ライフスタイル

「離婚」が口癖の人がいる! その心理とは?

シンママStyle編集部

94140936 – bored alone woman waiting outdoors

 

些細なことで喧嘩や気に入らないことがあると、すぐに「離婚」と言う夫や妻っていますよね。離婚は簡単にはできないことは誰でも知っているので、普通、軽はずみな事はしません。でも事あるごとに「離婚」を口にする場合はちょっと違うかもしれないのです。

 

それは相手の気持ちを確かめたいがために出る口癖かもしれません。喧嘩をする事で自分のことを相手が嫌いになったんじゃないかと不安になるのです。つまり、相手の本心を知りたいために言う事もあるのです。

 

「離婚」を口癖にする場合は、口だけで本気じゃないのか、はたまた脅しなのか見分ける必要がありそうです。

 

■離婚を口にする心理

 

本当は別れたくない、相手に別れないと言われてホッとしたいと言う身勝手な思いが働いている場合もあります。こうした場合の口癖は愛情の確認をするために使われるのです。

 

でも実際いつもこうだと少し面倒な人だとなります。そんな気持ちが積み重なると、面倒くさい、いい加減にして欲しいと変わっていく事だってあります。つまり軽い脅しが本気に変わる瞬間です。

 

■本気に変わる

 

口をついて出る事は、常に心にあるからこそなのです。思いつきでは言わないものです。どうであれ、「離婚」をこうして口にする事は、相手にはれっきとした脅迫になるのです。

 

脅す事で何か反応するだろう、謝るであろう、別れたくないと言うだろうなど様々な思いが根底にあるわけです。

 

でも喧嘩の度に「離婚」と言うことが出てくるとうんざりするのもまた事実です。度重なるうちに相手への不信感が大きくなっていくのです。最初は聞き流していた言葉が、心に引っかかり始めると、意外な展開になる事だってあるのです。

 

そういた場合には一度ちゃんと話し合う方がいいでしょう。離婚なんて軽々しく言わないように相手に言うのです。それでも言い続けるなら、その時は対処方法を本気で考えるなければなりません。

 

■言葉の暴力

 

こうした何気ない一言は時には言葉の暴力になります。本気ではないから言っていい事では済まされないのです。相手のことを思うならやはり言ってはいけない言葉は夫婦にはあるはずです。話し合いの中で解決しない場合は、それはもうモラハラと言えるでしょう。

 

言葉で脅し、相手を支配するそれがモラハラです。度重なると言われた方は精神的にダメージを積み重ね、精神を病んでしまうケースもあります。離婚原因の一つにもあげられるモラハラは深刻なDVでもあるのです。

 

そのため直ぐに「離婚」を口にすることがどれだけ人を傷つけているのかを相手に分からせる必要があります。そこまでしても相手の態度に変化が見られない場合は、離婚を踏まえて専門家に相談をしましょう。

 

■モラハラで慰謝料は請求できる

 

度重なる言葉の暴力は証拠を残しておくことで慰謝料を請求できます。一般的な暴力と違い証拠が揃えづらいモラハラは録音などすることでも証拠になります。

 

モラハラは耐え難い苦痛を相手に背負わせることになります。心の傷は簡単には癒す事はできません。最近は夫だけでなく妻からのモラハラも離婚原因になる程です。

 

☆まとめ☆

 

口癖で「離婚」を言う人は事の重大性を認識していません。概してモラハラを行う人はそうなのです。罪の意識がないからさらにエスカレートする傾向があります。

 

言われて嫌な言葉は我慢せずに、相手に伝えましょう。相手にどれだけ苦しんでいるか説明して相手の様子を見てみましょう。反省して言わなくなれば大丈夫ですが、まだ言うようであれば事は重大です。

 

うつ病になる人もいるモラハラは言葉の暴力です。屈せずに精神的な安らぎを求めて離婚を考えた方がいいでしょう。そして早めに問題解決を目指して専門家に相談をしましょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!