シングルマザーが飲み会に行く場合子供はどうする?

共働きをされている家庭でも「子供を置いての夜の外出」はできませんよね。しかし、どうしても断り切れない飲み会の場だってあるはず!そんな時にシングルマザーの皆さんがどう対処しているかを今回はまとめてみました。

タグ: ,

 

会社の歓送迎会や忘年会に新年会、旧友からの飲み会のお誘い…。一年のうちに数回は、こんなお誘いを受ける場面に直面することかと思います。シングルマザーに限らず母親は夜の外出は難しいもの…。

 

共働きをされている家庭でも「子供を置いての夜の外出」はできませんよね。しかし、どうしても断り切れない飲み会の場だってあるはず!そんな時にシングルマザーの皆さんがどう対処しているかを今回はまとめてみました。ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

■飲み会に誘われたら?

 

  • まずは子供の預け先を探しましょう

自分が夜、飲み会に参加して家を空けるということは…親と同居をしているなどではない限り子供は1人でお留守番ということになってしまいますよね。

 

子供がある程度の年齢に達していれば、それも1つの選択肢として考えられるでしょう。

しかし子供が小さいうちは両親やシッターさんなど、まず子供を見ていてくれる人を確保してから飲み会に参加しましょう。

 

飲み会の参加の有無は上司などに理由を話せば返答をする時間をくれるはずです。また、もし面倒を見てくれる人が見つからず残念ながらお断りすることになってしまったとしても理由を話せば理解してもらえるはずです。まずは子供を優先に考えましょう。

 

  • 子連れOKの飲み会かを確認する

飲み会に子供を連れて行くか行かないかは、その飲み会の趣旨によって違うと思います。会社での飲み会のお誘いには、やはり子供は遠慮すべきだと私は思います。就業時間外とはいえ、やはり仕事の延長上での会ですので…。

 

しかし上司が「今回は子連れOKだよ!どんどん連れておいで~!」などと声をかけてくれた場合にはお言葉に甘えて子供を同伴しても良いでしょう。

 

また、ママ友との飲み会では基本スタンスが「子供連れ」となりますよね。子供がいる前提での友人関係なので気兼ねすることなく子供を連れていけるでしょう。

 

しかしあまりにも遅い時間までの飲み会は子供自身の生活リズムにも影響してしまいます。リズムが狂ってしまうと翌日の寝起きが悪かったり、寝かしつけがなかなか上手くいかない…なんて話もちらほらと聞きます。

 

普段、息抜きができないママはついつい飲みすぎてしまう可能性がありますが、節度ある時間でお開きするように心がけましょうね。

 

  • 飲み会に参加する場合は交通手段を考えましょう!

普段、車通勤をしている方は飲み会での交通手段に「車」という選択肢を追加してみるのはいかがでしょうか。

 

車での移動となると「お酒を飲めない」という欠点はあるものの、飲み会が終了した後は公共交通機関での待ち時間を気にすることもなく、効率よく早く家まで帰ることが可能となります。少しでも早く家に帰り子供との時間を多くしてあげたいものですね。

 

■みんなどれ位の頻度で飲み会に参加しているの?

 

飲み会の頻度ってものすごく重要なポイントですよね。親や兄妹などに預けられると心おきなく飲み会に参加することはできますが、その回数が多かったら…?

 

一緒に過ごす時間が減る分、子供は寂しい思いをしているかもしれません。

 

子供は成長しいつか自分の手元を離れていきます。それまでは親子で共有できる時間を大切にしていきたいものですよね。

 

適度な飲み会への参加は良いリフレッシュになるでしょう。しかし子供の不安を募らせないためにも過度な飲み会への参加は控えるようにしましょうね。

 

会社の飲み会などは、上司に理由を話せば参加できる頻度が少なくても理解が得られると思います。仮に飲み会への参加頻度が5回のうち1回だとしても周囲の理解があれば問題ないのではないでしょうか。

 

☆終わりに…

毎日、仕事をして家事をして子供の面倒をみて…体をはっているシングルマザー。たまにはお酒を飲んで若いころのようにワイワイしたいですよね。

 

子供の予定なども考えながら…とはなってしまいますが、そんな時は子連れ参加OKの飲み会などに参加して楽しみましょう! 一度リセットしてまた明日から頑張りましょうね。

 

 

(画像/123RF)

タグ: ,