ライフスタイル

後悔しないために。離婚を決める前に考えておきたいこと。

シンママStyle編集部

 

離婚をしようと考えている方、離婚の前に考えておくべきことがたくさんあります。はやる気持ちもあると思いますが、ひとつひとつ整理して、後悔しないよう準備をしてください。今回はそんな、離婚時に考えることをいくつか紹介します。

 

■親権のこと

 

子どもの親権はどちらが持つのか、子どもの意見も尊重し決める必要があります。子どもがまだ小さいうちは、母親が親権者になることが多いですが、必ず母親でなければいけないというわけではありません。今までの養育態度を踏まえたうえで慎重に判断することが大切です。

 

■財産分与

 

財産分与の話もきちんとしておくことが大切です。離婚後、2年以内であれば請求することができますが、それ以降になって、もっともらえたはず!と後悔ないように、きちんと分与しておきましょう。

 

離婚したいという気持ちでいっぱいになっているときは、とにかく早く離婚することだけを考えがちですが、問題はその後の生活です。新しく生活を始めるだけでもお金がかかることが多いです。婚姻関係にあったときの共有の財産は平等に分配しておきましょう。

 

■養育費

 

離婚しても、子どもの親として、養育する立場にあるのは変わりません。養育費のこともきちんと取り決めしておきましょう。口約束だけで、支払いが滞ってしまったり、請求できなくなることもありますので、公的な拘束力のある公正証書に書き残しておくことをオススメします。

 

■生活費

 

例えば、離婚前に別居状態であった場合、別居中の生活費を請求することもできます。

 

■これからの生活のこと

 

これからの生活のことをよく考えておくことが一番重要です。

 

・住まい

離婚した後は結婚していた頃住んでいた家から出なければいけない場合、どこに住むか考える必要があります。居住地はどこにするのか、どんな形態の住宅に住むのか、実家に帰ることができない場合でも住まいの形は様々です。シェアハウスに住む、離婚を機に地方へ移住するなど、いろんな選択肢があることを頭におき、自分と子どもの今後の生活に合った住まいを選んでください。

 

・子どものこと

離婚後、転校しなければいけないなど、子どものことでも各種変更手続きが必要です。

特に、子どもの学資保険に入っている方は、離婚後、勝手に解約されるなどのトラブルになることもありますので、親権者が契約者になるよう、名義変更を忘れずにしてください。

 

・仕事のこと

専業主婦であった方や、引っ越しに伴い職場が遠くなるかたなど、自分の働き方を見直すことも必要です。収入の面、子どもの送迎のことなどもよく考え、自分と子どもに無理なく収入を得られるよう考えてみて下さい。

 

 

☆まとめ☆

 

離婚する際は、他にも考えておくべきことがたくさんあります。考えるだけで億劫になり、離婚したいけど、このままの方が楽かも、離婚したら生活できなくなってしまうなどと諦める方も少なくないのかもしれません。

 

しかし、例えば住まいがないというときはシェアハウスという選択もありますし、生活費がないという方は、ひとり親制度を利用して、無利息で借りるという選択もあります。本気で離婚したい、離婚した方が子どもや自分のためになると考えるのなら、面倒なことはたくさんありますが、諦めずにひとつひとつクリアしていってほしいと思います。そのためにたくさん選択肢や手段が用意されていることを忘れず、いろんな情報を収集することが大切です。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!