ライフスタイル

離婚したときの区役所での手続きは?

 

離婚の手続きに区役所に行くことはご存知でしょう。戸籍を扱う窓口で対応してくれます。でも注意することはないのでしょうか。そうそう訪れることのない要件だからこそスムーズに手続きを終えたいものです。

 

■離婚届の入手

 

離婚届は市町村役所の戸籍を取り扱う窓口で入手できます。この時に注意点があります。離婚後も今の姓を名乗りたい人は、離婚届とは別に「離婚の際に称していた氏を称する届」を届け出る必要があります。

 

届ける際は本籍地または所在地の市町村役所に届出をします。しかし本籍地以外ですることもあるかもしれません。その場合には戸籍抄本が必要になりますのであらかじめ取り寄せておく必要があります。

 

また離婚届は誰が出しても構わないのです。そのため身分証明書を提示することを求められることもあります。

 

■書き方

 

離婚届は見本の通りに記入すれば、問題はありません。しかし、自署と書かれている箇所は必ず自分で記入することが必要です。また記入間違いなどがあったら修正液で消してはだめです。こうした際には二本線を引いてから訂正印を押します。捨て印は記入間違いがあった場合に必要なので忘れずに押しておきましょう。

 

別居などをしている時など、書類に不備があると相手に会わなければならなくなりますから、必要書類にどんなものがあるのかなど確認しておきましょう。

 

■離婚届には証人がいる

 

離婚届には2人の証人の署名と捺印が必要です。証人は両親でなくても行政書士や保証人代行サービスを提供している会社に依頼することもできます。

 

証人が必要な理由は離婚届が虚偽でないことを証明するためです。また近親者には頼みづらいし、第三者だと手数料がかかる場合もあります。こうした手続きを踏むことで離婚に対して覚悟と認識をさせる効果もあるのです。

 

証人となると何か責任を負うイメージがありますが、離婚届にはそうした法律上の責任は発生しません。

 

■離婚届はホームページからダウンロード

 

離婚届は今やインターネットからダウンロードする時代です。ここで注意したいのは役所に届け出る時はA3サイズに限られます。自宅のプリンターがA4に設定されている方は変更してから印刷しましょう。平日役所に行く時間がない方は便利ではないでしょうか。もちろん休日も役所の宿直室に出向けば離婚届は入手できます。

 

■離婚届は休日でも提出できます

 

また平日の時間外でも宿直室に持って行けば提出できます。一旦預かりになりますが、平日にその提出された離婚届に不備がないことが確認できれば、提出した日に遡って受理されたことになります。

 

離婚届受理証明書は受理されてから発行してもらえます。この証明書を持って保険や扶養の関係などの変更に使われます。

 

ただし、一旦受理された書類に不備があれば平日に役所に出向かなくてはなりません。記入漏れや記載間違いがないか提出前に確認を忘れずにしましょう。

 

仮に相手が勝手に離婚届を提出した場合は、「離婚届不受理申出」をすれば勝手に離婚させられることを阻止することができます。

 

☆まとめ☆

 

離婚を決めたら区役所に離婚届をもらいに行きます。今はインターネットからダウンロードもできます。しかし、提出して不備があれば書き直すなど何度か平日の昼間に役所に出向く必要が出てきます。

 

それを防ぐためにも事前に書類の過不足や記入間違いがないか確認をしてから提出しましょう。

 

その他、離婚届が受理されないケースには相手が勝手に提出した場合と子供の親権が決まっていない場合です。子供がいる場合は離婚届時に親権者を決めておかなければなりません。

 

二人の間で合意がないままに提出された離婚届は、「離婚届不受理申出」を出すために家庭裁判所に調停や審判を申し出て、裁判を起こすことになります。

 

このように離婚届を提出するのは精神的にも事務的にも簡単ではないのです。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!