ライフスタイル

姑が原因で離婚。慰謝料請求はできる?

シンママStyle編集部

 

近年、核家族化が進み、姑と同居するお嫁さんは少ないように思いますが、同居の方や、そうでない方でも嫁姑問題はやはり尽きない問題です。

 

そもそも嫁と姑は他人ですので気が合わないのは当たり前。とは言っても家族である以上、仲良くできたら一番です。ですが残念ながら姑との相性が合わず離婚という選択をする方もいます。姑からの嫌味や子育ての価値観の違いなど、ストレスがたまることも多いと思います。仕方ないと放っておくと、悪化するとうつ病などを患う可能性もあります。

 

そこで

 

■嫁姑問題

 

嫁姑という関係でストレスが発生する場面は人によ今回は、嫁姑問題について考えたいと思います。ってさまざまですが、主に以下のような状況が考えられます。

 

・過干渉、放任

必要以上に干渉してきたり、逆に手を貸して欲しいときでさえ手伝ってくれないなど、適度な距離が取れない場合、ストレスになります。

 

・食の好みが合わない

同居の場合、食事に関するストレスは多いに考えられます。味付けの好みの違いだけでなく、食材費はどちらが負担するのかなど、金銭問題にも関係します。

 

・教育方針の違い

人によって教育方針は異なりますが、時代によっても教育方針はめまぐるしく変わります。個性を伸ばす教育方針で育ってきたゆとり世代の人と、競争の中で生きてきた団塊の世代の人では、そもそも時代の教育方針が違うので、子育てに対する価値観の違いが出やすいと言えます。その価値観の違いからズレが生じ、ストレスになることもあるでしょう。

 

・子離れできていない

俗にいうマザコン夫とそれを受け入れる母親の間では、お嫁さんは疎外感を感じますし、逆に、お姑さんも、特に新婚の頃は、夫婦があまりにも仲が良いと、息子を取られたという感情になり、疎外感を覚えることもあります。

 

 

■姑の言動が原因で離婚。慰謝料請求はできる?

 

こうした姑からのいじめや価値観の違いによるストレスに耐え切れず、夫に相談しても聞いてくれないなどといった場合、そのことが原因で離婚に至ることもあります。そんな姑の言動が引き金となって離婚に至った場合、慰謝料は請求できるのでしょうか?

 

結論から言うと、慰謝料を請求することはできます。ただ、請求が通る、支払いに応じてくれるかどうかはわかりません。

 

一般的に慰謝料請求が成立するには「不法行為であること」が客観的に証明できる必要があります。

 

〇不法行為とみなされる条件

・過失責任主義

故意的な行為または責任の過失による行為であること

・権利侵害、違法性

権利、または法的保護に値する利益を違法に侵害している行為であること

・相当因果関係

その行為によって予見可能な損害が生じていること

・責任能力

加害者に責任能力があること

 

〇嫁姑問題で慰謝料を請求する場合の具体例

嫁姑問題によって慰謝料を請求できる一般的な例は以下の通りです。

 

・名誉棄損

お嫁さんの個人的な情報を近所や会社に言いふらすなどし、お嫁さんの社会的な地位を低下させるような行為は、名誉棄損になり、不法行為であり、犯罪行為です。

 

・モラハラによる慰謝料請求

お嫁さんに対し、暴言を吐く、嫌がらせをする、無視するなど、モラハラによる精神的苦痛により病を患たり、夫婦関係が破綻に追いやられた場合などは、お嫁さんの人権や夫婦生活を送る上での権利を侵害したこととみなされ、不法行為になります。

 

〇客観的な証明を残す

慰謝料とは精神的苦痛に対する損害賠償です。なかなか客観的証拠を残すのが難しいものですが、請求が成立するためには被害を受けた証拠を残しておくことが重要です。

・日記に書き残す

・録音する

・診断書をとっておく

などの方法が有効です。

 

 

☆まとめ☆

 

離婚裁判はあくまでも夫婦間の問題なので、姑に対する慰謝料請求は離婚の裁判とは別に行う必要があります。嫁姑問題は仕方のないことと諦めずに、不法行為での精神的苦痛を受けた際は、慰謝料が請求できると言うことを忘れないでください。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!