離婚を考えた時、周到な計画は必要でしょうか?

けれど後先考えずに行動を起こした人もいるのではないでしょうか? そんな中、周到な準備をして離婚に臨む女性が増えています。今回は、離婚計画について探ってみましょう。

タグ:

 

離婚を決める時の状況ってどうなのでしょうか? それは様々なケースがあって、一くくりにはできませんね。離婚によって不可欠な手続きや諸々を考えると、決して軽はずみな行動ではなかった筈です。

 

けれど後先考えずに行動を起こした人もいるのではないでしょうか? そんな中、周到な準備をして離婚に臨む女性が増えています。今回は、離婚計画について探ってみましょう。

 

■離婚をする前に準備しておくこととは?

 

◆離婚後の住まい

離婚すれば、ほとんど家から出て新しい住まいを探さなければなりません。実家に戻る人もいますが、シンママになって子供がいる場合は、実家に戻る人は限られています。

 

親や兄弟への遠慮があったり、世間体を考えてのことが大半です。住まいは生きて行く上で大切な場所ですから、子供の事も考えて、しっかりリサーチして決めておくのがベストです。

 

◆離婚後の仕事

兼業主婦をしていた人は、離婚後も同じ仕事を続けていくことも可能でしょう。ですが、住む場所が変わると通勤できないケースも出てきます。特にシンママは、子供の環境を考えなければなりませんから、転職も致し方ないでしょう。

 

◆お金にまつわること

 

◇財産分与

財産分与は、婚姻中に二人で築いたものが対象となります。預貯金、不動産、保険、家財などがありますね。只子供名義の預貯金は対象とはなりません。あくまで子供の財産となります。

 

◇ローンなどの負債

家を購入した際に残ったローンに関しては、住み続ける方が残金を支払っていく形になります。売却する方法もありますが、二人で作った負債は折版するのがルールです。

けれどどちらかが作った借金などは、二人の負債にはなりません。

 

◇子供の保険

子供の為に、学資保険を掛けている人は少なくありませんね。そういう場合、離婚によって解約せざるを得ない時もあります。ですが払い続ける場合、契約者と受取人を親権者にしておかないと、贈与税が発生したりしますので、確認が大事です。

 

このように金銭面は要ですから、経済的に自立できるようにしなければなりません。養育費など、請求できるものは必ず請求し、行政の支援制度は事前に把握しておくべきです。子供に対しての支援制度は、条件付きのものも多いですから、役所などに行って相談しておくのが良いかもしれません。

 

■離婚計画は必要?

 

色々踏まえて考えると、やはり行き当たりばったりというのは駄目ですね。離婚することによって、どのような手続きが必要なのか?どんなデメリットがあるのかは知っておくべきでしょう。

 

先に述べた保険についてですが、友人は親権者を夫にしていた為に、贈与税の対象となり、未だに保険会社ともめています。プロである筈の保険外交員の言われるままに契約した結果です。用意周到でなくても良いですが、ある程度の計画性を持たなければいけないでしょう。

 

■まとめ

 

私の年代の離婚は熟年離婚と呼ばれ、これこそ周到な準備をして至るということが知られています。親戚の女性は、離婚に向けて早くからお金を貯めることに執着していました。

 

傍からみれば、何の問題もないような普通の家庭に見えていたのですが…。とにかく夫の言動から何気ない仕草まで、全てがうっとうしく感じ始めたと言っていました。そして夫の退職まで、ひたすら耐えぬいたそうです。

 

退職後、離婚を突き付けられた旦那さんは、何が何だか分からない状態のようでした。目に見えるDVや浮気、金銭トラブルなどは、離婚の決定打になりますが、性格の不一致とまとめてしまう理由には、周りには知りえない理由があるのでしょうね。

 

子供の頃父にプレゼントをした時、「どうせ俺が稼いだ金や!」と言われた時、照れ隠しと分かっていても、悲しかったのを覚えています。夫婦間でもデリカシーが欠けるような言葉をお互い使うことで、ズレが生じていくように感じます。誰に対しても思いやりの心は大切ですね。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

タグ: