ライフスタイル

離婚をしたとき、ペットはどうする?

皆さんが離婚をする際に気になることは? 子どもがいる方は養育費や慰謝料、離婚後の面会交流など最優先で話し合いをしますよね。

また二人で築き上げた共有財産など、二人で分けることのできるものは早め早めで話し合いをすることをおすすめします。ですが、共有財産でも半分にできない、分けることのできないものはどうしたらいいでしょう。

子どものように可愛がって育ててきたペットは離婚時には【物】として扱うことになってしまいます。そこで今回は、離婚時のペットについて知っておいた方がいいことをまとめてみます。

■驚くことに、離婚時にペットは【物】として扱われてしまいます

上記でも少しお話しましたが、離婚時にペットは物として扱われてしまいます。結婚してから二人で飼い始めたのなら他の家具や家電と同じように共有財産になります。

どちらか一方が引き取り生涯面倒を見ることになるのですが、ペットを育てるのもお金と労力が必要になってきますよね。今までは二人で行っていた世話を一人で行うのですから、当然負担はかかってきます。

ですが、ペットを引き取らなかった方に、この金銭を負担する責任は一切無く、ペットを引き取った側もそれに対する養育費(飼育費)といったものを請求する権利も存在しません。

ですが、今まで二人で育ててきた可愛いペットですので離婚時に公正証書や調停証書などで約束を交わすことは可能です。例えば、ワクチン接種や病院代は誰が負担する、月に何回はお散歩も兼ねて交流をするなど、二人で話し合いを行い納得のいく結論をだすのが最適です。

■夫か妻のどちらかが結婚前から飼育していたのであれば、共有財産対象外になります

上記でお話したのは二人が結婚してから飼育し始めた場合でしたが、もし結婚前に妻もしくは夫が飼育していたのならそれは共有財産の対象にはなりません。離婚後も結婚前と同様、元の飼い主と生活を続けるのです。

もし、この場合に相手側が引き取りたいといってきても、圧倒的に元の飼い主に引き取られる可能性が高いですので、そこまで心配する必要はないと思います。ですが、それでもどうしても心配…という方はきちんと弁護士さんや公的文書で内容を明確にしておくと安心ですよね。

そして、住居環境が変わってしまったペットに対する配慮も忘れず行うことでスムーズに新しい転居先に馴染むことができます。

■スムーズに話し合いを進めるには? 離婚後のペット可住居への転居も大切なポイントになってきます

これは、ペットの話し合いで揉めている場合だけでなく、全ての離婚のケースでいえることなのですが、離婚時の話し合いをいかにスムーズにかつ揉めずに終わらせることができるのかが大切になってきます。

今回はペットの場合でお話させていただきますが、もし話し合いでペットを引き取る権利を得たとします。ですが、離婚後の住居がペット不可物件だと物理的にペットを引き取るのが困難になってしまいますよね。

また、離婚後に仕事を始めて泊りの出張など長期で家を空ける可能性がある場合も、お世話が難しくなってきてしまいます。そして、ペットを飼育するにあたり餌代やワクチン接種代、おもちゃなど毎日のお散歩にお風呂と金銭も時間も労力も必要とします。

これら全てを行うことのできる経済的余裕があるのか、ないのかでも判断はだいぶ変わってくるといえるでしょう。

以上を踏まえて話し合うべき大切な点や、経済的理由なども考慮しなければならないと分かったうえでもう一度考えてみてはいかがでしょうか?

もし、当人同士での話し合いが難しい場合は離婚時のペット問題に詳しい弁護士さんにお願いするのも一つの点だといえます。皆さんにとってもペットにとっても最適な結論が出せるといいですよね。

(文/音葉 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!