• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚の際義理両親への挨拶は必要?それとも謝罪をしてもらいたい?

ライフスタイル

離婚の際義理両親への挨拶は必要?それとも謝罪をしてもらいたい?

シンママStyle編集部

 

離婚をする原因は各家庭様々ですよね。パートナーの不倫や浮気、性格の不一致など良い事ではないですがよくある話でもありますよね。

 

ですが稀に初婚同士で結婚したのに実はパートナーがバツ2で隠し子もいた!なんて事も実際にありますし、事実は小説より奇なりという言葉もある様に人生なにが起こるか分かりません。

 

また、離婚をする際に義理両親への挨拶をするべきか否か悩んだり、あまりにもひどい別れ方やパートナーに離婚原因がある場合、また義理両親が原因の場合は謝罪をしてもらいたい!とも思いますよね。

 

そこで今回は実際に離婚を経験して思ったことや、結婚をひとつの契約としてみる考え方、また義理両親からの謝罪や挨拶は必要か等のお話したいと思います。

 

■結婚は一種の契約!?結婚と言う固定概念にとらわれずに新しい発想を受け入れてみるのもいいかもしれません

 

皆さんは【結婚】とはなんだと思いますか?結婚とはお互いが好き同士将来を共に歩んでいきたいと思うからこそするものですよね。ですが結婚をまた違う角度から捉える考え方もあるのをご存知でしょうか?それは結婚を感情的情緒的に捉える考え方と、経済的機能的に捉える考え方との違いだと考えています。

 

ウィキペディアによると結婚とは婚姻という言葉で表されており、婚姻について説明するにあたってその位置付けを広い視野で見てみると、成人の男女の性的関係と言うのは人類の発生以来人間関係の基礎的形態であり、それが成立するために必ずしも規範や制度を必要とするものではないが、社会がその男女の結合関係の成立を許容し承認するのはこれが婚姻という形態をとる事によるとされています。そして結婚 婚姻といってもその種類は様々で日本の様に一夫一婦制、イスラム教で認められている一夫多妻制、また現在この制度を用いている国はないですが一妻多夫制などがあります。

 

また、結婚 婚姻とは機能的な面で言うとお互いの生活を保障し、子供が生まれたら養育や教育の義務を負い、一つの戸籍となって生活をしますよという契約です。ですが、感情的な面で言うとパートナーへの愛情や、自分の一番の見方となってくれる人がいるという安心感、また好きな人とずっと一緒に過ごせるという面があります。お金じゃ愛は買えませんが、お金が無ければパートナーや子を守っていけないのもまた事実ですよね。そこの線引きをどうするかで結婚や婚姻の価値観が変わってきますよね。

 

■義理両親への挨拶は必要!?ズバリ本人の好きにしていいでしょう。

 

義理両親が原因で離婚を考えている、又は離婚を決断したという話も今では珍しい事ではありませんよね。義理とはいえひとつの家族になったのですから付き合いは避けては通れませんし、絶縁する事も難しいと思います。つかず離れずの関係性を保つのが一番難しいですよね。

 

そして、義理両親が原因で離婚となった場合ですが義理両親に謝罪をしてもらいたい、許せない、という気持ちがでてくる事もありますよね。ですがそれは本人の中で留めておくのかどうするのか、本人の気持ちが一番大切になってきます。

 

実際離婚を経験した私は元夫のDVが原因だったのですが、義理の母から言われたのは、怒ると周りが見えなくなって暴力を振るってしまうのごめんね、という言葉の一言でした、一瞬の事でなにがなんだかわかりませんでしたが今も定期的に謝罪の言葉が送られてきます。正直うわべだけ謝られてもなんの誠意も感じません。ですので一番はやはり謝罪してもらうにしても、そうじゃないにしても本人が何に対して謝罪してほしいのか理由や原因を明確にし、相手に理解させてあげる事が大切だと感じました。ただ謝られるだけではなんの意味もありませんからね。

 

これらを踏まえてお互いが納得のいく離婚ができればと思います。

 

 

(文/音葉 画像/123rF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!