い、その後転居先の役所にて加入の手続きを行う必要があります。面倒かもしれませんが、どちらかでまとめてはできないので注意しましょう。

 

☆まとめ☆

 

離婚後は、名義変更などにより様々な手続きが生じます。健康保険の変更はスピーディに行わなくてはならないものの一つ。特に国民健康保険が絡む場合は、役所に出向かなければならない分、時間がかかるので一度で済むようにしておきたいところです。

 

できるだけ早く諸々の手続きを済ませて新たな生活に向かいたいですね。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

 

 

タグ: ,